引っ越して2週間【全然ミニマリストじゃなかった話】

引っ越ししてから2週間経ちました。

モノを減らして、極力増やさないようにしてきたので、引っ越しなんて楽チンでしょ!と思っていた3週間前。

しかし、いざ引っ越しとなると自分のモノの多さに気付き、全然ミニマリストじゃなかった、という話です。

ミニマリストでも引っ越しは大変


ミニマリストに憧れて、こつこつ断捨離をしていたので、全体の私物は以前買ったスツールにほぼ収まりました。
ちなみに旦那さんの荷物も同じくらいです。

しかし前回の引っ越しと違い、今回はドラム式などの家電も買い足したので、これも運ばねばならんということに。

これがすごく厄介。。

家電はどうしてもミニマルにならないので、一気に引っ越しの難易度が上がってしまいます。

家電の数

夫婦二人分の家電としては、
・冷蔵庫
・電子レンジ
・ドラム式洗濯乾燥機
・ファンヒーター
の4つです。
最低限の家電ですが、ひとつひとつが自分たちの荷物のよりも大きめ。

特にドラム式洗濯機!
重さ約70Km、幅・奥行70cmのどでかい固まりをどうすんじゃ、、、

家具はほぼないものの、家電やらを含めると全然ミニマリストじゃないじゃん!と気づきました。

ミニマリストは引っ越し業者使う?

ドラム式を買った時点で、引っ越し業者をつかわないとだなーと考えていました。

しかし旦那さんが転勤族なので引っ越しが10日前に決まります。
すぐに見積もりや連絡をすれば良かったのですが、ずぼらな夫婦は直近まで何もせずにいました。

そして案の定、引っ越し日に運搬の予約が取れず、自力で運ぶことになったのです。

引っ越しの往復回数

ドラム式なんてどうやって運ぶんだ、、と想像できませんでしたが、有難いことに身内が運んでくれることになりました。
それも含め、全部で車で往復した回数は4回です。

身内のバンに家電、日用品など
コンパクトカーにスツール、ふとんなど

移動距離は片道100キロ近くあったので、かなりしんどかったです。
ドラム式を買った以上、絶対に業者は必要だなと痛感しました。
時間単価や手間を考えても引っ越し業者にお願いするのが効率的です。

モノは少ないに越したことはない

今回の引っ越しで学んだことは、

・全然ミニマリストじゃなかった
・家電は必ず業者頼み

ということです。

「モノが少ないんだから引っ越しなんてラクだろう」
と安易に考えていた自分が愚かに感じた引っ越しでした。
一方、自分の総荷物が目でわかるので、さらにミニマリストになろう!とやる気が出ます。

そして家電、とくにドラム式を持っている場合は自力で運ぶのはかなり大変です。
引っ越し先に運ぶ際は引っ越し業者を使うことを強くおすすめします。

今回は、いらなかったものも分かったし、まだまだモノを減らせる!と感じた引っ越しとなりました。

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事