ミニマリストの掃除【洗剤を減らしたい人向け】お風呂洗剤はいらない理由

年末年始が近づいてお掃除シーズンが近づいてきました。

忙しい年末のためにもシンプルで時短になる掃除をしていきたいですよね。

 

ミニマリストやじー

ミニマリストになると片づけるモノが少なくなります。でも掃除は、変わらず発生する家事です。

 

そこで今回はミニマリストの掃除の中でも「洗剤」についてまとめました。

我が家はお風呂用の洗剤を使っていません。じつは食器洗剤で代用することができます。

この記事では

・洗剤を減らすコツ
・お風呂用の洗剤がいらない理由
・洗剤別の汚れの落とし方

を書きます。

洗剤を減らしたい、掃除洗剤を代用する方法を知りたい、という方におすすめの内容なので最後まで読んでみてください。

掃除のプロは必要最低限の洗剤を使う

ドラックストアの掃除コーナーには何種類もの洗剤が陳列されてあります。

どうしてこんなに洗剤が増えてしまったかというと、あれもこれも洗剤を買わせるという花王やライオンのマーケティングだからです。

家で使う洗剤は成分を見れば分かりますが、ほとんど同じ成分が表記されています。

中身がほとんど同じものを名前を変えて「トイレ用」「お風呂用」「食器用」として売っています。

掃除はシンプルでOK

実際に掃除のプロは5,6種類ほどの洗剤しか使わないそうで、掃除が苦手な人ほど家じゅうが洗剤だらけになってしまうんですね。

たくさんあると在庫管理の手間もあるし、掃除の時間もかかってしまいます。

掃除をシンプルにするためにも、使う洗剤を絞ることが大切です。

ミニマリストの掃除

わたしはミニマリストになってから掃除用具や洗剤も見直してみました。

我が家は時短のためにロボット掃除機を使って、それ以外はカンタンなふき掃除をしています。

掃除用具は、玄関用ほうき・ちりとりセット、コロコロ、雑巾(不要になったタオルなど)くらいです。

洗剤を減らすコツ

掃除道具も、洗剤も、減らすコツは「代用できるか」です。

掃除の洗剤は、ウタマロクリーナー・ハイター・オキシクリーン・食器用洗剤と、必要最低限にしています。

左からオキシクリーン、ハイター、ウタマロクリーナー、食器洗剤、除菌ティッシュ

 

上記に加えて、トイレブラシ、洗濯洗剤、激落ちくんスポンジもあります。

容器のラベルは剥がしたり、無地のものに入れ替えたりしてシンプルにしています。区別がつくように上のノズルだけ色や形が違いますね。

ラベル剥がしは情報量が少なくなるのでおすすめです。

汚れの落とし方

「洗剤」の種類を減らす前に、さらっと汚れの落とし方をおさらいします。

汚れは、反対の性質の洗剤で中和させると落とすことができます。

たとえば、油や皮脂などの酸性の汚れは、重曹などのアルカリ性の洗剤を使うのが効果的です。

 

【保存用】汚れを落とす洗剤の種類

酸性の汚れ
油・皮脂・衣類の汚れなど
➡アルカリ性の洗剤【重曹/セスキ/オキシクリーンなど】
中性の汚れ
付着したばかりの汚れ、プラスチック・ゴムなどの素材の汚れ
➡中性の洗剤【ウタマロクリーナー/食器洗剤】
アルカリ性の汚れ
水あか・カルキ・石鹸かすなど
➡酸性の洗剤【クエン酸・サンポール・ワイドハイターなど】

 

こうしてみると、洗剤は多くの種類がいりません。

掃除をシンプルにするためにも洗剤の数を見直してみるとよいですね。

お風呂洗剤はいらない理由

お風呂の洗剤は台所の食器洗剤で代用できます。

そのため在庫の補充が無くなったタイミングで買わなくなりました。

食器洗剤について調べてみると、じつは家じゅうのお掃除に使うことができます。

万能アイテムは食器洗剤

一般的な食器洗剤は中性~弱酸性です。

また、食器洗剤に含まれる界面活性剤のおかげで、油汚れだけではなくお風呂やトイレの皮脂汚れも落としてくれます。

界面活性剤は、汚れを浮かして、細かくして、流しやすくする性質がある

 

そのため、家じゅうの掃除に使うことができます。

たとえば「お風呂洗剤」「トイレ用洗剤」「床用洗剤」「ガラス用洗剤」はすべて食器洗剤で代用可能です。

使い方は、1滴2滴で使ったり、薄めて使ったりするそうなので、大きい詰め替えをひとつ買っておけばコストも安く済みます。

お風呂用の洗剤のほうが安いので買っていましたが、代用できることを知ってからは食器洗剤で浴槽を掃除するようになりました。

家事をもっと効率化させる方法を知るには、イラストで分かりやすい暮らしが変わる時短家事がおすすめです。

スポンサーリンク

少ない掃除アイテムでも家をピカピカにしよう

ミニマリストに限らず、掃除はシンプルな道具や洗剤で十分できます。

モノを増やすことよりも、汚れを落とすことに重点をおいて年末年始の掃除をはじめてみることをおすすめします。

今年は少ないアイテムで家じゅうをピカピカにしていきましょう。

モノの減らし方、断捨離方法については【ミニマリストになりたい】半年で5割モノを減らせた、カンタン片付け術 を参考にしてみてください。

 

***おすすめ書籍***

クリンネスのプロによる掃除本。Amazonの本読み放題なら無料で読めます↓

 


家事をもっと効率化したい人におすすめ。イラストで分かりやすく時短家事の方法が載っています↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローする