【2022年】ミニマリストのおすすめアンドロイドスマホ【コスパ】

「ミニマリストの使っているスマホが知りたい」
「おすすめのアンドロイドスマホを使いたい」

という方向けの記事です。

わたしはミニマリストの生活を始めてから、アンドロイド機種に乗り換えてモバイルWIFIルーターを断捨離しました。

ミニマリストやじー
アンドロイドは選べば安くて高性能なスマホがたくさんありますよ!

 

この記事では、2022年のおすすめアンドロイドスマホをまとめていきたいと思います!

 

買って失敗しないアンドロイドスマホ3選

2022年のコスパの良いアンドロイドスマホを3つ紹介します。

選び方のポイント

注目ポイントは以下です。

・最高性能を体験できる
・おサイフケータイ付き
・指紋認証対応

 

アンドロイドスマホを選ぶなら、iPhoneと比較して性能はどうかを重視しました。

紹介する3つは、すべて最高性能のハイエンドモデルです。

また、iPhone7以降はすべておサイフケータイが搭載されているため、おサイフケータイ付きのスマホに厳選しました。

キャッシュレス決済がベーシックになりつつある現代では、おサイフケータイも必須の機能です。

さらに、iPhoneにはない「指紋認証」付きのスマホを選びました。

顔認証が困難なときでも、夜や寝室の暗闇でも、画面ロックをサラッと解除できる機能はアンドロイドならではの嬉しい機能です。

1.最高性能もりもり【galaxy S22】

galaxy S22は、スペックもサイズも文句なしのハイエンドモデル。

BTSのCMで世界規模でも大人気のスマホです。

この投稿をInstagramで見る

 

Samsung Mobile(@samsungmobile)がシェアした投稿

galaxy S22 スペック

  • snapdragon 8 Gen 1
  • 6.1インチ×有機EL×約168g
  • 120Hzのリフレッシュレート
  • トリプルカメラ
  • バッテリー3,700mAh
  • おサイフケータイ付き
  • 指紋、顔認証
  • 価格10万~

 

軽くてコンパクトなサイズのS22は、持ちやすさ重視の方や女性におすすめです。

価格は10万円ほどですが、ドコモ/auの割引キャンペーンを適用すると1~3万程度で購入できます。

わたしも3月の一括乗り換えのときに欲しかったのですが、すでに在庫がないほど人気でした。

galaxyのSIMフリーモデルはなく、SIMも1つな点はややマイナスポイントですが、今でもハイエンドに間違いないスマホなので、買うタイミングがあればおすすめです。

ドコモオンラインショップで探す
auオンラインショップで探す

 

高性能×おサイフ付き【Zenfone 9】

昨年注目を浴びたASUSのスマホが、さらに進化して登場しました。

【ASUS Zenfone 9 スペック】

  • snapdragon 8+Gen 1
  • 5.9インチ×有機EL
  • 120Hzのリフレッシュレート
  • デュアルカメラ
  • バッテリー3,700mAh
  • おサイフケータイ付き
  • 指紋、顔認証
  • 物理SIM×2
  • 価格10万~

iPhone12感覚のコンパクト×ハイエンドのスマホです。

前身のZenfone 8は、小さいスマホに高機能を搭載しすぎて少々不具合があったそうですが、Zenfone 9ではバッテリー持ちや発熱が改善されました。

片手操作可能なサイズで、個人的にはポケットに入るこのサイズ感が好みです。

とにかく小さいスマホが欲しいという方におすすめです。

価格は10万越えなので、公式サイトの30日返品保証を利用して購入してみてもいいかなと思います。

IIjimioで探す
ASUS Storeで探す
楽天市場で探す

最強コスパ【Xiaomi 11TPro】

Xiaomi(シャオミ)は低価格で高性能スマホを多々出している、海外でも人気なスマホブランドです。

キムタクの娘さんであるKōkiさんがイメージモデルをつとめていますね。

この投稿をInstagramで見る

Kōki,(@koki)がシェアした投稿

“コスパの神”で人気の Mi 11 Lite 5Gに続いて、11 TProはハイエンドのコスパ最強スマホと言えるでしょう。

【Xiaomi 11 TPro スペック】

  • snapdragon888
  • 6.67インチ×有機EL
  • 120Hzのリフレッシュレート
  • トリプルカメラ
  • バッテリー5,000mAh
  • 120W超急速充電
  • おサイフケータイ
  • 指紋、顔認証
  • 物理SIM×2
  • 価格5万~

これだけ高性能なのに5万前後で購入できる11 TProは、まさにコスパ最強のスマホです。

数々のコスパスマホランキング記事にも上位をキープしており、わたしもメイン機種に乗り換えました。

一番のお気に入りポイントは、なんと言っても120Wの急速充電。

17分でフル充電という驚異の速さで、朝の忙しい時間でも支度をしているうちに100%充電できてしまいます。

本体の大きさと重さが気になりますが、それを差し引いても十分満足できるスマホだなと感じました。

アマゾン Xiaomi公式ショップで探す
Xiaomi公式 楽天市場店で探す
OCNモバイルONEから探す
楽天モバイルから探す

アンドロイドスマホをこれから買うならこれ

万人におすすめできるのが、Xiaomi 11 TPro。

価格5万に対しての性能が他のスマホの比にならないくらいコスパ抜群で、文句なしでおススメできます。

もう少し価格を抑えたいのなら、同じくコスパ抜群の mii 11 lite 5Gもおすすめです。

 

キャリアのサービスを受けたいならgalaxy

galaxy S22は、国内だとドコモとauでしか取り扱いがありません。

大手キャリアで新規契約&端末購入すると、割引特典やサポートサービスを受けることができます。

店頭購入の場合は事務手数料が発生していしまいますが、販売員さんに聞いて購入を決めたいという方におすすめです。

価格は高いけど超高性能

ASUS Zenfone 9は、この3つのスマホの中で一番価格が高く、「とにかく高性能がほしい!」という人におすすめです。

10万と聞くと高価に感じますが、現在のスマホの最高スペックをすべて取り揃えているスマホでこの価格は圧倒的に安いほうでしょう。

アンドロイドスマホを安く買う方法

アンドロイドスマホは、OCNモバイルONEで安く買うことができます。

OCNは1GB770円~という格安スマホの中でも最安の料金プランを提供しており、通信品質もdocomo回線を借りているブランドの中で通信速度一位を維持しています。

OCNは新発売の端末を安く手に入れることができるのが特徴で、最安1円~で購入することができます。

人気の機種はすぐに在庫切れになるので、購入を検討している人はセール情報をこまめにチェックするのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

アンドロイドスマホは選び放題

アンドロイドスマホの選び方は一見むずかしそうに感じますが、あれこれスペックのトッピングを加えなければお手頃なスマホを発見できます。

そのためにも、「おサイフは使う/使わない」「カメラ重視」「防水あり/なし」など、毎日使うスマホの利用目的をはっきりとさせておくとよいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

ミニマリストはどのiPhoneシリーズを選ぶべきか考える【比較あり】
【比較あり】アンドロイド機種の選び方
【2020年5月】おすすめスマホ3選【アンドロイド】