楽天ポイント100万ポイントゲッターの効率的な貯め方【裏ワザあり】

ざくざく貯まることで有名な楽天ポイント。

わたしは楽天ポイントを貯めはじめて、気づけば100万以上ポイント獲得することができました。

このポイントのおかげで、スマホ代や電気代が実質0円になっています。

「楽天ポイントを賢く貯めたい」

「効率良く貯めていきたい」

そんな方に、実際に200万ポイント以上貯めたわたしが、楽天ポイントの効率的な貯め方についてまとめます。

関連:毎月お買い物マラソンに参加するわたしが選ぶ、買ってよかった1000円商品【楽天】

楽天ポイントに集中させて貯める

楽天ポイントを貯めはじめて、累計で200万ポイント以上獲得することができました。

楽天ポイントを効率良く貯めるには、一点集中させて貯めることが重要です。
ひとつのポイントに絞って貯めていれば、ポイントが分散することがありません。

他のポイントも貯めていると一時的にはお得かもしれません。
しかしそれぞれのポイント残高や有効期限など、とにかく管理する手間が発生してしまいます。この管理コストを考えるとポイント以上に損をしていています。

楽天ポイントは100円で1ポイント付与されます。また、ポイント払いをしたときでも1%のポイントが付きます。

還元率が高く、全額ポイント払い時のポイント付与、も考えると、Tポイントやdポイントよりも使いやすいですね。

楽天サービスを活用

楽天ポイントが貯まる使えるお店を選んで利用すると、楽天ポイントを効率よく貯めることができます。

またネットショッピングの楽天市場や、スマホ、電子マネー、銀行、証券、旅行、保険、電気、ひかり回線など、あらゆる楽天サービスでポイントを貯めることができます。

わたしはネットで買い物をするときには楽天市場を利用したり、スマホは楽天モバイルに乗り換えたりなど、ほとんどのサービスを楽天に乗り換えています。

 

これらのサービスを利用すれば、楽天ポイントはさらに貯めやすくなります。

楽天市場はキャンペーンを狙う

楽天市場ではキャンペーン日を狙うと高還元でポイントを貯めることができます。

毎月開催されるお買い物マラソン、年4回のスーパーセールは、ショップを買いまわることでポイントアップするセールです。

買い回りセールに参加すると、通常1%の楽天ポイントが、最大10倍ポイントアップされます。

>楽天お買い物マラソンガイド

買い回りセール中は、各ショップも独自ポイントを追加したり、クーポンを発行したりするので、通常よりかなりお得な価格で購入することができます。

他にも

・0と5のつく日はポイント5倍

・楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、バルサのチームが勝利で2倍

などポイントキャンペーンも不定期に開催されます。

買い回りのセールと重なるときに活用すればポイントが2重取りできます。

気になる商品はお気に入りにいれてチェックしておくとよいでしょう。

まとめ買いする

楽天市場は日用品や食品のまとめ買いがお得です。

最大50%のポイントバックされるスーパーDEAL商品は、楽天会員限定で実質半額で購入することができます。

送料を含めても実店舗で買うより安くなるので、家計の節約になります。

また、有名ブランドや高額家電もスーパーDEAL対象になっています。

過去にはNIKEのシューズ、SNIDELのワンピース、GoPro、空気清浄機、美顔器などが高還元でポイントバックされていました。

わたしはセールを利用して、なかなか購入できずにいた脱毛器をお得に購入することができました。

関連≫2021年| 脱毛器が半額で買える?【脱毛器を超お得に買う方法 】

 

買い物は楽天カードを使う

楽天市場の買い物を楽天カードで決済するだけで、いつでも3%ポイント還元されます。

 

楽天市場のアプリから経由するとさらに+0.5%となり、合わせて5と0のつく日などのキャンペーンを組み合わせれば、+5%で合計で3.5%還元されます。

SPUを活用

楽天市場ではSPUというポイントアップ特典があります。

すべての条件をクリアすると楽天市場でのお買い物がだれでも毎日15%も還元されます。

たとえば、楽天ブックスや電子書籍の楽天Koboを利用すると、誰でも毎日ポイント2倍~15倍になります。

サービス 倍率 達成条件
楽天カード +2倍 楽天カードで買い物
楽天プレミアムカード +2倍 楽天プレミアムカードで買い物
楽天銀行+楽天カード +1倍 楽天銀行の口座から楽天カードで引き落とし
楽天の保険+楽天カード +1倍 楽天の保険の保険料を楽天カードで支払い
楽天市場アプリ +0.5倍 楽天市場アプリで買い物
楽天証券 +1倍 月1回500円以上のポイント投資
楽天Pasha +0.5倍 対象商品のレシート購入で計100ポイント
楽天モバイル +1倍 通話SIM利用(アンリミットも対象)
楽天モバイルキャリア決済 +0.5倍 計2000円以上利用(androidのみ)
楽天ブックス +0.5倍 月1回1000円以上の注文
楽天Kobo +0.5倍 月1回1000円以上の注文
楽天ひかり +1倍 楽天ひかり契約
楽天トラベル +1倍 楽天トラベルで5000円以上利用
楽天ビューティ +1倍 楽天ビューティで月1回3000円以上利用
Rakuten Fashion +0.5倍 月1回以上の楽天Fashionアプリから買い物

達成できそうなSPUをあげておくと、楽天市場でさらにお得に買うことができます。

ふるさと納税を活用

楽天サービスのひとつである「楽天ふるさと納税」を活用すると、1%の楽天ポイントが付与されます。

楽天ふるさと納税は、楽天の買い回りセール時にも対象なので、セール日を狙って購入するとさらにお得です。

お米やお酒をふるさと納税で購入すれば、食費を抑えられて、なおかつ楽天ポイントも貯めることができます。

家族でふるさと納税を活用すれば、ストレスなしで食費を抑えることができます。

わたしは毎年お米を選んでいて、去年は腸活のために玄米を選びました。

お米は保存もきくし、地方のブランド米を選んで楽しめることができるのでおすすめです。

すべての支出を楽天サービスの決済を利用

わたしは普段の買い物や、光熱費の支払いなど、すべての支払いを楽天サービスの決済を利用しています。

こうすることでポイントが分散されず、効率よく貯めることができます。

クレジットカード

クレジットカード払いはすべて楽天カードに集約しています。

楽天カードが毎月開催されているキャンペーンに「楽天市場で2万円以上利用で街のポイントが2倍」というものがあります。

このキャンペーンにエントリーすると、還元率が実質2%になります。

楽天デビットカード

デビットカードは、銀行口座に紐づけ、即座に引き落としがされるカードです。

使ったそのときに残高が反映されるので、節約が苦手な人でも家計管理しやすくなっています。

食費と光熱費など、家計を分けて把握したいときに使うと便利です。

また、クレジットカードを持つことに抵抗がある人や、学生でもすぐに発行できるカードです。

楽天デビットカードも楽天カードと同じく100円の利用で1ポイント付与されます。

楽天ペイ

楽天ペイはQRコードを読み込んで支払いができるスマホ決済です。

スマホひとつで楽天ポイントを貯めたり、ポイントで支払いをすることができます。

わたしは財布を持たないときや、近くのコンビニを利用するときは楽天ペイで支払いをしています。

楽天Edy

楽天Edyはチャージして使える電子マネーです。

お店で利用時は200円で1ポイントの還元率が0.5%です。

楽天カードで楽天Edyにチャージすると、200円で1ポイントなので、利用0.5%+チャージ0.5%で計1%の楽天ポイントが貯まります。

クレジットカードやスマホ決済が利用できないお店で、楽天Edyには対応している場合があります。

わたしはおサイフケータイ付きスマホを持っているときにEdyで支払いをしていました。

\楽天Edy付き!大量のポイントGET/

 

クリックでもらえる

楽天ポイントはクリックするだけでもらうサービスも用意されています。

小さなポイントですが、簡単にポイントが貯まるので、コツコツ楽しくなります。

楽天e-NAVIからポイントゲットのページに飛びます。

バナーが一覧で表示されるので、クリックするだけで簡単に楽天ポイントを貯めることができます。

 

 

定期的にバナーが更新されるのでブックマークしておくとよいです。

裏ワザ

楽天ポイントを貯める方法のひとつとして、楽天ROOMを活用する方法があります。

楽天ROOMでは、楽天市場の商品を紹介し、その商品を他のユーザーが購入すると紹介料として報酬を受け取れるサービスです。

もらえるポイントは、商品の2~4%の通常ポイント、ランクが上がると上乗せで商品の1~3%の楽天キャッシュが獲得できます。

 

 

ROOMのランクをB以上にするとランクボーナスが発生します。
ランクを上げるためには、他のユーザーをフォローしたり、紹介商品を“いいね”したり、オリジナル写真を投稿をしておくとよいです。

 

工夫次第でざくざく貯まるポイント

楽天ポイントは幅広いサービスで貯めることができます。そのおかげで使い道にも困らないので、ポイントだけで生活費をまかなうことも可能です。

工夫次第で賢くポイントを貯めることができるので、参考にしてみてください。

 

\入会するだけで大量のポイントGET/

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事