電気代を少しでも安くしたい|今すぐできる電気代節約術【固定費削減】

毎月かかる電気代を少しでも安くできたら嬉しいですよね。

「でも、こまめに電気を消したりするのはめんどください」

そんな方にぜひ先にやってほしいことが電力会社を選ぶことです。

わたしは電力会社を見直して、生活費5万円で暮らせるようになりました。

関連>>【生活費月5万円達成】ミニマリストが実践した倹約の始め方|固定費削減

この記事では、電力会社の変更手順や、電気代を今すぐ節約する方法をいくつか紹介します。

今すぐにできる電気代節約術


今日から電気代を節約する方法があります。

それは、こまめに電気を切ったり、コンセントを抜いたりといった、ケチケチ節約ではありません。

見直すだけで電気代が下がるコツなので試してみてください。

①契約アンペアを見直す    |優先度★★★


ひとつめは、自宅の「契約アンペア数」を見直すことです。

アンペア(A)は電力量を示しています。
アンペア数が大きいほど、同時に使える電気量が増え、基本料金も上がります。

今すぐに自宅の契約アンペアをチェックしてみましょう。
このアンペア数を変更するだけで月100円~節約できます。

契約アンペアの確認方法
「契約内容がわからない」
「契約アンペアの確認方法は?」
てっとり早いのは、毎月ポスト投函される“電気使用量のお知らせ”を確認しましょう。
毎月の電気代とともに契約内容も記載されています。
また、現在契約の電力会社のWEBページでなどでも確認することができます。
適切なアンペア数
1~2人暮らしであれば30Aで十分です。
40~50Aで契約している人は見直しをおすすめします。
自分に合った電気量を把握したい、という方は電力量のシミュレーションをしてみましょう。
電力会社のホームページで確認することができます。



アンペア数を見直すだけで、ケチケチ電気を消さずとも基本料金が節約できます。

わたしはオトナ女子のためのお金の基本200を読んで、即実行しました。


オトナ女子のためのお金の基本200

この本では、意外と知らなかった節約方法も紹介されているのでおすすめです。

②電力会社を変更する     |優先度★★★

現在の電力会社から乗り換えることで、年間1~3万円ほど安くなるケースがあります。

電気代は「量」を減らすよりも「会社」選びに目を向けてみると良いです。

電力会社の変更に馴染みがない方もいると思いますが、2016年4月から「電力自由化」が始まりました。
【参考】経済産業庁政策

以前までは、地域で決められた電力会社としか契約できませんでした。
しかし電力自由化になった現在は、各家庭が自由に電力会社を選べるようになったのです。

電力会社はプランも料金も様々

どこの会社を選べばいいの?
乗り換え方って難しそう・・・

電力会社はプランも料金も様々です。

使い方やプランにもよりますが、今契約している会社よりも安い電気会社があれば乗り換えてみるのもひとつの方法です。

選ぶポイントとしては、基本料金が0円の電力会社がよいです。

基本料金ゼロ円の電力会社

✔基本料金、解約金が0円
✔使った分の支払のみ
✔基本料金、解約金が0円
✔楽天ポイントで支払いできる
楽天のでんき まちでんき【楽天エナジー】

電力会社は選ぶときはお住まいの地域に対応しているか確認する必要があります。

電力比較サイトがあるので自分の地域で使える電力会社を確認してみましょう。



電力会社の変更手続き

電力会社の乗り換え手続きは超カンタン。

現在の電力会社に解約手続き不要で、新規の電力会社に申し込みするだけ、です。

楽天ユーザーのわたしは楽天のでんき まちでんき【楽天エナジー】を利用しています。

楽天でんきは基本料が無料、さらに楽天ポイントが貯まって、ポイント払いもできるのでお得です。

楽天でんき

・基本料金ゼロ、使った分だけ支払い
・使えば使うほどポイントが貯まり、ポイント払いできる
・WEBでカンタンに申し込みできる



楽天でんきへの変更手続き

ここでわたしが利用中の「楽天でんき」の乗り換え方を解説します。

※検針票(電気代の明細)を準備しておきましょう。

1.シミュレーション

契約しているエリア、契約内容、月の電気使用量を入力。
2.申し込み
現在の契約内容より安くなれば「申し込み」に進む。
検針票を見ながら内容、個人情報を入力。

検針票の記載情報

・現在利用の電力会社
・お客さま番号
・供給地点特定番号
・契約中のプラン、容量など

入力情報を確認して、申し込み完了です。
おつかれさまでした!

「え?もう終わり?今の電力会社に連絡はしなくていいの?」
あとは現在利用の電力会社が手続き・変更をしてくれます。
なので、こちらからすることは何もありません。
変更連絡の通知が後日来るので、ふむふむと眺めるだけでOKです。

③電灯をLEDに変える     |優先度★★


蛍光灯をLEDに変えるだけで大きく電気代が節約になります。

LEDの消費電力は約1/10の電力です。
LEDの方が値段は高いですが、長い目で見れば早めに切り替えた方がよいでしょう。

また、
・衝撃に強く壊れにくい
・電球寿命も長い
ので、交換の手間も省けます。

ついでに、キッチンやトイレなどの小さな白熱球もLED電球に変えることをおすすめします。

参考:電球の選び方ガイド

④電化製品を使わない     |優先度★


ミニマリストに多いですが、そもそも電化製品を使わないことで電気代を下げられます。

☑テレビ
☑洗濯機
☑冷蔵庫
☑ケトル
☑電子レンジ、オーブン
☑掃除機

日常でよく使うものですが、使用頻度を見直してみるとよいです。
または、まるごと断捨離するのもアリですね。

わたしはテレビとオーブンを断捨離しました。

今すぐにできる電気代節約術まとめ

今回は固定費削減のうち、「電気代」を下げる方法をいくつか紹介しました。

 

電気代節約術まとめ

①契約アンペアを見直す
②電力会社を変更する
③LED電灯、電球に替える
④電化製品の使用頻度を見直す

見直すだけで電気代が下がるコツなので試してみてください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事