デビットカードVSクレジットカード 家計管理はどちらを選ぶべきか?

 

・毎月の家計を管理したいけど、クレカとデビットどっちを選ぶべき?

・クレジットカードとデビットカード、どちらの方がお得なの?

こういった疑問が浮かぶと思います。

わたしはデビットカードとクレジットカードを1年以上使い分けています。

2つのカード使い分けをすることで、1枚よりも家計管理ができるようになりました。

今回は両者の比較も含めて、家計管理の支払い方法について考えていきます。

デビットカードVSクレジットカード 家計管理には「デビット」がおすすめ


家計管理にはデビットカードがおすすめです。
なぜなら、現金感覚で支出の管理ができるからです。

デビットカードの場合

デビットカードは銀行口座から即時引き落とされます。
そのため、その月にどのくらい利用したのかが正確にわかります。

デビットカード

・即時払い
・口座の残高分使える
・(クレカのような審査がなく)誰でも作れる

 

利用明細は、デビットカードのアプリなどで確認できます。

たとえば、6月の利用合計は、6月1日~30日の支出になります。

 

デビットカードは「今月はどのくらい使ったかな?」が一目でわかるので便利です。

クレジットカードの場合

一方、クレジットカードは翌月に後払いです。

しかし、利用日や利用先によって支払いが翌々月に遅れることもしばしばあります。
そのため、その月にどのくらい利用したのが把握しづらいです。

クレジットカード

・後払い
・翌月(翌々月)請求
・発行に審査あり

デビットカードと同じように、利用明細をアプリなどで確認できます。

クレジットカードの明細は、6月分(今月)の支払い金額=5月(先月)の利用分です。

先月使った分なので、「今月どのくらい使ったかな?」がわかりません。

今月分を確認するにはどうすればいいの?

今月の利用分を確認するには、翌月の支払い金額を確認します。
しかし、カード明細に反映されている分しかチェックできません。

クレジットカードは今月利用した分が正確にわからないため、家計管理向きではありません。
「今月の利用分」がざっくりでいいという方は、クレカの支払いでOKですね。

デビットカードVSクレジットカード  お得度と家計管理しやすさは?

どっちを使った方がお得なの?
どっちの方が家計管理しやすいの?
使い勝手がいいのはどっち?

について、まとめてみました。

デビットカード家計管理

お得度
家計管理
使いやすさ
お得 ★★★★

◎現金払い感覚で使えてポイントゲットできる

現金と同じように使えるのに、カード利用でポイントが付きます。
現金払いをしている方は、デビットカード支払いに変えるだけでポイントがざくざく貯まります。

わたしも使っている楽天デビットカード還元率1%なのでおすすめです。
他のデビットカードの還元率が1%以下の中、高還元率で楽天ポイントが貯まります。

>>楽天デビットカード

家計管理 ★★★★★

◎当月使った金額がすぐにチェックできる

スマホのアプリですぐに利用明細を確認できます。
メール設定を登録しておくと、使った直後に「利用通知」メールが届くので安心です。


◎すぐ引き落としで使い過ぎ防止できる

銀行口座に入っている分がすぐに引き落とされるので、使い過ぎ防止になります。
また、お金を下さず使えるためATMの利用頻度が減ります。

使いやすさ ★★★★

△利用できない場面があるので、クレカと併用する必要がある

家賃や通信費など、デビットカードが使えない場合があります。
とくに固定費の支払いは、クレジットカードでないとできません。

どこでも使えるクレカと違って、デビットカードでは決済できないシーンもあるので★4つです。

クレジットカード家計管理

お得度
家計管理
使いやすさ
お得 ★★★★★

すべての支払いを集約するのでポイントが貯まりやすい

すべての支払いをクレカ1枚にすれば、ポイントが貯まりやすくなります。
デビットカードやスマホ決済などに分散してしまうと、ポイント管理もしにくくなるからです。

また、楽天カードは、キャンペーンでポイント2倍(100円で2ポイント)になります。

《提供:楽天カード》
これで2%還元になるので、楽天ユーザーは要チェックです。

>>楽天カード

家計管理 ★★★

△当月使った金額がわかりにくい

クレジットカードは翌月に後払いなので、その月にどのくらい利用したのが把握しづらいです。
利用日や利用先によって支払いが翌々月に遅れることもあります。
そのため、家計管理という点でみると★3つです。

使いやすさ ★★★★★

◎高額な買い物は後払いできる

クレジットカードは店舗でもネット決済でも、どこでも使えます。
翌月後払いなので、給料日前でも高額商品を買うことができます。

デビットカードとクレジットカード「使い分ける」方法

デビットカードとクレジットカードを使い分けて家計管理すると便利です。

たとえば、

光熱費・通信費など固定費はクレジットカード
食費や日用品などの変動費はデビットカード

などと、支払いを分けると良いです。

固定費はクレカ

固定費は毎月一定金額なので、クレジットカードの支払いに向いています。
毎月のクレカ引き落としが一定のほうが支出増減を確認しやすいですよね。

わたしの場合、通信費やサブスクなどをクレジットカードで支払いをしています。

変動費はデビット

「今月は先月と比べていくら支出が増減したか」
が分かるので、変動費はデビットカードがおすすめです。

変動費はその月によって変わる費用です。
食費や日用品、交際費や娯楽費などがそうですね。

わたしは食費や雑貨代などは、デビットカードで支払いをしています。

また、デビットカードで利用する上限金額も決めています。

たとえば、月の上限金額を10000円とします。
そして月末に利用明細を確認します。

6月は13200円だった場合、3200円オーバーなので、7月は6800円を上限にします。
ある月は7400円だった場合、2600円を来月に繰り越しできるし、貯金に回したりもできます。

デビットカードは現金と違い、レシートを一枚一枚計算しなくても一目で利用合計がわかります。

家計管理にはデビットカード・クレジットカードのハイブリット

デビットカード・クレジットカード、両方を使い分けて家計の管理をすることをおすすめします。

光熱費・通信費などの固定費はクレジットカード
食費や日用品などの変動費はデビットカード

という感じで、わけて使うのがベストです。

デビットカードやクレジットカードは便利ですが、使い過ぎには気を付けましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事