【捨てていいものが分からない】ミニマリスト女子が実際に捨てたもの公開!

・ミニマリストをまねしたい
・何から捨てればいいかわからない
・断捨離したものを知りたい

ミニマルな生活を目指したいけど、なかなかものが減らない。

私も断捨離を始める前は、『もったいなくて』捨てられない体質でした。

現在は最低限の必要なもので生活しています。

この記事では20代ミニマリストのわたしが、

これからミニマリストを目指したい
ものを減らして小さく生活していきたい

という方に向けて、書いていきます。

「片づけられない!」を解消したい方向けの記事▾

 

捨てるは“悪”か

捨てるときに必ず直面する問題、「もったいない」

わたしもこのもったいない精神が強すぎて、空き箱や紙袋など、あらゆるモノをため込んでいました。

そんなわたしが捨てられるようにのは、引っ越しがきっかけです。

今までに5回以上引っ越しをしてきて、もっと身軽になりたい!と思い始めました。

関連:引っ越して2週間【全然ミニマリストじゃなかった話】

また、そのときに読んでいたのが、片づけのプロことこんまりさんの書籍で、

「ときめかないモノは手放す」という言葉が衝撃的でした。

何年も使わないで“しまってある”だけじゃ、モノも泣くし、

ときめかないモノで囲まれているほうが「もったいない」

そう感じるようになりました。

あればいいものは無くていいもの

わたしはミニマル生活を始めるために多くのものを捨ててきました。

しかし不便を感じたことはありません。

ただでさえモノが多い女子でも、最低限のものだけで生活は可能を実現できました。

「あればいいものは、無くていいもの」

この言葉を聞いてから、自分にとって必要なものそうでないものの区別がつきました。

これ絶対いるやん!と思っていた固定観念を払拭でき、新たな気づきが生まれてすっきりします。

便利を手放しても不便はない?

ミニマリストに誤解がちなのが、「断捨離おばけのことでしょ?」ということ。

何でもかんでも捨てればいいって訳ではありません。

ミニマリストは、大切なものにフォーカスしている人のこと。

自分基準で取捨選択することが大事!ですね。

たとえばわたしは7年間所有していた車を断捨離しました。

でも、「車を断捨離して通勤がえらい大変になったべ!」では意味がありません。

わたしが車を断捨離したのは、徒歩やチャリで生活できる場所に引っ越ししたから。

結婚して旦那くんの車1台で十分だから。

便利を手放しすぎて、かえって不便になっては本末転倒ですね。

関連:車なし生活を始めて2か月経ちました。【快適に過ごせています】

捨てる前のポイント


捨てるべきか、残こしておくか。

判断基準は3つあります。

捨てる前のポイント

長年使っていないものはないか。
同じようなものはないか。
代用できるものはないか。

 

長年使っていないものはないか

長年使っていないものは捨てていきます。
目安は3ヵ月~1年。

洋服の場合は見つけやすくて、昨シーズンに着なかったものが対象です。

昨年着なかった服は今年着たとしても、来年以降に着る可能性は低い。
使用頻度の低いものを優先に捨てていきましょう。

同じようなものはないか

同じようなものは、ひとつあれば良いと思います。
同じようなマグカップ、同じような筆記用具、同じようなクッション。

ミニマリストは、類似品をあれもこれも持たない人が多いです。
似たようなものはないか見渡してみましょう。

代用できるものはないか

3つめは代用できるものはないか、です。
これが捨てる判断基準として一番難しいと思います。

たとえば、
・炊飯器を断捨離して、圧力鍋にする
・小皿を断捨離して、ランチプレートに変える
・漫画本を断捨離して、漫画アプリにする
・CDを断捨離して、音楽アプリを入れる

などがあります。

このように、デジタル媒体に代えることで物理的にものが減るのでおすすめです。

私が捨ててきたもの

わたしが断捨離をはじめてから捨ててきたモノを公開します。

ファッション関連

洋服

手をつけやすいのが洋服です。

片づけのプロことこんまりさんも「まずは洋服から」手放すことを推奨しています。

売れそうなものはメルカリで販売し、ほころんできているもの「ありがとう」と言って捨てました。

現在はフランス人までとは言えませんが、ワンシーズンで10着前後になるよう留めています。

夏の場合、

・シャツ、ブラウス2枚
・パンツ、ジーンズ2枚
・ワンピース1枚
・スカート1枚
・カットソー3~4枚

あとはインナー兼ブラトップを3着ほどです。

パジャマ

パジャマは多くのミニマリストの断捨離リストに入っています。

最初は部屋着やパジャマを捨てることに抵抗がありました。

着心地がいいもので寝たいし、部屋着はかわいいものを着ていたい!から。

そんなわたしがパジャマを手放した理由は3つです。

・「寝るためだけの服って必要?」と疑問に思った
・パジャマを着た後だと外出しにくい
・フランス人は何も着ないでベットに入る

それに加え、旦那くんもパジャマらしきものは持っておらずインナーを着ていたので、パジャマを断捨離しました。

現在は、手持ちのエアリズムやヒートテックをパジャマとして代用しています。

これでそのまま外出できますし、何枚同じものを持っていてもかさばらなくて便利です。

夏▸エアリズム、ブラトップ
冬▸ヒートテック、レギンスパンツ
また、布団軽くて暖かい羽毛布団にすれば薄着でもOK。
厚着しなくて済みますし、ごわごわしないで寝ることができます。

アクセサリー
ブレスレットやピアス(イヤリング)、リングやネックレスもほどんど捨てました。
オシャレに無頓着になるかなと思いつつも思い切って断捨離。
数を減らしたことで、結果的にお気に入りを毎日使えるようになりました
今持っているものは、
・イヤリング3種類
・ブレスレットひとつ
です。
カバン
カバンもたくさん断捨離しました。
ハンドバック3つと、手さげバックを2つ、トートバックは2つ断捨離。
今持っているものは、
・ショルダーバック1つ
・トートバック1つ
・旅行用バック1つ(リュック代用)
です。
カバンを断捨離したことで、スマホだけで出かけることが多くなりました。
そのうちカバンもひとつになるんじゃないかと思います。
女性の多くは、用途によってカバンを使い分けていますね。
しかし、使用頻度を考えてみることをおすすめします。
使っているカバンを厳選していくと選別ができてきます。
キャラクターグッズ

ぬいぐるみや小物グッズ、タオルなどのキャラものは全て手放しました。

でも、ぬいぐるみって捨てるのに抵抗がありますよね。

こちらはこんまりさんの動画が参考になります。

大きい財布

私は長財布を捨てて、2つ折りのミニ財布にしました。

買い替えたのがイルビゾンテの財布です。

メンズ・レディース使えるのでプレゼントにも人気なブランドです。


ミニマリストを目指すのであれば、ミニ財布を使うと良いです。

レシートをそのまま入れっぱなしにすることが無くなるし、必要最低限のカードを収納できます。

また、キャッシュレスにすればお金の出し入れも減るので、節約にもつながります。

美容

乳液、クリーム

保湿で使う乳液やクリームを断捨離。
現在は化粧水や美容液などをひとつにまとめたオールインワンを愛用しています。

いろんなのを試してみましたが、アクアレーベルのスペシャルジェルがプチプラでおすすめです。

スペシャルケアで保湿したい、と思うときはパックを買ったり、サンプル品を使ったりします。

ボディクリーム
ボディクリームも断捨離しました。
乾燥が気になるときは、オールインワンを使って代用しています。
ワックス、ヘアスプレー
ワックス、ヘアスプレーなどのヘア用品もほぼ断捨離しました。
髪の毛のお手入れは、シャンプーとトリートメントのみです。
ヘアカラーも最近していないので髪が痛むことはほとんどないです。
ネイル

ネイルカラーは10種類ほど持っていましたが、2つに絞りました。

ネイルに関しては、色んなカラーを楽しみたいと思い、なかなか捨てられずにいました。

お金はかかりますが、サロンに行けばいつでもできます。
そう思ってネイルも断捨離しました。

小物家電

目覚まし時計
目覚まし時計、デジタル時計は断捨離しました。
これはスマホがあれば十分です。
起きるのが心配なときはスマホのアラームを時間差で3回ほど設定しています。
有線イヤホン

《断捨離:有線イヤホン、小物ケース、iPhoneケース》
有線イヤホンも断捨離しました。
イヤホンを持つなら、Apple AirPods Proなどのワイヤレスイヤホンに代えましょう。
私はワイヤレスイヤホンを買ってから手離せなくなりました。
線が絡まることがないし、スマホやタブレットなどから離れていても音楽が聴けるし、高音質で楽しめます。

みんな大好きApple AirPods Proは、ノイズキャンセリングに長けているので、音楽に集中したいときにおすすめです。

ウォークマン
スマホをよく使うようになったので断捨離しました。
スマホの音楽アプリは色々ありますし、私はYouTubeMUSICで音楽を聴いています。
音楽を聴くためだけしか機能がないウォークマンは必要なかったです。

ゲーム、DVD、CD

ゲーム関係、CD・DVDは全て断捨離しました。

大切にしていたCDもありましたが、しまってあるだけの方がもったいないと思い、メルカリに出品。

欲しいと思っている人に譲って、使ってもらえると嬉しいものです。

まとめ:代用できるものを考えると簡単

この記事のまとめです。

捨てる前のポイント
●ときめかないモノで囲まれているほうが「もったいない」
●捨てる前のポイントは、
長年使っていない、同じようなものはないか、代用できるものはないか
●ミニマリストが捨てたもの(いらないもの)
昨年着なかった服
・パジャマ
・目覚まし
・有線イヤホン
●ミニマリストおすすめ品は
・ミニ財布
>>IL BISONTE 二つ折り財布
・オールインワン
>>アクアレーベル スペシャルジュレ A 160mL
・ワイヤレスイヤホン
>>Apple AirPods Pro

毎日捨てるものを考えると、断捨離がはかどります。
私は「今日は何を捨てられるかな」と常に考えています。

そう考えながら身の回りのものを見渡してみてば、きっと何か不要なものがあるはずです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事