煮詰まったときはウォーキングが最適です【5か月試して効果あり】

・集中力が続かない
・仕事で煮詰まった
・アイディアがひらめかない
・作業がなかなか進まない

そういった経験は誰にでもありますね。

解決策のひとつとして、ウォーキングがあります。
散歩したり、歩いたりすることで頭がすっきりし、脳が活性化するという事実は、心理学や脳科学も証明されています。

私は毎日30分程度のウォーキングを5か月間続けています。

というのも、通勤・通学や、買い物に出かけるという目的とは別に、「ウォーキングに行く」という目的で時間を作るようにしています。

これほどウォーキングが好きになったのは車を断捨離したからで、しかも継続できているのは頭も体もすっきりする効果が感じられるからだと思います。

煮詰まったときはウォーキングがいい理由

理由はシンプルで、何も考えずに体を動かせるからです。

脳に休息を入れてあげることが大切

煮詰まったときこそ考えることを一度ストップし、脳に休息を入れてあげることが大切です。

ウォーキングは誰でもできる「体を動かす」作業です。

ストレッチやヨガなども良いと思いますが、作業空間から離れることが大切。

歩くことで、それまでの作業から物理的にも精神的にも離れることができると思います。

煮詰まったときにウォーキングするメリット


メリットは3つあります。

・頭がすっきりする
・不安を感じにくくなり、ストレスが軽減される
・精神的に落ちつける

ウォークングと聞くと、ダイエットや健康のためにする、とらえている人が多いと思います。

私は5か月ほどウォーキングを続けてますが、それ以外の効果は想像以上にあります。

頭がすっきりする

それまで考えていたことから離れて、呼吸が整えられるので頭がすっきりします。

煮詰まったとき以外でも、仕事や作業がひと段落した時にすると良いです。

歩くと疲れる?
私の経験上、歩くと疲れるどころか、逆にリフレッシュします
私はウォーキングを日課にしているので、5キロほどの長距離を歩いてもそれほど疲れません。
ウォーキングなどの軽い運動は、脳への刺激になるので少なくても頭がすっきりします。
歩くのがめんどう、歩くと疲れると感じる方は、10~15分ほどのウォーキングから始めるとよいです。
不安を感じにくくなり、ストレスが軽減される

ウォーキングの効果に「ストレスの軽減」があります。

私は、脳を鍛えるには運動しかないという本を読んで、体を適度に動かす運動をすると、不安を感じにくくなり、心も体も強くなるということを知りました。

ウォーキングに限らず、ランニングやスポーツなどの運動でも効果を実感できると思います。

>ミニマリストのタダでできる健康習慣【毎日ウォーキングの効果は絶大】

集中力が上がる

脳を鍛えるには運動しかないでも紹介されていましたが、運動することで集中力があがります。
脳の血流が改善されるので、脳内に酸素が行き渡るのです。
すると酸素不足(=煮詰まった状態)が解消されるので、集中力が上がるそうです。

集中力をあげたいときに糖分を摂ることがあると思います。
しかし甘いものがないときでもウォーキングはいつでも手軽にできますね。

煮詰まったときのウォーキング活用方法

私のウォーキング活用方法を紹介します。

ウォーキングするときのコツ

緑の多い場所を歩く

これはよく聞くと思います。

できれば自然の多い緑の中をウォーキングすると良いです。
自然のパワーをもらえて目にも優しく、心が落ち着きます。

音声学習する

私はYouTubeで動画をよく聴いています

YouTubeは聴きながら学習するコンテンツとして優秀なアプリです。
自分の興味のあることをGoogleで調べるように、YouTubeでぐぐってみてください。

近頃はユーチューバーが増えてきているので、多くのコンテンツが表示されると思います。

また、プレミアム会員になると広告なしでバックグランドで聴けるのでおすすめです。

手ぶらで歩く

カバンやスマホなども持ち歩かずに手ぶらで歩くと、意識が景色に移ると思います。

外の景色を楽しんだり、空を見上げたりすると気持ちも軽くなるのでおすすめです。

ウォーキングの気分を上げたいとき

お気に入りのシューズを履く

私の履いている靴はラコステのレディーススニーカーです。

シンプルなデザインと裏地がおしゃれで気に入っています。
お気に入りの靴で出かけると毎日ウォーキングも楽しめます。

シューズは気に入ったものなら何でもよいです。
しいて言えば、履き心地がよいものを選ぶとよいです。

また、軽くて洗濯もできると話題のオールバーズのシューズがおすすめです。
現在はBUYMAというECサイトで取り扱いしています。

ウォーキング後は必ず何かいいことがあると信じる

ウォーキングをして戻ってくるまでに何かいいことがあると信じるようにしています。

私は、もやもやするときや煮詰まったときは必ず歩きに行きます。
ウォーキングをして、頭がすっきりしなかったり、何もアイディアが浮かばなかったことはないくらいです。

逆に何か収穫があるまでウォーキングしています。

何も考えずに外に出てても、外に出る前と後では気分が少なからず変わっていると思います。
私はウォーキングすればなんとかなる、と思って毎日出かけていますね。

まとめ:煮詰まったときにはウォーキングがおすすめ

ウォーキングは何も用意せずに手軽にできることが良いところです。

明日からシューズの紐を結んで、歩いてみることをおすすめします。

継続すればするほど効果は必ずあります。
煮詰まったとき以外でも、ダイエットや健康のための習慣にもなりますね。

>本当に必要?断捨離オタクがやめたサブスク8選【家計節約】

>デビットカードVSクレジットカード 家計管理はどちらを選ぶべきか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事