【冷え性対策】繰り返し使えるエコカイロを使ってみた【電気代節約】

寒い部屋でのエアコンやヒーターは暖かくなりますが、電気代やガス代が気になりますよね。

電気代を抑えつつ寒い冬を乗り切る方法も紹介しましたが、部屋よりも自分自身も暖めていくとさらに効率的です。

自分の身体を部分的に暖めるアイテムでおすすめなのが、繰り返し使えるカイロです。

この記事ではエコカイロである「米ぬかカイロ」の使い方、寿命、使ってみた感想、などをまとめていきたいと思います。

お腹を温める美容法

「腸活」という言葉を聞いたことがあると思いますが、腸を調子をよくすることは健康維持や美容につながります。

腸がすべて「最高の腸活」メゾットによると、腸の状態が悪いと判断力が落ちたり、肌トラブルの原因にもなるそうです。

わたしは便秘体質なので、これまで食事改善や運動などの腸活を行っていきました。

 

繰り返し使えるカイロ

腸活の中でも簡単にできるのが、お腹(腸)自体を温めることです。

以前までは腸活のために貼るカイロを買っていましたが、市販のものは使い捨てになってしまいます。

わたしはできる範囲でごみを出さない暮らしを目指したいと考えているので、繰り返し使えるカイロに切り替えることにしました。

 

【冷え性対策】繰り返し使えるエコカイロ

わたしが米ぬかカイロを知ったのは美容室に行ったときです。

オーナーさんが「温まるからどうぞ」と借してくださり、初めて米ぬかのカイロを使いました。

お腹の上に乗せておくとじわじわ温まってきて、とてもリラックスすることができました。

カイロの上に手も乗せて温められるので、冷え性のわたしには大助かりです。

エコカイロはUSB充電タイプのもありますが、米ぬかカイロはエコだし、全身に使えるので気に入りました。

また、腸活にぴったりだと思って後日ハンドメイド品をで購入してみました。

米ぬかカイロとは

米ぬかカイロは綿布の袋に米ぬかや玄米を入れたもので、電子レンジで温めて使います。

使い捨てカイロは化学反応によって発熱しますが、米ぬかは加熱すると湿気を含んだ熱を放出し、この熱が体を芯までゆっくりと温めてくれます。

繰り返し使えるのでエコ
・お腹や腰、肩など、身体中に使うことができる
・原料もすべて自然素材

 

などの魅力があり、身体にも地球にもやさしいカイロですね。

米ぬかカイロの使い方

米ぬかカイロはレンジにそのまま入れて暖めます。

大きさにもよりますが、600Wで約30秒~1分半ほど温めて使います。

暖めた米ぬかカイロはお腹や膝の上に乗せたり、目元を暖めるのにも使うことができますね。

使用期間は使う頻度にもよりますが、1~2年が目安となっています。

寿命のサインは焦げ臭くなってきたり中身が固まるようになってきたときで、米ぬかの水分吸収が弱くなったら交換時期です。

そのまま加熱し続けると発火の原因にもなるので注意しましょう。

米ぬかカイロを使ってみた感想

繰り返し使えてエコだし、じんわりとした温かさでリラックスできるので、わたしも早速ハンドメイド品をで購入してみました。

ぬかカイロは1回30分~1時間ほど暖かさが持続します。

わたしはお腹に乗せることが多いのですが、じんわりとした温かさが広がって心地良く温められました。

肩がこったときは首回りに当てたり、デスクワークで目が疲れたときにも目元をじんわり温めてくれるので便利です。

ぬかの香り具合

米ぬかカイロは温めるとぬかの香りが結構します。

わたしは天然の匂いで気分が落ち着くのですが、人によってはぬかの匂いがキツく感じるかもしれません。

ぬかの匂いが気になる場合は、香りつけとしてハーブやよもぎを入れてもよいですね。

また、ぬかカイロ以外におすすめなのが、あずきカイロです。

アイマスクで人気のあずきのチカラもですが、あずきは内部が蒸気してじんわり温まる効果があります。

米ぬかと同じように繰り返し使えるし、自分で簡単に作ることもできますね。


スポンサーリンク

あったかアイテムを使って腸活

体調が悪いときや寝付けないときにお腹を温めるとリラックスできます。

わたしは電気ひざ掛けも使っていますが、米ぬかカイロはコンセントの届かない場所でも使えるので便利です。

健康と美容のためにもお腹を冷やさないように心がけることが大切ですね。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローする