【楽天カード持っている人必見】知っているだけで得する楽天ポイントの使い方

楽天サービスを使うと貯まる楽天ポイント。

今回は楽天ポイント(通常)を賢く使う方法を紹介します。

楽天ポイントの種類

楽天ポイントは通常ポイント期間限定ポイントの2種類あります。

楽天ポイント種類

通常ポイント
ポイントが付与されてから1年だけど、新たにポイントを獲得すれば有効期限が切れることはない。
期間限定ポイント
キャンペーンなどで獲得したポイント。早くて有効期限が1週間のものもある。

楽天ポイントの賢い使い方

上記の2種類のポイントのうち、『通常ポイント』は楽天カードの引き落としに使うと一番お得

楽天カードを持っている方はチェックしましょう。

楽天ポイントのしくみ


楽天ポイントは100円で1ポイント付与され、1ポイント=1円で使うことができます。

そして、楽天カードを使っている方は、カード請求額に楽天ポイントを利用できます。
このときに利用できるのが「通常ポイント」です。

この「通常ポイント」を使って、楽天カードの請求額を減らすことがポイントの賢い使い方です。

ポイントの賢い使い方


通常ポイントは、楽天カードの支払いに充てて使うとお得。
この使い方は楽天カード持っている方限定になります。

まだ楽天カードを持っていない方はこちらからお申込みできます。

楽天カードのポイント支払いは、ポイント支払い分関係なく、元の利用額に応じてポイントが付与されます。

つまり、ポイント払いすると請求額が減りますが、もらえるポイントは減りません。

 

こちらは某月の楽天カード明細です。

この月は、164,412円の支払いに対して、11,412Pを利用。
請求額は、153,000円となりました。
そして、もらえるポイントは1530Pでなく、利用額に対して付与されるので1,644Pもらえます。

利用額   164,412円

ポイント充当 11,412P

請求額   153,000円
獲得予定   1,644P

利用額に応じてポイントが発生する!

楽天カードの支払い額も減って、さらにポイントがもらえるのは嬉しいですよね。

ポイント払いの注意点は、
・50ポイントから利用できる
・毎月12日~24日の間に申し込み

となります。

詳しいポイント支払いの利用方法はこちらをご覧ください。

楽天ポイント払いサービス
https://www.rakuten-card.co.jp/point/point-pay/

楽天ポイントを貯めて賢く使う

今回は通常ポイントの使い方について紹介しました。

楽天ポイントは基本的に利用額に応じてポイントが付きます。
街でのお買い物に充てるほうが手軽ですが、まとまったポイントがあれば、カードの支払いに使うことをおすすめします。

楽天ポイントは使い勝手のよいポイントです。
楽天カードを持っていると、さらにポイントも貯まり、楽天市場でお得に買い物もできます。
年会費・維持費も無料なので、まだ持っていない方はチェックしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事