ミニマリストに収納スツールがおすすめ!メリット・デメリットは?

収納スツールは、収納入れ兼ソファーになるアイテムです。

大きな家具や家電も入り、収納場所も取らないので、すっきり暮らしたい方やミニマリストにぴったり

段ボールや収納グッズも手放せるので、引っ越しのときにも役立つアイテムとなりました。

今回は、収納スツールを使ってみて感じたメリットやデメリット、スツールの選び方を紹介したいと思います。

ミニマリストには収納スツールがおすすめ


収納スツールは、ソファー替わりになる収納グッズです。

わたしが収納スツールをお手本にしたのは、ミニマリストしぶさん。


イスとしても使えるし、収納もできるし、しぶさんも持っているから欲しいなーと思っていました。

以前、ラーメン屋さんの待合席に収納スツールが使われているのを見て、ミニマリストにもぴったりだと感じ購入してみることに。

さっそく使ってみたのですが、想像以上の便利アイテムとなりました

収納スツールのメリット

収納スツールは“ソファーや椅子の代用になる”というメリットがありますが、ミニマリストとしてのおすすめポイントは、以下の3つを手放せることです。

✔ダンボール
✔椅子やソファー
✔収納グッズ

 

収納スツールを導入することでこれらが無くなり、部屋の中がスッキリしました。

ダンボールが不要


まず、部屋じゅうにある段ボールが不要になりました。

「ダンボールはある分だけ邪気が溜まる」ということを全捨離したら人生すべてが好転する話で知ったので、極力減らすようにしていましたが、収納スツールのおかげでさらに減らすことができました。

また、収納スツールに荷物がまとめて入っているので、あちこちにモノが散乱しないのもメリットです。

移動するのも楽なので、引っ越しのときはもちろん、模様替えをしたいときにも便利ですね。

これから引っ越しを考えている人や、ダンボールを減らしたい人にはおすすめです。

イス・ソファーも手放す


収納スツールは、イスやソファー代わりになるので、大きなソファーも不要になりました。

たとえば、ちょっと高いところを掃除したいというときにイスが無くても、スツールが活躍します。

どのくらいの重さまで耐えられるのかが気になると思いますが、スツールは耐荷重が約80~100㎏なので、重たいものでも安心です。

わたしが購入した収納スツール ボックス幅110は、耐荷重なんと200kgでした。

強度が意外とあるのは収納スツールの魅力です。女性なら4人くらい乗っても大丈夫な重さですね。

多すぎる収納グッズの整理

いつのまにか増えてしまった収納グッズも整理することができます。

たとえば、衣装ケース。

収納スツールにすべて入れてしまえば手放すことができますね。

大きな家具が減ることで、クローゼットや部屋空間も広くなります。

あとは収納ボックスや小物入れも不要です。

小さな収納がいくつかあるよりも、ひとつにまとめた方が場所をとりません。

収納スツールを開ければすべてモノが入っています。

どこに何をしまったか探す手間も省けますね。

スポンサーリンク

使ってみた感想・デメリット

わたしは多くのモノをまとめて収納したかったので、大きめサイズの110cm幅を購入しました。

オールシーズンの服や、日用品などの備品がすっぽり入るサイズです。

材質は汚れにくいレザータイプのベージュを選びました。

イスとして使えるフタの部分は固めのソファーという感じで、長時間座っても痛くなく座り心地はよいです。

使ってみてわかったのですが、このフタがちょっと閉まりにくいのがデメリットです。

日常で使わないものを入れているので開閉する機会は少ないと思いますが、フタと収納本体がもう少しフィットするといいかなと思いました。

また、密閉された状態になるので、出し入れしたときにかるく換気するとよいですね。

スポンサーリンク

収納スツールの選び方


スツールを買うときに見ておくべき点は3つです。

 

収納スツールの選び方

1.サイズ

2.材質
3.耐荷重

 

あとは折りたためるかどうかも確認しておくと良いです。

持ち運びが少しでもラクな方がいいですよね。

1.サイズ

まずは好みのサイズを決めましょう。

正方形の小さなものや、背もたれのあるタイプもあります。

わたしは長方形で大きめサイズを選びました。

クローゼットに入れておきたいという人や、狭いスペースを活用したい人は、自分の部屋の間取りを考えてサイズを選ぶと良いですね。

2.材質

材質は主に『布』と『レザー』タイプがあります。

『布タイプ』
■安価なものが多い
■カラーも豊富

『レザータイプ』
■汚れにくい
■補強度もしっかりしている

長い目で使うならレザーがおすすめです。

3.耐荷重

どのくらいの重さに耐えられるかも確認しておきましょう。

イスとして使う分ならだいたいは大丈夫です。

スツールの上に立ったり、寝転びたいときは80kg~がおすすめです。

おすすめ収納スツール

わたしが購入したのはMZ Home 収納スツールです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スツール 収納スツール 収納付 110cm×38cm×38cm ボックススツール...
価格:4360円(税込、送料無料) (2022/1/16時点)

選んだポイントは、
・レザータイプ
・大きめサイズ(幅110)
・折りたたみ可能

で、加えて楽天市場のスツールでランキング1位ということもあります。

収納としても優秀、
イスとしても優秀。

一人二役はミニマリスト心をくすぐりますね。

また、嬉しいことに仕切り版もあったので、さっそく活用しました。

クリーム色なので、部屋のインテリアにもなります。

人気の収納スツールは?

アマゾンランキングだと山善 収納 スツール が人気です。

ミニマリストしぶさんが紹介していたものですね。

大きさは、 幅76×奥行38×高さ40cm 。一人暮らしにはちょうどいい大きさですね。

2つ以上使って組み合わせたりカスタマイズできるのも魅力です。

収納スツールはミニマリストにぴったり

収納スツールはミニマリストにぴったりです。

使ってみた感想は、想像以上に便利でした。

  • ダンボールを減らせる
  • 椅子やソファー代わりになる
  • 収納グッズを少なくできる

 

収納スツールがあれば、収納アイテムが減らせるし、片づけするにもまとめて詰め込むだけなので、簡単で便利です。

スツールは大きさも選べるので、収納に困っている方にもおすすめです。

>アマゾンで探してみる
>楽天市場で探してみる