北川景子さん・オリラジ中田さんの“モノを持たない生活”とは?【ミニマリスト】

ものを多く持たないことで知られている北川景子さんやオリラジの中田さん。
ミニマリストとしてお二人とも憧れの存在です。

わたしも断捨離生活をはじめて、ようやく持ち物が減ってきました。

 

今回は、モノを持たない生活、ミニマリストの断捨離方法を紹介します。

北川景子さんの“モノを持たない生活”

北川景子さんは、芸能人の中でも徹底したミニマリストです。

洋服は10着しか持たない。

これには驚きですよね。
わたしも見習いたいところです。

「ほしい洋服があったら、今持っているものをひとつ減らしている」

これは『1 in 1 out』の考え方ですね。
ひとつ手に入れるならひとつ手放す。

ものを増やさない最強のコツです。

制限を設ける

また、“10着”と決めることで自分で数を制限しています。
モノの数を把握することも大切ですね。

ただ減らすだけじゃなくて、自分のキャパを知る。
ものを持たない生活に必要な考え方です。

また、夫のDAIGOさんとの思い出の写真や台本なども断捨離してしまうそうです。

ここでの北川景子さんの名言が、

『わたしに過去はいらない』

・・・かっこよすぎます!
断捨離に関して、ほんとうに徹底されているのが分かります。

思い出を断捨離してしまうのは、人によってはかなり抵抗があります。
しかし、この「過去」にとらわれない考え方はマネしていきたいところですね。

わたしも自分の持ち物を改めて見直していきたいです。

オリラジ中田さんの“モノを持たない生活”


オリラジの中田さんも同じく、モノを持たないミニマリストとして知られています。
妻の福田萌さんもミニマリストだそうです。

夫婦そろって断捨離好きだと、家の中もスッキリしているんだろうなと思います。

中田さんは子供の作品や思い出を写メにとって断捨離。

「俺のクラウド(頭の中)に入っているよ」

が名言ですね。

写メしておけばいつでも見返すことができるから、すべて断捨離しているそうです。

そして中田さんも持っている服は少ないそうで、なんと5着のみ。

「もう着ないし、すごい場所取ってジャマだから」

服を収納するスペースを意識されていることが分かりますね。
服などのモノを“在庫”としてとらえているようにも感じます。

この考え方はわたしも意識しています。

モノ(在庫)が多ければ、新しいモノ(新商品)を入れるスペースがありません。
新しいモノを取り入れるには、どんどんモノを減らしていく必要がありますね。

 

オリラジ中田さんは書籍も多く出版されて、ユーチューバーとしても大人気です。
これからも“中田敦彦”の世界を追って学んでいきたいと思います。

ミニマリスト素人でもできる断捨離方法

上記に紹介したお二人はどちらも徹底したミニマリストです。

これから断捨離をはじめよう!と考えている方にとってハードルが少し高いかもしれません。

そこで、わたしが実践しているカンタンな断捨離方法を紹介します。

1 in 1 out

『1 in 1 out』はひとつ手に入れたらひとつ手放す、という考え方です。
北川景子さんも取り入れていましたね。

「服を買ったら、ひとつ服を断捨離しなきゃいけない」

と思いがちですが、そうではありません。
最初のうちはなんでも大丈夫です。

たとえば、靴を買って肌着を1着すてる。
靴下を買って、ペンを1本すてる。
というようなイメージです。

 

このように、何かモノが増えるたびにひとつ断捨離していくだけ。

そうすれば全体のモノの数が維持されます。

あとはこれを繰り返していれば、確実にミニマリスト思考が身に付きます。

ミニマリスト女子の捨てたもの

それでもどんなものを捨てればいいか分からない人はいると思います。

参考にわたしが捨てたものをまとめました。

モノを持たない生活をはじめよう

今回紹介した北川景子さんとオリラジの中田さんも、徹底的な断捨離生活をされています。

服は5(10)着しか持たない
思い出品も断捨離

一気に減らすのは難しいと思います。
少しずつ、一個ずつモノを減らしていくと良いです。

または、家具や家電をレンタルするサービスもあります。

欲しいけれど買うのはちょっと、、、という家電や、冠婚葬祭の一式楽天レンタルなら即日借りることができます。

短期間の転勤や小旅行のお供としても便利ですね。

モノを持たない生活をすると、無駄使いも減るし、自分が本当に大事にしたいものが分かってきます。

ミニマリストの書籍いわく、断捨離は性格ではなく技術、だそう。
なので、自分だけができないなんてことはありません。

本を読むとやる気アップや、行動につながるので、気になる方は読んでみてください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事