【楽天ひかりレビュー】1年以上使って分かったメリット・デメリット

楽天ひかりの1年無料のキャンペーンを使ってから1年以上経ちました。

固定回線となるとスマホの契約より複雑だったり、契約縛りがあったり、なかなか手続きに踏ん切りがつかないですよね。

それでも、後でキャッシュバックされるようなキャンペーンよりも1年無料になったほうが分かりやすいので楽天ひかりを契約してみました。

使ってから1年以上経ったので、楽天ひかりのメリット・デメリットや使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

楽天ひかりは安くて速い

結論からまとめると、楽天ひかりは1年無料キャンペーンを使うと安く使うことができます。

他社と比べてもマンションタイプは安い価格設定になっているし、無料期間が過ぎても他社より安くなっているからおすすめ。

1年無料にするには楽天モバイルを契約する必要がありますが、モバイルも無料で使えてさらにお得です。

楽天ひかりの月額料金【比較】

楽天ひかりと大手の固定回線を比較してみました。

戸建住宅 マンション
楽天ひかり 5,280円 4,180円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
ドコモ光 5,720円 4,400円
auひかり 5,610円 4,180円
NURO光 5,217円 5,217円

2022.1現在

大手と比較してもマンションプランは安くなっているし、戸建住宅も2番目に安い料金になっています。

 

【メリット】楽天ひかりは1年間0円

楽天ひかりのメリットは、楽天モバイルとセットで契約すると1年無料になることです。

3年縛りでも安い

他社と比較しても初回1年間の割引額はぶっち切りに安いです。

固定回線はスマホと違って2年、3年の「契約縛り」があり、契約期間外に解約すると手数料がかかります。

楽天ひかりも契約期間が3年間ありますが、長期利用することを考えても月額料金の割引を実施しているNURO光よりも1~2万円安くなっています。

楽天市場でのSPUが1倍

楽天市場ではSPUというポイントアップ特典があります。(スーパーポイントアッププログラム)

楽天ひかりを契約するとSPU条件が達成となり、楽天市場でのお買い物ポイントが1倍アップするので、セールの日でなくても毎日お得に買い物できますね。

楽天モバイルとセットで使えば、通常ポイントアップと合わせて+3倍です。

楽天市場に買い物を集約すれば、年間でざっくざくにポイントが貯まって生活費もポイントで賄えてしまいます。

 

スポンサーリンク

楽天ひかりのデメリット

対応のルーターが必要

楽天ひかりを利用するにはIPv6(クロスパス)に対応しているルーターが必要になります。

いきなりIPv6だとかクロスパスとか小難しい単語が出てくると、ただでさえ重い腰がさらに重くなってしまいますね。

まとめると、従来のIPv4よりもIPv6の方が通信速度が安定するんだけど、楽天ひかりでIPv6接続するためには更にクロスパスに対応したルーターが必要です。

結局どれを買えばいいのかというと、楽天ひかりの公式サイトでIPv6のクロスパス対応ルーター一覧があるのでそこから選べばOKです。

楽天ひかりのIPv6(クロスパス)対応ルーターの一覧

ちなみにわたしが契約したときはキャンペーンで無料でルーターがもらえました。(現在は終了)

送られてきたルーターはエントリーモデルのNEC WG1200HS4で4,370円です。

このルーターを使って2DKの間取り、パソコンやスマホなど6台の同時接続でも問題なく使えました。

自分で用意するならおすすめはbuffalo(バファロー)のルーターです。

WSR-1500AX2Sなら価格もお手頃で、間取りや同時接続の端末が多い場合は1800や3200のモデルがおすすめです。

契約期間は3年縛り(36ヵ月)

楽天ひかりの契約期間は36ヵ月の3年縛りです。

無料解約で解約するには36~38カ月目の間に申請する必要があります。

それ以外の期間に解約する場合は、契約解除料10,450円が発生していまうので、できれば無料期間に解約しておきたいですね。

1年間無料キャンペーンであっても解約料はかかるので気を付けましょう。

ポイント払いはできない

ちなみに楽天ひかりは楽天ポイントで支払いはできません。

他の楽天サービスはほぼポイント払いに対応しているだけに残念ですが、覚えておくとよいでしょう。

引っ越しについて

わたしは1年無料キャンペーン中に引っ越しをしました。

結果、引っ越し時点でキャンペーンは適用外となり、新引っ越し先の工事費も発生しました。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

 

楽天ひかりのレビュー

楽天ひかりの申し込みには結構時間がかかりました。

申し込みしてからも問い合わせのメールもしばらく時間がかかったし、電話も3日目でやっとつながったほどです。

特にキャンペーン期間中は開通するまで時間がかかると思っていればいいと思います。

工事

マンションプランで新規で申し込みしたので、工事費は2,200円かかりました。

楽天ひかりは工事無料の特典はありませんが、乗り換えの場合は工事費用が0円になります。

光コンセントがある賃貸なので工事の方の派遣はなしで、光機器やらルーターやらが届きました。

説明書を見ながら自分でルーターの設定をして完了です。

速度は速かった

楽天ひかりの通信速度は爆速でした。

混雑時間帯は60~90Mbpsで、それ以外は100~300Mbpsで文句なしの速さです。

昼間にスマホで計測

 

昼間のPC接続時

 

楽天ひかりを使っていてつながらなくなったということは今のところありません。

公式の測定結果は「634Mbps」とありましたが、さすがに田舎ではそこまで爆速ではなかったです。

同時接続6台以上つながっていたときも、ダークソウルなどのオンラインゲームを問題なくプレイできました。

感想まとめ

楽天ひかりは1年無料で超お得に契約できました。

実際に1年以上使っていますが、月額4,000円ほどだし、SPUも1倍になって文句なしです。

楽天モバイルを契約していない人はマンションタイプで1年目1,980円ですが、モバイルは無料でお試しができるので契約しておくのがおすすめですね。

 

この記事を読んだあなたにおすすめ