ミニマリストのワンピース・パンツの選び方【少ない服でおしゃれ】

ミニマリストの大半は、服を最小限にして着回しています。

わたしはワードロープを全部で20着くらいを目安にして整理してきました。

「ひとつ増えたらひとつ減らす」を繰り返すと持ちすぎないシンプルなワードロープになりますね。

その中でもワンピース・パンツは厳選してきたので、わたしの残したボトムスの基準を紹介したいと思います。

少ない服でおしゃれしたい、という方は最後まで読んでみてください。

こちらもCHECK

 

ミニマリストのワンピース・パンツの選び方

まず、自分に似合ボトムス・ワンピースを選んでいくとよいです。

パンツはとくに種類が多くて、試着してみないと似合うか不安ですよね。

そこでおすすめなのが、「骨格診断」です。

手の甲の骨や鎖骨の浮彫り具合をチェックして、自分の骨格タイプを知ることができます。

自分の魅力を引き立たせてくれる効果があるので、一度のぞいてみるとよいです。

会員登録で300円OFFクーポンがもらえます

 

選んだワンピース・パンツの基準

残したボワンピース、パンツ、ボトムスの基準は、

1.洗濯してもヨレにくい素材
2.ポケットのついているもの

です。

新しく買い替えるときも、この2つを条件で選ぶようにしています。

洗濯してもヨレにくい素材

1.の素材を選ぶ理由は、ひとつの服を長く着たいからです。

洗濯の回数が増えると、どうしても縮んでしまったり、色褪せてきてしまいますよね。

とくに洗濯乾燥機だと、服へのダメージがより強く、仕上がりはヨレヨレになってしまいます。

我が家ではドラム式を使っているので、なおさら服を選んでお洗濯するよう気をつけています。

たとえば、ユニクロの商品だと、ポリエステルや複合繊維のものを選んでいます。

f:id:yazii:20210821100949j:plain

経験上、綿が含まれていないものであれば、縮まないし、シワになりません。

なので、わたしが選ぶボトムスは「かわいい」「欲しい」よりも、素材や実用性重視です。

ちなみに、綿の素材は、一回洗濯しただけでもシワになってしまうので、肌着などのインナーにだけ採用しています。

ヨレない素材だと、普段着としてもパジャマとしても使えて便利です。

関連:ミニマリストがパジャマを手放す理由【部屋着はいらない意外なわけ】

 

ポケット付きは手ぶらで出かけられる

ポケットのついているものを選ぶ理由は、カバンなしでもスマホや鍵を持ち歩けるからです。

わたしは出かける際、なるべく手ぶらにしたいのでカバンを持ち歩きません。

スマホや鍵、財布などはポケットに入れています。

スカートもワンピもポケット付き

スカートやワンピースはポケットがないものが多いため、ショルダーバッグや手さげカバンが必要になります。

わたしは面倒くさがりなので、カバンを持つのも出し入れするのも手間に感じていました。

そのため、スカートを新しく買うときは「ポケット付き」のものを選ぶようになりました。

探すのは少し大変でしたが、さっとスマホや財布を取り出せるので本当に便利です。

わたしはAラインスカートと、余所行き用の半袖ワンピースを買いました。

関連:【20代ミニマリスト服】秋冬の着回しコーデ【シックで女っぽい7着】

 

スポンサーリンク

人気のおすすめワンピース

おすすめのポケット付きのワンピースを紹介します。

どれもRakutenFashionの中で人気の商品なので、ポケット付ワンピースを探すヒントにしてみてください。

ジャンパースカート


深めのVカットが特徴のジャンパースカートはほとんどポケット付きです。

毎年完売するほど人気アイテムで、一部ブランドでは予約商品となっていました。

シンプルながらも気映えして、女性らしさを強調できるワンピースです。

ジャンパースカートを探す

シャツワンピース


シャツワンピースもポケット付きのものが多いです。

一枚でも様になるし、インナーや上から重ね着してもお洒落です。

シンプルなデザインを選べば、普段使いから仕事用にも着回しできますね。

シャツワンピースを探す

 

ニットワンピース


ニット素材は構造上ポケットを作りにくいですが、胸や腰位置にポケットがついているものもあります。

スマホを入れたり、冷えきった手をすっぽりと入れたりできて、可愛いワンピースなのに優秀です。

ニットワンピースを探す

 

スポンサーリンク

少ない服でおしゃれを楽しもう

自分の選ぶポイントが決まっていると、時間をかけずに買い物ができます。

欲しい情報にだけ効率よくアンテナを貼ることもできるので、有意義な情報収集もできますね。

ミニマリストぽく服を選びたいな、と考えているかたはぜひポケット付きのボトムスを選んで見てください。