ミニマリストにマイボトルは必要?水分補給が楽しくなる水筒も紹介

ミニマリストってマイボトルを使っているの?
マイボトルって必要?

この時期になると、仕事でも出先でも飲み物は必需品ですよね。

わたしはマイボトルを使っています。
マイボトル歴は5年以上です。

ミニマリストやじー

わたしは固定費を削減して生活費が月5万円になりました。

倹約とエコのため、出かけるときはマイボトルを持っていきます。

 

この記事では

・ミニマリストがマイボトルを使う理由
・ミニマリストのマイボトルの選び方
・おすすめのマイボトル

やを紹介していきますね。

ミニマリスト【マイボトルは必要なのか】


わたしはマイボトルは必要派で、5年前から使っています。

モノを減らす生活を始めてもなお、持ち続けています。

理由は単純ですが、

・節約になる
・1日の水分量を摂れる
・脱ペットボトルでエコ

だからです。

節約になる


自分でお茶を作ることで買わずに済むので節約になります。

たとえば、毎日1本100円のペットボトルを買っていたら、月3,000円かかります。

平日週5で買っていたとすると、飲み物代だけで年間24,000円にもなりますね。

わたしの実家では毎日お茶を作っていましたので、一人暮らしを始めてからも習慣的に毎日お茶を作っていました。

出かけるときは作ったお茶をマイボトルに入れて持参して、飲み物を買わずに済んでいます。

あとは給水機が設置してある無印良品や薬局の給水サービスを利用してみてもいいですね。

水分摂取量の目安になる

水分は1日に2リットル以上飲むと健康的に良いと言われています。
でも2リットルってかなりの量ですよね。

なので、わたしはマイボトルに入れた分は必ず飲み切るようにしています。

500mlのボトルなら確実に2リットルの1/4を飲んでいることになります。

家でも2Lのお茶入れ容器を使っています。

こまめに水分補給ができるのでおすすめです。

ペットボトルは買う?

節約のためならペットボトルは買わない方がいいですよね。

わたしはペットボトルは必要なときにしか買いません。

また、マイボトルを使えばペットボトルを買わずにエコになります。

どうしてもペットボトルを買うときの基準はこんな感じです。

マイルール

・500mlは100円以下
・お茶か水
・コンビニ、自販は極力使わない

 

買うか買わないかで迷っているよりも、自分でルールを作っておくと決断も早くなります。

マイボトルと併用して考えていきましょう。

ミニマリストのマイボトル


わたしは1,000円くらいで購入した透明なボトルを使っています。
(100均にも同じようなものがありました)

透明ボトルを選んだ理由は以下です。

シンプル
☑量がわかる
☑常温が良い
☑汚れがわかる

 

わたしはシンプルなものが良かったので透明なものにしました。

汚れも分かりやすいので透明だと洗う時に便利です。

また、水分は身体のためにも常温で取るようにしています。
なので、保温・保冷機能がないものにしました。

おすすめのマイボトル【シンプル×透明】

マイボトルって種類が多くて選ぶのが難しいと思います。

そこでわたしの選んだ4つのポイントをもとに、おすすめのボトルを紹介します。

シンプル
☑量がわかる(透明)
☑常温が良い
☑汚れがわかる

 

やじー
価格別に紹介するので参考にしてみてください。

 

1.KINTO 水筒 ウォーターボトル

ひとつめはKINTO 水筒 ウォーターボトルです。

価格は1,000円ほどです。

おすすめポイント

500mlのコンパクトなウォーターボトル
・傷がつきにくく割れにくい
・シンプルな構造で洗いやすい

 

クリアボトルなので中身が見えて、おしゃれ&衛生的です。

ガラスのように見えますが、割れにくい素材(PCT樹脂)で作られています。

お手入れ方法も商品ページを見ていただければ分かりますが、パッキンなどすべて取り外せて食洗機にも対応しています。

洗うパーツも少なく手洗いも楽なので、マイボトルをやめた方でもこれなら水分補給が楽しくなると思います。

2.Joseph Joseph(ジョセフジョセフ)

Joseph Joseph(ジョセフジョセフ)の水筒です。

2,000円ほどの商品です。

おすすめポイント

600mlの少し大きめサイズ
・飲んだ水分回数がわかるカウント機能付き
飲み口が大きくて飲みやすい

500mlでは少し足りないかなという方におすすめなのが、ジョセフジョセフの水筒です。

こだわりは、ボトルを閉めるときに蓋に付属のメモリがカチッとなって、水を入れた回数をカウントできます。

この機能は、1日に飲んだ量が簡単にわかるので便利ですね。

衝撃に強いトライタン製ボトルなので、丈夫な素材で安心です。

3.Retap Bottle (リタップ ボトル)

デンマーク産、海外で大人気のRetap Bottle (リタップ ボトル)です。

 

おすすめポイント

世界販売実績400万の人気ボトルビン
・丈夫なガラス製で割れにくく色移りも防止
飲み口が大きくて飲みやすい

シンプルだけど、キャップが可愛い透明ボトルです。

デトックスウォーターやビネガーを入れてもOK。

価格は3,000円~と少し高めですが、職場やキャンプで一目置かれるおしゃれなデザインですね。

パーツはキャップとビンの2つで洗いやすく、食洗機にも対応しています。

↓スライドでキャップのカラーが確認できます↓

魔法瓶なら真空断熱ケータイマグ

保温・保冷機能のある水筒がいいという方、はサーモスの真空断熱ケータイマグがおすすめです。

熱を逃がさない2重構造で、保温なら68℃を6時間以上も持続できるそう。

元販売員
家電販売店でもよく売れていました!

 

カラーも容量も種類が豊富なので、自分の好きなタイプを選んでみていいと思います。


スポンサーリンク

倹約するにはマイボトルを使ってみよう

マイボトルを使えば月に3000円以上節約できます。

毎日飲み物を買っている、という方はマイボトルを持参して倹約してみてはいかがでしょうか。

ペットボトルフリーでエコにもなるし、水分補給も楽しくなるのでおすすめです。

 

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめ