ネット買い物がやめられない人の特徴・解決策【わたしが実践した2つのコツ】

・欲しいものをついつい買ってしまう
・出かけるたびにたくさん買ってしまう

魅力的なものを発見してまったら買わずにはいられませんよね。
わたしも過去に衝動買いをしたことが何回もあります。

とくにネットショッピングは購入のハードルが低く、気づくとポチっと買ってしまいます。

 

しかし断捨離をはじめてからは衝動買いをすることがなくなりました。

今回は
☑買い物がやめられない人の特徴
☑買い物を減らすコツ
を紹介していきます。

買い物がやめられない人の特徴

自由な時間が多い


主婦や大学生など、自分が自由に使える時間が多い人ほど、買い物ぐせがあります。

タスクやルーティンがなければ空き時間をだらだら使ってしまいがちです。

わたしも休みの日はだらだらしてネットショッピングばかりしていました。
欲しいものを次から次へと買ってしまうのです。

時間がたっぷりあれば買い物したくなってしまう、ということを認識することが大切ですね。

働いていない

自分が働いていなく、家族に工面してもらっている人はお金を使い過ぎる傾向があります。

自分で働いたり、お金を稼いだりしていないので、お金の大切さを知らないのです。
またお金の正しい使い方も分かっていないため、好きなものを好きなだけ買うことで満足を得ています。

自分で買い物欲求をコントロールできていないと自覚があれば、注意しましょう。

部屋が汚い

買い物がやめられない
=モノがあふれている
部屋が片付いていなく、汚くなります

自分の部屋を見渡してみてください。

足の踏み場はありますか?
着た洋服や上着は投げっぱなしになっていないでしょうか?

モノが多ければ、どこに何を収納したかも分からなくなり、既に持っているのに同じものを買ってしまったりします。

お金を使うルーティンがある

「帰り道の途中に必ずコンビニによる」
「食後にはデザートを買う」
「移動中は自販機で飲み物を買う」

など、数百円の買い物でも、それが習慣化している人は注意が必要です。

必要なとき、または欲しいときに買うはずなのに、「必要ないし欲しくない」のに買ってしまうのがルーティンの悪い点です。

この場合は、自分が毎日何にお金を使っているのか、見直してみると気づくと思います。

それでも「何を習慣的に買っているか分からない」のなら、財布やスマホを持ち歩かないで過ごしてみると良いです。

財布を持たなければ、どんなときにお金が出ていくのか、に気づくことができます。

番外編:ノーマネーデーをつくる

買い物欲求にうんざりしたら、「ノーマネーデー」=お金を使わない日を作ることです。

家にあるもので料理したり、読書やウォーキングを取り入れたりすると、案外お金って使わなくてもなんとかなるじゃん!という感覚が身に付きます。

そしてその日を楽しめることができれば、お金をむやみに使わない癖がつくと思います。

ただ、ストレス負担がかかったり、極限にやりすぎたりするとリバウンドしてしまうので、自分の心理状態を優先にしましょう。

買い物欲求に即効果!依存から克服する2つのコツ

これから紹介するマインドを徹底すれば、すぐに買い物を減らすことができます。

私はこのコツを意識した結果、おおよその女子必須アイテムを減らすことができました。

断捨離したもの
洋服・・・各シーズンごとに20着ほど「全部でみかん箱1箱分」
化粧品・・・リップだけで10種類以上「メイク道具は全部で5コ」
靴・・・シューズ2足、パンプス4足、ブーツ2足、サンダル3足「靴は全部で3足」

約1年間で、買い物を減らし、さらに断捨離をすることができました。

結果的にだいぶモノが減って、部屋も心もスッキリしました。
これを維持したいので買い物の量も極端に減りました。

捨てるべきコツ①:『見栄』

捨てるべきは『見栄』(みえ)です。

人は誰しも他人と比べてしまいます。
特に何でもすぐに買ってしまう人ほど、他人と比べがちです。

人と比べるとどうしても「人よりいいモノがほしい」「いい服を着たい」「あのモデルのように美しくありたい」と考えてしまいます。

しかし、そこにはきりがありませんし、他人からよく思われたいという感情は至って不毛です。

心理学でも、自分自身が一番自分のことを気にしている、とあります。

実際、人はそれほどあなたの意識を気にしていないし、仮にお互いが見栄を捨てられずにいれば一生いたちごっこです。

もちろん、人から見るあなたの印象は、あなたの着る服や容姿をイメージのひとつとしてとらえますが、見栄を張り続けることに終わりはありません

自分の良さに気づく

ここで超重要なのは、自分の良さに気づくことです。

人に合わせなくていい。
流行りのファッションになんて乗らなくていい。

自分は自分、自分だけの光るものを見つけましょう。
ひとつでもいいので、自分の自慢ポイントを探すとよいです。

また、他人や流行に合わせているということは、他人の時間に生きていることになります
主観で物事を見れていないため、自分の時間を生きていないのです。

もう一度言いますが、人がどう思うかでなく、大切なのは自分がどうあるべきか、を一度考えること。

そうすれば、自分にとって本当に必要なモノとそうでないモノの区別がついていきます。

捨てるべきコツ②:『最新』

“新しい”モノにも、キリがありません。

今季発売されたばかりの○○、最新家電、新作の○○、期間限定品・・・

メーカーやショップ側は、お客の購買意欲をどんどん惹きつけるために、新しい商品をどんどん売り出していきます。
当然、そんなものに付き合っていてはキリがありませんね。

また、

新しいもの=いいもの

と考えてしまっていないでしょうか。

もちろん、最新のモノは優れたものが多いですが、全てが“いいもの”とは限りません。既存の商品にだってそれぞれの良さがあります。

お気に入りを見つける

ここで提案ですが、自分のこだわりあるものをなるべく厳選すると良いです。
自分のお気に入りを見つけるといった感じですね。

他は新しいものに目移りしないよう、今持っているものを大切に、大事に、使っていきましょう
モノも長く使われた方が嬉しいですし、何より愛着がわきます。

ここで矛盾していることを言いますが、私は毎日使うものは最新のモノを取り入れています。
スマホやパソコン、靴などです。毎日何時間も共にするので、ここにはお金をかけています。

それでも買い物がやめられない方へ

人は自分に弱い生き物です。気を緩めればすぐに甘えてしまいます。
買い物がやめられない人に限った話ではなく、何かに依存してしまうとなかなか治せないものです。

そこで根本的に変えていくとするならば環境を変える必要があります。

都市や町から距離を置いて郊外に泊まってみたり(または移住)、1週間のうち出かけない日やネットを断つ日を作ったり、物理的に可能な仕組みを作ることが大切です。

できるだけそういった環境に身を置けるよう、今日から周りを見渡していきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事