【ミニマリストの時間の増やし方】自分の時間をリメイクする【時短】

自分の時間を増やす手段として、ミニマリストの生活を取り入れることは有効です。

それは、モノを減らしたり、時短家電を導入することで、自分の時間は増えるからです。

わたしも実際にミニマリストを目指してから、自分の自由な時間が増え、今までできなかったこのブログの執筆や、旅行、家庭菜園、スマホ選びなどができるようになりました。

24時間しかない時間を有意義にするために、時間の使い方をリメイクしましょう。

モノ減らし

当たり前ですがモノが多ければ多いほど時間は奪われます。

モノがひとつあるだけで、掃除や移動などの管理する手間が発生するからです。

わたしはミニマリストを目指す以前もモノが少ないほうで、引っ越しを手伝ってくれた友人からも「これだけしかないの?」と驚かれたくらいでした。

それでも減らせる余力はまだまだあり、50着ほどあった服は現在は全部で20着ほどです。

手放しにくいプレゼント品や思い出品は、思い出の品の片づけ|今と過去の自分、どちらに必要なのかを考えるを参考にしてみてください。

最適化された空間で過ごすためにも、今すぐ断捨離を決行しましょう。

 

時短家電

毎日家事に追われているのであれば、今すぐ時短家電を導入することをおすすめします。

・ドラム式洗濯機、または乾燥機
・食洗機
・ロボット掃除機

わたしはドラム式とロボット掃除機を使っています。どちらも買ってよかった家電になりました。

 

自分の時間は有限です。

自由な時間を確保するためにも、現代の素晴らしい家電を利用して、家事時短を考えていきましょう。


その家事、いらない。いつまで家事に追われているの? 家事・育児コンシェルジュ山田綾子

 

食事の簡易化

自炊、外食のルールを決めておくと、あれこれ悩む時間が減ります。

たとえばわたしは自炊のルールを「カンタンにシンプルに」をモットーにしているので、目新しい料理は自炊しません。

それでも材料や量を調節すれば健康的な食事をできます。

楽しい食事時間を作るためにも、料理の時間を見直してみるとよいですね。

 

スポンサーリンク

選択の固定化

迷う時間を減らすために、同じものを使うのがベストです。

ミニマリストの中には10着程度で服を着まわし“制服化”しています。

服を厳選するのはすぐには難しいかもしれませんが、シーズンごとに絞ってクローゼットに出しておくとよいですね。

また、食べるものやサービスも固定化するとよいです。

そばだったらこれ、コーヒーだったら〇〇、ラーメンはここ、美容室は〇〇など、お気に入りを増やして固定していきましょう。

いろんな選択肢は自由度の幅をあげてくれるし、わたしも選ぶのは好きだけど、時間効率で考えるとナンセンスです。

お気に入りを繰り返し使うことになるので、幸福度も下がりにくいので、とにかく自分の身の回りを厳選していきましょう。

 

自分の時間は自分でリメイクしよう

自分の時間を増やすには、当たり前だと思っている時間の使い方に疑問を持つことが大切です。

・その作業って本当に自分がやらなきゃいけない?
・モノの定位置は一番効率がいい?
・一番何に時間を消費している?

モノを減らしてすっきりさせ、投入すべき時間を上手く使えるようになるためにも、モノを減らしてすっきりさせていきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローする