【ミニマリストの財布事情】現金はいくら必要?|キャッシュレス活用方法は?

ミニマリストは財布もコンパクトだし、そもそも現金を持たない人もいるようです。

でも、どうしても現金が必要なときってあるじゃない?

そんなときのために、財布にいくらの現金を入れておけばいいのでしょうか。

そこで、キャッシュレス生活をはじめて2年目のわたしの体験をまとめます。

結局、いくらの現金必要なの?

わたしの財布は、5千~1万円入れています。

これで足りなかったことはこの2年間でありません。
ほとんどキャッシュレスでカバーできてしまうからです。

現金を持たないと不安?

5千円以下になっても、急な出費予定がなければそのままです。

現金を持っていないと不安に感じる人もいると思います。
わたしも昔はそうでした。

しかし今は、そんなスリリングな状況を楽しんでいます。

いままで考えもしなかった、「どうすれば現金を使わずにいられるか」という思考も身に付きます。

この考え方は「1%の努力」という本にも書かれていました。


それにお金に頼らないワザを持っていると、さらに生活が楽しくなりますね。

多く持ちすぎないメリット

ミニマリストはどこまでもシンプル。

そんなシンプルさに憧れて、わたしは必要最低限の現金を所持しています。

なによりお金がかさばってはシンプルさに欠けるし、
キャッシュレスを活用すれば、お得に買い物できるからです。

自分に合った金額

わたしは5千~1万ほど入れていますが、自分に合った金額は人それぞれです。

なので、1ヵ月でどのくらい現金を使ったかを目安にすることをおすすめします。

たとえば、わたしのここ1ヵ月で使った現金は2000円ほどです。
内訳は近所のおいしいパン屋さん、天然温泉入館料などですね。

月の現金支出を把握し、予算を決めておけば無駄づかいもしなくて済みます。

キャッシュレス決済できる意外な場面


少し前までは「現金がどうしても必要」な場面が多くありました。

しかしキャッシュレスが急速に整いはじめて、支払い方法が「選べる」ようになったのは、政府や企業の対策のおかげです。

そんな中で、わたしが「これもキャッシュレスで払えるんだ!」と気づいた、意外な場面を紹介します。

切手

ひとつめは切手。
キャッシュレスに敏感な人でしたらお気づきかもしれません。

2020年2月頃から郵便局でキャッシュレス決済が対応されました。
参考:郵便窓口におけるキャッシュレス決済

切手やはがきなどの郵便料金、郵便物が対象です。

クレジットカードはもちろん、PayPayなどのスマホ決済にも対応しています。
手元に現金がなくてもスマホ決済できるので便利ですね。

車検

車検はお店を選べば、クレジットカードなどのキャッシュレスで決済可能です。

ただし税金は現金で用意する必要があります。(自動車重量税)

預金に余裕がある人はキャッシュレス対応のお店で車検をするのがおすすめです。

自販機

自販機も続々とキャッシュレス対応しています。
コカ・コーラのCoke ON(コークオン)が主流ですね。

わたしは自販機をあまり利用しないのですが、使うときはCoke ON対応のもので買います。

また、2021年4月から、コカ・コーラ様が自販機のサブスクをはじめました。
参考:Coke ON Pass

毎日約90円でドリンクが買えるのでお得ですね。
普段から自販機を使う人はチェックしてみてください。

メモ

コークオン初めての方は、ここから新規登録でスタンプ3つがもらえます。

▸Coke ON(コークオン)友達紹介

※2021年9月21日まで

100均

地方では普及が遅れていますが、100均も現金いらずで買い物できます。

ダイソー:PayPay
キャンドウ:PayPay/LINE Pay/メルペイ/d払い/ au PAY 
セリア:未対応(対応店舗あり)

※地域や店舗によって異なります。

キャッシュレス決済できればスムーズに会計できて、小銭も増えないのが嬉しいです。

関連:モノを買わずに作ってみた【キッチン収納を100均でDIY】

処方箋

通院後の処方箋はキャッシュレス払いすることができます。

わたしは皮膚科の薬をキャッシュレスで通常より安く購入できました。

現金いらずの生活

現金いらずでキャッシュレスの生活は可能です。

でも日本ではまだ、どうしても現金が必要な場面があります。

この記事を読んで、そんなときに自分の財布にはいくら入っていればなんとかなるか、考えるに機会になればと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事