【2020年5月】ミニマリストにも使える!おすすめスマホ3選【android】

2021年最新おすすめ機種はこちら↓

 

「ミニマリストの使っているスマホが知りたい」
「おすすめのアンドロイドスマホを使いたい」

という方向けの記事です。

わたしはミニマリストの生活を始めてから、アンドロイド機種に乗り換えてモバイルWIFIルーターを断捨離しました。現在はスマホだけでデータ通信をしています。

ミニマリストはiPhoneのイメージがあると思いますが、iPhoneは機種代だけで10万ほどしますね。また、Appleの保証がないと画面割れを直すのだけでも10,000円費用がかかるので、維持コストもかかってしまいます。

そこで、スマホをできるだけ安く買うにはアンドロイドスマホがおすすめです。アンドロイドは安くて高性能なスマホがたくさんあり、自由に選べるのがメリットです。

この記事では、
✔アンドロイドスマホがおすすめな理由
✔ミニマリストにも使えるおすすめスマホ
✔スマホを安く買う方法

をまとめていきたいと思います。

アンドロイドスマホはコスパ最強


アンドロイドスマホは、選べば安くて性能がよいものがごろごろあります。

でも「アンドロイドってワカンナイ」
と、選択肢が多いと敬遠しがちで、アンドロイドスマホは利用ユーザーが少ないのも事実です。

実際にiPhoneユーザーは日本人口の6割と言われています。
わたしも一時期iPhoneに憧れて、6sを使っていました。

しかし、わたしにはiPhoneが合わなく、アンドロイドの方が使いやすいと感じました。
優れた機能を使いこなすことができなかったし、なによりライトニングケーブルがiPhoneにしか使えないのがネックです。

スマホは毎日使うものなので、自分にとっての“使いやすさ”は情報収集や発信に不可欠な要素になります。

アンドロイドスマホがおすすめな理由

アンドロイドスマホは、種類が多くてカスタムの自由度が高いのがメリットです。
選択肢の多さは同時にデメリットにもなりうるかもしれませんが、アンドロイドスマホはiPhoneと比較すると、応用がききやすいのが特徴です。

アンドロイドスマホがおすすめな理由
✔価格が比較的安い
✔選べば価格以上の価値がある
✔充電ケーブルをスマホ以外にも使える
価格が安い

まずはiPhoneと比べてアンドロイドスマホは新品でも2万~の価格になります。

わたしが今まで使ったアンドロイドはすべて5万円以内なので一括で購入することができるし、iPhoneの半額の価格で買えてしまうのが嬉しいです。

また、スペックやメーカーを比較すれば自分に合ったスマホを選べるし、価格以上の価値があるコスパのよいものも多くあります。

 

メモ

アンドロイドスマホで気になるのは「セキュリティ」です。
家電量販店の勤めていた頃に、アンドロイドは情報が漏洩するんじゃないの?と聞かれたことがありました。
わたしはスマホでネットショッピングやインターネット銀行を使っていますが、全く問題ありません。セキュリティアプリもなしで、Googleのパスワード管理を利用しています。日本で販売されているアンドロイドスマホは安全基準を通過しているので、個人情報の安全性については他のスマホと同等のセキュリティと認識でよいでしょう。
アンドロイドのセキュリティが懸念される理由のひとつに、アプリの安全性があります。
GooglePlayのアプリは、AppleStoreと比べて審査基準が甘いので、粗悪なアプリも中にはあるかもしれません。
しかし普段使うアプリは限られているので、マイナーなアプリを避けるなどの対策をすればよいです。

 

汎用性がある
アンドロイドスマホはひとつのスマホでできることが多く、自由度がききます。
たとえば、アンドロイドのケーブル(タイプCケーブル)は、パソコンやイヤホンの充電にも使えます。
タイプCケーブル1本あれば、他の端末の充電や転送にも対応できるのは非常にありがたいですね。ケーブル線がごちゃごちゃしなくて済むのも大きなメリットです。

ミニマリスト志向としてもモノを増やさず意識したいのが「汎用性」です。
ワンアイテムで2つ、3つの機能があれば嬉しいですよね。

高いiPhoneを買う理由は?

iPhoneを買うべきか悩んでいる人は、なんでそれが欲しいのか考えてみるとよいです。

「iPhoneは高い」
それだけで買うかどうか悩んでしまいます。

カメラも良くて、アプリも豊富、ケースもオシャレとなると、多少高価でも手に入れたくなってしまう。
それに加え、周りがみんな持っているなら尚欲しくなりますね。

なので、自分はスマホに何を求めているのか、なんでiPhoneなのか、を考えるとよいです。
iPhoneの選び方はミニマリストはどのiPhoneシリーズを選ぶべきか考える【比較あり】にまとめています。

毎日かかさず使うスマホは、自分にとっていいものを選んでいくとよいですね。

ミニマリストを目指すならDSDSスマホ

データを使いすぎてGBが足りないとき、
「光回線をつなぐか」「モバイルルーターを契約するか」
という2択を考えると思いますが、最近ではデータだけのSIMを使うという方法があります。

電話番号のSIM以外に、データ通信だけのSIMを別に契約するということです。
参考:データSIMとは

データSIMのメリットは、5GB~100GBなどの幅ひろくデータ容量が選べるので、自分の使用量に応じてデータ通信を楽しめます。
また、SIMというチップをスマホに入れて使い、荷物にならないのでミニマリストに最適です。

そして、このデータSIMを使うのに便利なのがDSDS(デュアルシム)スマホです。

SIMが2枚入るスマホ

DSDSスマホはSIMが2枚入れられるスマホです。
このSIMが2枚入るスマホは今のところアンドロイドにしかありません。

ちなみに、iPhoneはSIMがなくても通信できるeSIMに対応してますが、eSIM対応のキャリア・プランが限定され、普及が遅れています。
参考:eSIMとは

なので、
☑データ量を別のSIMで使いたい
☑電話番号を仕事とプライベートで使いたい
という方にはDSDSスマホがおすすめです。

こうすればルーターを持ち歩く必要がなく、手荷物が減ります。
おすすめは「楽天モバイル」×「FUJIWiFi」
一番おすすめのSIMセットは
楽天モバイル」×「FUJIWifi」
です。

楽天モバイルは、1GBまで無料で使うことができます。
さらに、通話はアプリから使えば、無料で通話し放題です。

そのため、電話をメインで使い、データを1GB未満に使っていれば、無料で使うことができます。
▸楽天モバイル料金プラン

一方、FUJIWifi(フジワイファイ)は、データSIMを契約することができます。

10GB~データ容量を選べて、高速通信ができるデータSIMです。

そのため、データ通信はこの【FUJIWifi】を使えば、スマホ全体の料金を節約することができます。

FUJIWiFiを契約したい方は公式ページの最新情報を確認することをおすすめします。

公式サイト【FUJIWiFi】

ミニマリストにも使えるおすすめアンドロイドスマホ

DSDSスマホは、スマホひとつで完結できるのが最大のメリットです。
ひとつのスマホで電話番号を2つ使えたり、データ通信を切り替えたりすれば、スマホ2台持ちの解消にもなります。

スマホの選び方がよく分かんない!という方は、【ミニマリストのスマホ】アンドロイド機種の選び方を参考にしてみてください。

DSDSスマホの中でも、わたしが調べた中でおすすめは以下の3つです。

P30【最高水準のカメラ性能】

HUAWEI(ファーウエイ)P30は、2枚SIMスマホの中でハイスペックなスマホです。

・カメラにこだわりたい
・ワンセグがない(NHK受信料対策)
・おサイフケータイ無くてもよい
という方にはぴったりです。

手に持ちやすい大きさも嬉しいですし、処理性能もバツグンです。

P30lite【2万前後で買える】

「HUAWEI P30lite」は、約2万で購入できます。

・とにかく安くSIM2枚スマホを買いたい
という方にはおすすめです。

安くても文句なしのスペックとなっています。

OPPO【おサイフケータイ付き】

・nanacoやSuicaをよく使う
・おサイフケータイ機能がいる

という方は『OPPORenoA』がおすすめです。

ID払いにも対応しているので、スマートにお会計することができます。

ミドルハイスペックスマホとして人気のRenoAは、バッテリーも3600mAhで長持ちだから安心。

楽天モバイル機種ランキング1位の超人気機種となっています。

お気に入りのスマホを使うために“選ぶ”

毎日何時間も手にするスマホは、とっておきのものにしておきたいものです。

どんなスマホでも使っていれば劣化して動作も悪くなるので、2年おきに買い替えるべきだと思います。

快適に使うためにも、自分のスマホへのこだわりを明確にして、お気に入りのスマホを選んでいきましょう。

スマホを使う頻度が多いヘビーユーザーは、こだわりを持ってスマホを選んでいくことをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

【ミニマリストのスマホ】アンドロイド機種の選び方
ミニマリストはどのiPhoneシリーズを選ぶべきか考える【比較あり】
【mineoパケット放題Plus】デュアルシムを田舎で使ってみた感想

スポンサーリンク

Twitterでフォローする