プラスチック収納をやめてみる【収納しないシンプルな収納が快適】

収納グッズを使うと見た目がすっきりしますが、家じゅうで使えるので多くなってしまいがちです。

とくにプラスチックのケースはお手頃価格で買えるので余計に増えてしまいます。

わたしはミニマリスト生活になってから収納を見直して、プラスチックの収納を買わなくなりました。

今回は収納グッズをやめるメリット・デメリットや、収納しない収納アイデアをまとめていきたいと思います。

収納グッズをやめてみた

SNSや店頭でのおしゃれな収納例を見ると、マネしたいと思って買っちゃいますよね。

わたしもカラーボックスという収納グッズを持っているにもかかわらず、専用の引き出しケースを3個買ったことがあります。

たしかに見た目はすっきりしますが、引き出す手間があるし、ごちゃついたモノを隠しているような気がしました。

整理整頓のための収納なのに、出しにくかったら余計に片づけが捗りません。

わたしはそんな増えすぎた収納グッズの数を見直そうと思い、捨ててみました。

プラスチック収納をやめてみる

100均や無印に行けば、便利な収納アイテムがたくさんあります。

中でもプラスチックのケースは100円、200円で手に入り、安いからという理由でつい買ってしまいます。

わたしも透明の収納ケースが好きで集めていた時期がありました。

しかし少ないモノで暮らすようになってから収納ケースも見直し、新しく買わないようにしています。

収納ケースがなくても代用できないか、直接モノを置いてみてはどうか、と考えるのは結構楽しいです。

収納グッズを無くすメリット

収納グッズを無くしてみると、モノの量が一目瞭然です。

「見せる収納」のように、上手く配置すればインテリアっぽくにもなります。

カラーボックスに直接収納する

 

これだとモノを探す手間を省けるので、いつもより探し物も減ります。

ワンアクションで手に取れるという優れた点もあり、元の場所に戻す動作もラクです。

収納ケースがないとたくさん入らないと思うかもしれませんが、余白が生まれて見た目もスッキリしますね。

スポンサーリンク

デメリット

収納ケースを多用すると、元に戻すのがめんどうで逆に片づけできなくなりがちです。

わたしもカラーボックス用の引き出しを買ったはいいものの、気づけばどこに何があるか分からなくなりました。

収納グッズで見た目はすっきりしても、出したら戻すことができないと片付けがストップしてしまいます。

収納のプロも、片づけが苦手な人ほど収納グッズは捨てなさいとアドバイスしているので、できるだけ収納用品に頼らないようにしたいですね。

kindle Unlimitedで0円で読む

 

スポンサーリンク

収納しない収納

収納ケースを無くすと「収納しない収納」になります。

たとえば、調味料を収納ケースに入れることもあると思いますが、我が家はそのまま入れます。

キッチン下の収納

 

液だれが気になるときは、随時拭いたり下にシートをしいておくと清潔です。

備蓄用品もそのまま入れています。

予備の日用品

 

このように「収納スペース」に「収納ケース」を入れて2重になることはなくなりました。

整理整頓コツは収納しない

いくら便利グッズを買ったとしてもキリはありません。

プラスチック収納を減らして分かったことは、目的は整理整頓する、ということでした。

収納グッズや引き出しを増やすことではなく、整理するために収納グッズを買う。

これを機会に別になくてもいいようなモノを手放してみることをおすすめします。

 

関連:捨てない片づけをミニマリストが実践してみた【シンプルにできる】