【ドラム式洗濯乾燥機を買ってみた】ミニマリストでも買うべき5つの理由

梅雨が続くと悩まされるのが「洗濯物」です。

わたしは引っ越ししてドラム式洗濯機を購入。
高価な買い物でしたが、買って大正解でした。
モノを持たない、増やしたくないミニマリストでも、時間やモノの断捨離ができます。

・ドラム式洗濯乾燥機を買おうか迷っている方
・どんな洗濯乾燥機を選んだらよいか分からない

という方に向けて、今回はドラム式を買うべき理由を書いていきます。

【ドラム式洗濯乾燥機】ミニマリストでも買うべき5つの理由

ドラム式はモノを持たないミニマリストでも買うべきです。
時間やモノの断捨離ができます。

わたしが使って感じた買うべき理由は5つあります。

買うべき5つの理由

・家事時短になる
・洗濯グッズが不要になる
・洗濯スペースを作らなくて良い
・天気に悩まされない
・花粉が気にならない

1.家事時短になる


洗濯乾燥機は圧倒的に家事時短になります。
すでに使っている人たちは、みんな口を揃えて言いますよね。

これは、使ってみればすぐ実感できました。
なにが時短になるかといえば、

・干す時間
・とり込む時間

です。

洗濯物を干す時間

これが最高のメリットです。

昔は洗濯作業に丸一日かかっていました。
しかし現代ではスイッチひとつで終わらせることができます。
便利な現代社会に生まれて感動です。

洗濯物を取り出して干す時間がなくなりました。
また、シャツやタオルなどをパンパンと広げる工程もなくなります。

洗濯物をとり込む時間


この時間もなくなりますね。

「とり込み忘れた!」という心配もありません。
洗濯場ですべてが完結するので移動距離もなくなります。

どのくらいの時短になるのか

洗濯乾燥機を導入することで、平均で年間60時間も削減できるといわれています。

干す時間が1日10分とした場合、月で5時間。
年間で60時間=2日半も時短になるということです。

1年で2日以上も“洗濯”に時間をかけていたなんて驚きです。
週5で使っても2日ほどの時短効果がありますね。

時短から考えるコスパ

年間で60時間を時給換算すると、時給1000円で1年6万円。
2年で12万、3年で18万・・・

わたしは15万で購入したので、2年目で元がとれます。
型落ちのものだと新品で10~15万で買えます。
わたしは楽天市場のセール時に買いました。

また中古の場合は10万以下で購入できます。

こう考えたらかなりコスパは高い。
2年以上使うのであればドラム式は買うべきですね。

2.洗濯グッズが不要になる

これもありがたい。
ハンガーや物干し竿がいらなくなります。
モノを持たないミニマリストには最高です。

ハンガーはクローゼットにある分だけ済みますね。

3.洗濯スペースを作らなくて良い

洗濯スペースが必要なくなったのも嬉しい。

部屋干しする場合だと、どうしても作る必要がありますよね。
ラックを用意したり、吊り竿を用意したりすると部屋の場所も取ります。

4.天気に悩まされない


ドラム式があれば天気に悩まされることはありません。
雨の日でも風の日でも関係なく洗濯できます。

洗濯が気軽にできるようになったのも便利。
気候のタイミングに左右されずにいつでも洗濯できています。

5.花粉が気にならなくなる

外で干したときは取り込むときに花粉がついてしまいます。
しかしドラム式があれば花粉の心配もいりません。
花粉症の人にとってドラム式は超重宝。

わたしは花粉よりも外気が気になります。
外の嫌な匂い(煙や廃棄ガス)がつかなくなることは非常に有難い。

衣類の埃も取ってくれる


乾燥機は衣類のほこりをすべて飛ばしてくれます。
これで服についているほこりがなくなりますね。

終わった後にフィルターを見るとびっくりします。
こんなに服にほこりついてたんだーと毎回感動です。

どんなドラム式洗濯機を買ったらいいか

家電量販店にはずらりとドラム式が展示されています。

年々、機能もサイズも新しくなりますが、我が家に仲間入りしたのは東芝 ZABOONのTW-117A8Lです。

ドラム式洗濯機を導入するにあたって、基礎知識はこちらで確認できます。

▸洗濯機選び方ガイド

 

ドラム式は電気代高め

調べた中で気になったのが、電気代。

洗濯乾燥機は温かい熱で乾燥するため、電気代が結構かかります。
だいたい一回あたり25~50円ほど。

なので、エコで省エネである、「ヒートポンプ式」を選びました。
「ヒートポンプ式」のドラム式は本体価格が高くなりますが、省エネ性能に長けています

ドラム式は大きな買い物だし、長く使うものなので、ちょっとでもいいものを選びたいですよね。

ちなみに、Panasonicのドラム式洗濯機はほぼヒートポンプ式でした。

Panasonicはドラム式洗濯機の中でも人気ですが、新品価格は20万前後です。

容量

ミニマリストはできるだけコンパクトのものを選びたいですよね。

とは言っても、ドラム式ってそもそもがデカいです。
平気で重量70㎏とかします。

「ドラム式は縦型洗濯機よりもサイズ大」という前提で、洗濯容量が小さいものを選べばよいでしょう。

わたしは洗濯容量をあまり気にしていなかったので、これは失敗点です。
価格で判断し購入したので、洗濯11㎏/乾燥7㎏というファミリータイプを購入しました。

 

ミニマリストには大きすぎるサイズになってしまいましたが、このサイズであれば布団や毛布も丸洗いできます

また、数日分を一気に洗濯できる、というポジティブな面もありますね。

サイズ

アパートやマンションによっては防パン(洗濯機置台)があると思います。

ドラム式は、足の部分が防パン内にハマれば設置できます。

なので、外寸でなく内寸を確認しましょう。
(扉部分が防パンからはみ出ていても、床から浮き出ます。)

また、『防パンにハマらないサイズを購入してしまった!』場合でも救済措置があります。

このような洗濯台を下に設置すれば、サイズも高さも自由自在です。

振動音も軽減できる優れものです。


わたしが選んだドラム式

そうして選んだのがTW-117A8Lです。

こちらの決めた理由は、

ヒートポンプ式
15万前後
防パンにぴったり

だったからです。

ヒートポンプ式の15万前後となると、Panasonicは選択肢から外れます。
また、自動洗剤などの機能もいりません。

中古でも良かったのですが、ちょうど良いものが見つからなかったので新品を購入しました。

▸アマゾンランキングから探す
▸楽天市場のランキングから探す

ドラム式の買い方

高価なドラム式洗濯乾燥機は、量販店やネットなど、どこで買えばよいか迷うと思います。

比較については、家電はどこで買うと安い?ネットがお得?【店舗とネットの比較】の記事でメリットデメリットをまとめています。

わたしは店舗とネットを比較して、楽天でドラム式を買いました。

楽天セールを狙って買えて、送料設置込みで店舗より安かったからです。

設置(1F)・試運転は、+1000円だったのですが、お願いして正解でした。

ドラム式は、屈強な大人2人でも持ち運びが少々手こずるし、設置がタテ型洗濯機よりも大変そうでしたね。

洗濯という家事から逃れられる最高の家電

ドラム式を使ってみて想像以上に感動しました。

モノを持たないミニマリストでも買うべきです。時間やモノの断捨離ができます。
初期費用はかかりますが必ず元が取れます。
一人暮らしであっても買うべきアイテムです。

2年で元が取れる、最高のパートナーになってくれることでしょう。

 

▸アマゾンランキングから探す
▸楽天市場のランキングから探す

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事