【これで十分】ミニマリスト美容事情【お金をかけないシンプルな方法】

やじーです。

お金をかけずにキレイになりたい
美容費の節約方法を知りたい
シンプルな美容を始めたい

女性にとって美容代はつい出費がかさんでしまうもの。
それをできるだけシンプルなものにシフトしながら「キレイ」になれば嬉しいですよね。

今回はアラサーであるわたしの美容事情を紹介します。

ミニマリストの美容事情

基本ですが、健康維持のためには
【食事・運動・睡眠】が最も大切です。

わたしは読書が大好きなので、健康に関する本もたくさん読み漁りました。
どの本にも書かれていたことですが、やはり【食事・運動・睡眠】は健康維持の基礎となっています。

自分に合った方法を試しては継続、の繰り返しです。

食事


わたしが健康でいるためのアイテムとして取り入れているものです。

玄米

玄米は食物繊維が多く含まれている食材のひとつ。

わたしは白米から玄米に変えて便秘がほぼなくなりました。
玄米は宿便の救世主として重宝しています。

ただ、わたしの場合、効果がありすぎてお腹をこわしてしまいます。
茶碗一杯の量を減らしたり、白米と混ぜたり、精米機で5~7ぶつきにするのがおすすめです。

水分補給はかなり大切。
冬でも一日2リットル飲むことが目安だそうです。
モデルさんや女優さんは、デトックス効果のある『レモン水』を愛用していますね。
わたしも何週間か試してみましたが、効果が感じにくかったのと、毎日続けて飲めなかったです。
今は、スッキリ茶やノンカフェインのルイボス茶などを愛用しています。
ナッツ


ナッツはいつも常備しています。
楽天市場で安いものを1kgで買うと安くてお得です。

お菓子やつまみに食べるとちょうどいいです。
ビタミンEが多く含まれているので、アンチエイジングに効果があるそうです。

ビタミン、タンパク質など
その他、納豆やヨーグルトなども意識して食べています。
なかでも
「納豆×キムチ」
「バナナ×ヨーグルト」
がおすすめです。
また、プロテインも時々。
美肌に必要なタンパク質が多く含まれています。

わたしは【Myprotein】やホワイプロテインを飲んでいます。

飲みやすくて美味しいのでおすすめです。


スキンケア


年を取るたびにお金をかけたいスキンケア。

高級化粧品は相応の価値があるものの、やっぱり“高価”ですよね。

そう思って、シンプルなスキンケア方法に転換。
人気美容家の石井美保さんの一週間であなたの肌は変わります 大人の美肌学習帳書籍を参考にスキンケアを見直しました。

一週間であなたの肌は変わります  大人の美肌学習帳

そしてわたしが現在愛用しているのは極潤 化粧水
アウトレットで安く購入できたので使っていましたが、これはコスパがいい。

大容量なので3か月以上はもちます。
薬局などに売っているものはボトルタイプです。
プッシュして顔に塗ったくるだけなので超ラク!
従来の化粧水の、「フタを開けてしめる」の過程もなく、衛生的です。

ヘアケア


わたしは以前までほとんど美容室を利用していませんでした。
年に数回程度だったと思います。

現在では美容意識が高まって、2ヵ月に一度は行っています。

主に楽天ビューティを使って、ポイントでタダです。
ホットペッパービューティーもたまにクーポンや割引が出たときに利用しています。

エステ、脱毛など


エステや脱毛、マッサージなども楽天ビューティを利用しています。

これも貯まったポイントで支払えるのでタダです。

また、マッサージや脱毛のおすすめはEPARKリラク&エステがおすすめです。
初回はもちろん、定期的に1000~3000円のクーポンが発行されるので超お得。

わたしはほぼタダで全身脱毛を3回体験できました。

あとは型落ちモデルの家庭用脱毛器で、お家脱毛です。

運動


運動はタダでできる健康習慣です。

わたしはウォーキングが大好きなので、愛用シューズで外に出かけます。

雨天の場合は、自宅でヨガや筋トレの動画を見ています。
少しずつ身体の調子が整ってくると毎日楽しく続けられます。
ジムに行く必要はなく、自宅で完結できるいい時代になったものですね。

以前はスポーツジムに通っていましたが、毎月の会員費がかかります。
運動の習慣として通うにはもってこいですが、自分の予算と相談することをおすすめします。

ミニマリストの美容事情

基本的な【食事・運動・睡眠】に気を遣いつつ、自分に一番合う美容が最も効果的です。

女性は美容代にお金をかけがちなので、今一度見直してみることをおすすめします。
月々の美容代が高すぎないか、このサブスクは本当に必要か、または代替えはないのか。

楽しく美容代を抑えられるきっかけとなれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事