ごみを出さないシンプルな暮らし③|繰り返し使う「リユース」活用法

ごみを出さないシンプルな暮らし「ゼロ・ウェイスト・ホーム」について、これまで記事を書いてきました。

 

今回は3つめのステップのReuse(リユース):買ったものを繰り返し使う、についてまとめていきたいと思います。

ごみを出さないシンプルな暮らし

ゼロ・ウェイスト・ホームより。 上から順に実行していく。

 

参考本ゼロ・ウェイスト・ホーム(以下、本書)よると、家庭ごみのカットは5つのRの簡単なステップを踏むとシンプルです。

まず、①Refuse(リフューズ):不要なものは断る、②Rduce(リデュース):必要なものを減らす、③Reuse(リユース):買ったものを繰り返し使う、④Recycle(リサイクル):①②③ができないものはリサイクルする、そして⑤Rot(ロット):残りはすべて堆肥化
この5つのRを順番のとおりに実行すると、それだけでほとんどごみがなくなります。

 

5Rはごみを出さない暮らしを目指すために必要なステップです。

詳しく知りたい方は書籍をご覧くださいね。

リユースとリサイクルの違い

リユースとリサイクルの違いについて、わたしもきちんと理解していなかったので、本書を参考にまとめます。

この2つは資源循環が全く違い、リサイクルは「製品を再加工して新たな語りに作り変えること」。
それに対し、リユースは「製品を最初のままの形で何度も使い、最大限に寿命を延ばし、リサイクル加工のために失われたかもしれない資源を節約すること」を意味します。

 

ペットボトルを例にすると分かりやすいですね。

同じペットボトルに何度も水を入れて使うのがリユース、
それをキレイに洗ってリサイクルに出せば新しいペットボトル容器に加工されたり、再生繊維の衣服になったりします。

モノの溜めこみはリユースではない

リユースは何度も繰り返し使うことから、「資源を大切にする」=「モノをしまい込む」という勘違いが生まれてしまうそうです。

モノや資源を大切に使うことはごみを減らすために重要ですが、それを溜めこむ必要はありません。

モノを大切に扱うことに気をとられて、押し入れや棚にずっとしまいっぱなしの状態はリユースとは言えないんですね。

ごみを減らすステップの①不要なものを断る(リフューズ)、②必要なものを減らす(リデュース)の順を守っていれば、リユースは最小限で済みます。

そうすると、自分が本当に必要な数や量を知ることができ、資源の節約にもつなげることができるのです。

 

スポンサーリンク

ステップ②:繰り返し使う活用方法

Reuse(リユース):買ったものを繰り返し使う、ことです。

繰り返し使っているもの、使い捨てにしているもの、いくつあるでしょうか。

まず活用方法を紹介する前に、基本のリユースアイテムを紹介します。

□エコバック(買い物カゴ)
□水筒
□ガラス瓶、保存容器
□古布/ぞうきん
□ハンカチ/布ナプキン
□充電式電池

 

全て持っているという方はリユース上級者ですね。

次に、本書をもとに繰り返し使う活用方法を紹介していきます。

 

1.買い物にはエコバックや容器を持参する
2.使い捨て品を繰り返し使えるものに替える
3.シェアリングを活用する
4.中古品を利用する
5.修理して使う
6.新しい利用方法を考える
7.もとの場所に戻す
8.最後にも一度使う

 

ひとつひとつ、じっくり見ていきましょう。

1.買い物にはエコバックや容器を持参する

エコバックや買い物カゴの利用は導入しやすいですね。

わたしはLAKOLEのエコバックを使っています。

容器の持参での買い物は国内ではほぼ普及していない現状です。

地元の青果店やパン屋では量り売りができるので、包装削減のためにも容器やバックを持参するとよいですね。

2.使い捨て品を繰り返し使えるものに代える

 

どんな使い捨て用品にも、必ずリユース可能な形が存在します。

身近に使っているものを、再利用できる、または詰め替えできるに代えましょう。

ちなみに、スタバではマイタンブラーを持ち込むと20円引きになります。使い捨てを受け取らないように心がけていきたいですね。

3.シェアリングを活用する

最近ではモノを貸し借りできるサービスが増えてきました。

□車のレンタル、カーシェア
月額無料の超おトクなカーシェア「earthcar」
□服、家電のレンタル
取り扱い商品数業界Nо.1☆DMM.comいろいろレンタル!
□カフェに行く、オフィスのレンタル
賃貸住宅を選ぶ
本は図書館、サブスク使う

利用権を定額で使えるサブスクサービスも充実してきました。

本は電子書籍を月980円で読み放題できるkindle unlimitedがおすすめです。

 

4.中古品を利用する

新品以外にも中古品を買うという選択肢もあります。

メルカリやヤフオクを利用すれば、だれでも簡単にモノを売買できますね。

新品だと高価で買えないものや、中古でいいからすぐに欲しいものはリサイクルショップやフリマサイトを活用しましょう。

 

5.修理、6.新しい利用方法を考える

家電や金物などは壊れてもすぐに捨てずに、専門店やメーカーに連絡して修理してもらいましょう。

それで本来の用途で使えなくなったとしても、他の活用方法を考えてみるとよいです。

たとえば、コップを鉛筆立てに使ったり、リングアクセサリーをネックレスにしてみたりなど、工夫次第で新しく活用できます。

7.もとの場所に戻す

本書では、クリーニングのワイヤーハンガーをお店に返却する、というリユースアイデアが紹介されていました。

返却できるものは、捨てずにもとに場所に戻す、ということも覚えておくとよいですね。

8.最後にもう一度使う

モノを捨てる前に、もう一度使えないか考えることもリユースです。

段ボールや、片面印刷のプリントは資源回収の前にもう一度使いましょう。

 

衣類やタオルも、お直ししたりぞうきんにして、できる限り活かして最後まで使い切ることが大切です。

この「モノを最後まで使う」精神は、樹木希林さんの書籍から学ぶことができます。

 

スポンサーリンク

手放す前に再利用チェックしよう

リユースに深く取り組むには、今日捨てたものの中でもう一度使えるものはなかったか、チェックしてみるとよいです。

片づけの過程でモノを手放している最中だというときも、リサイクルショップに持ち込んだり、メルカリで売ってみたりしてみると、他の誰かが再利用してくれます。

これから買うものも再利用できる製品を選んでいきたいですね。

ゼロ・ウェイスト・ホームのバックナンバーはこちら↓