無駄なサブスクを見つけて解約する手順【月16,000円以上浮きました】

毎月一定金額を課金するサブスクは、300円や1,000円などの少額でサービスを使えるので便利ですね。

しかし家計を見直したいと思ったときに目をつけるべきは、サブスクリプション(略してサブスク)です。

あなたは、

☑いくつのサブスクを
☑何円分払っているか

答えられるでしょうか?

課金し続けているといつのまにか大きな支出になってしまいます。

そこで今回は、ミニマリスト生活を目指して生活費5万になったわたしが見直したサブスクを紹介します。

月1万以上浮けば、年間で10万円以上も削減できます。

ミニマリストやじー
余計なサブスクをカットして、固定費を節約しましょう!

この記事を最後まで読んで、無駄なサブスクを見つけて解約する手順を学びましょう。

 

現在加入は2つ

現地点でわたしが使っているサブスクは2つです。

サブスクという固定費を無くせば、家計の支出に驚くほど変化があります。
詳しくはこちらの記事です。

 

無駄なサブスクを見つけて解約する手順

サブスクを節約したいけれど何のサブスクを契約しているか把握できないときがあると思います。

そんなときは、無駄なサブスクがあるかどうか確認します。

やじー
わたしも最初は何から手をつけていいか分かりませんでした

 

まずは全体の支出を見直してみることが大切です。

✔引き落としの明細を確認する

自分が何のサブスクを契約しているか把握するために、クレジットカードや口座引き落としの明細を確認しましょう。

 

楽天カードの明細確認はこちら↓
https://www.rakuten-card.co.jp/service/bill/ヤフーカードの明細確認はこちら↓
https://login.yahoo.co.jp/三井住友カードの明細確認はこちら↓
https://www.smbc-card.com/※ログインIDやパスワードが必要です

明細をざっと見て、ムダな支出と判断したものを解約していきます。

解約のポイント

解約するかの判断で一番大切なのは、毎月どのくらい使っているかどうかですね。

サブスクは魅力的なサービスがある一方、利用頻度が少なければ価値は薄れます。

人によって価値は違うものの、お金を払ってそのサービスを受けるかどうかを自分で考えることが大切です。

✔サービスごとに解約手続き

つぎにサービスごとに解約手続きを行います。

解約方法は各サブスクごとによって異なるので、公式サイトより解約手続きをしていきましょう。

 

主なサブスク

 

【音楽】

✔Apple Music 月980円
✔LINE MUSIC 月980円
✔Spotify 月980円
✔Amazon Music Unlimited 月980円

【映像】

U-NEXT 月2,189円
✔dTV 月550円
✔FODプレミアム 月977円
✔Youtube Premium 月1,180円

【雑誌】

楽天マガジン 月418円
dマガジン 月440円
kindle Unlimited 月980円

【その他】
✔新聞代
✔定期便
✔学習アプリ
✔家具家電
✔食品、コーヒー
✔オンラインゲーム
✔ファッション・コスメサブスク

など

 

解約したいサブスクが多くても、1日にひとつずつ、確実に手続きすることをおすすめします。

代用できないか考える

同じようなジャンルのサブスクに複数加入しているときは、ひとつにまとめられないかを考えてみるとよいです。

たとえばわたしはApple Musicを解約し、YouTubeプレミアムのサービスに含まれる「YouTube Music」を使っています。

YouTubeプレミアムはコンテンツ動画が豊富だし、音楽もYouTube Musicで聴き放題です。

あれもこれもサブスクで済ますのではなく、契約しなくても解決できる方法を探してみることをおすすめします。

 

解約してもまた加入すればいい

「今は使っていなくてもいずれ使うかもしれない」
と契約していたとしても、解約してまた加入すれば良いだけの話。

たとえば、アマゾンプライムでも、数か月アマゾンで買い物してなければ一旦解約する選択もあります。

必要があればまた有料会員になればいいのです。

もしかして「解約して良かったかも」と思えるサブスクもあるかもしれません。

また、期間限定で加入するのもアリです。

わたしはお風呂代の節約のために冬季間だけスポーツジムにいったり、1000円クーポンがもらえる6ヵ月間だけauスマプレに加入していたりしました。

 

スポンサーリンク

ミニマリストがやめたサブスク【月16,000円以上浮きました】


私が解約したサブスクは全部で8つありました。
解約分の総額は約17,378円です。

 

解約済みのサブスク

・Amazonプライム 月500円
・Yahoo!プレミアム 月508円
・スポーツジム 月6,000円
・ジムアプリ 月960円
・Tマガジン 月400円※現在取り扱いなし
・dマガジン 月440円
・楽天マガジン 月380円※現在418円
・オンラインサロン 月4,000円
・宅配弁当 月4,190円

 

これでわたしは毎月1万以上の支出を減らすことができました。

これだけ固定費が減れば、家計の負担が少なくなりますね。

ショッピング系(2)

ショッピング系のサブスクは無料お試しがあるので、使ってみてから解約しました。

 

ショッピング系

・Amazonプライム 月500円
・Yahoo!プレミアム 月508円
解約理由:無料お試し終了、利用頻度が減ったため

 

Amazonプライム解約理由

Amazonプライムは利用頻度が減ったため解約しました。

わたしは買い物のほとんどを楽天市場で済ませてしまいます。

それにプライム会員中はお買い物よりもAmazonプライムビデオのサービスを使い倒しました。気になる映画をまとめてたくさん観れたので大満足です。

Yahoo!プレミアム解約

Yahoo!プレミアムは、スマホ決済『PayPay』と連携させると1,000円相当のボーナスをもらえたり、Yahoo!ショッピングでの還元率が10~20%アップします。

しかしこれも利用頻度が減ったのと、お試し6ヵ月無料が終了したので解約しました。月508円(税込)と少額ですが、使っていなければ即カットです。

AmazonプライムやYahoo!プレミアムは無料期間がすぎているのを忘れていたなんてことがよくあります。

サブスクは一切サービスを利用していなくても課金され続けてしまいます。そういったことを防止するためにも定期的なチェックが必要ですね。

ちなみにYahoo!プレミアムは再加入の場合でも、解約から1年以上経過した結果、1ヵ月お試しの恩恵を受けられました。

スポーツ系(2)

スポーツ系のサブスクは期間限定で加入していました。

スポーツ系

・スポーツジム 月6,000円
・ジムアプリ 月960円
解約理由:期間限定で使っていたため

 

スポーツジムはサブスクの中でも高額なので、家計を見直しの際にチェックすることをおすすめします。

スポーツジム解約理由


わたしは秋から冬の6ヵ月間ほどジムに通っていました。

感染症の影響もあって2ヵ月ほど休会になったので、そのときに退会もしました。

スポーツジムは寒くなるシーズンには非常に便利です。

お風呂・サウナ付きだったので、寒い身体をほぐしてから入るお風呂は最高でした。

逆に夏の暑いシーズンは、ジムに行く道中だけでも汗だくになるので、自宅や近所での運動でも十分かなと思います。

スポーツアプリ解約理由

わたしはFiNCというフィットネスアプリを使っていました。

有料会員になると体組成計が無料でレンタルできたり、健康グッズが買えるポイントが倍で貯まりやすくなります。

しかしこれも半年ほど使ってみて自分で体調管理をしたほうがいいと思い、解約。

お金をかけないで健康になる方法はいくらでもあると気づきました。

 

漫画・雑誌(3)

漫画、雑誌のサブスクは使えば使うほど元がとれるサブスクで便利です。

わたしは無料お試し期間でサービスを使いました。

漫画、雑誌系

・Tマガジン 月400円※現在取り扱いなし
・dマガジン 月440円
・楽天マガジン 月380円※現在418円
解約理由:無料お試し終了のため
雑誌サブスク解約理由


マガジンはどれも無料お試し期間のみ利用していました。

今は解約しましたが、月400円で雑誌が読み放題というのは魅力的です。1,000円の雑誌を書店で買うよりもお得ですね。

※Tマガジンは2020年5月末で有料サービスが終了しました。

楽天ポイントも貯まる楽天マガジンは、わたしの好きなファッション雑誌「BAILA」が読めたので一番利用していました。

dマガジンドコモユーザーでなくても登録できるので気軽に楽しめます。

他にもお気に入りの雑誌に出会えたり、興味がないものでも試し読みができるのは良かったです。

オンラインサロン(1)

オンラインサロンも毎月かかってしまう費用です。

オンンラインサロン

・オンラインサロン 月4,000円
解約理由:家計見直しのため

 

オンラインサロン解約理由
わたしはDMMオンラインサロンに入っていましたが家計見直しのために退会しました。

サロンに入る理由は人それぞれだと思いますが、自分がそのサロンに入る目的を明確にすると良いです。

なんとなく良さそう、と思って入会するのではなく、自分の考えや軸を持って情報に触れるという意識を持つと成長につながると思います。

サロンだけではなく、有料メルマガや有料コンサルについても、月額料金で利用頻度が少ないのであれば見直すことをおすすめします。

宅配(1)

宅配サブスクも解約しました。

宅配サブスク

・宅配弁当 月4,190円
解約理由:家計見直しのため
宅配サブスク解約理由

 

料理の手間を省くために利用していたのですが、田舎に引っ越して野菜をもらうようになったので解約しました。

宅配サービスはヘルシーメニューを豊富に取り揃えているnoshを利用していてました。

nosh(ナッシュ)のお弁当はすべて糖質90%OFFで、しかも栄養バランス良く作られているので、健康志向にはおすすめです

パンやロールケーキもあり冷凍保存もできるので、食材を買いにいく手間も省けます。

献立を考えるのがめんどうなかたは宅配サービスは優秀ですね。

スポンサーリンク

毎月の負担と解約忘れには注意

サブスクの狙いのひとつに「解約忘れ」があります。
使っていなくても毎月引かれてしまうので、自分が何にお金を支払っているか、をきちんと把握することが重要です。

定期的に引き落とし口座や、クレカの請求内容を確認しましょう。

私は、サブスクをそぎ落としてそぎ落として、結果2つになりました。

毎月の支出が減るとお金にも気持ちにも余裕が出てきます。
今日から自分の口座や、クレカの明細を確認してみることをおすすめします。