読書はお金がかかる?年間200冊以上読んで分かった無料で読む方法

本を読みたいけれどお金はかけたくない。
無料でたくさん本を読む方法を知りたい。

読書が趣味だけど、なるべくお金をかけずに本を読めればうれしいですよね。

わたしも年間200冊以上読んでいますが、図書館を利用したり本のサブスクサービスを使って、無料でもたくさん読んでいます。

今回の記事では、本を無料で読む方法を4つ紹介します。

 

✔本を無料で読む方法
・図書館を利用する
・カフェや温泉施設で読む

・メルカリ読書する
・サブスクを利用する

 

たくさんの本を無料で読みたいと考えている方は参考にしてみてください。

 

読書はお金がかかる?

まず、わたしの1ヵ月の読書事情をさらっと書きます。

・図書館で5~10冊借りる(無料)
・ネットで1~2冊購入(約3,000円)
・オーディブルで3~4冊(無料)
・kindle本を1~2冊(無料)

本を買うこともありますが無料でも読みつつ、毎月の本代は1,000~3,000円ほどでした。

3,000円といっても買った本は売ることもありますし、ケチらずに月に1万以上買うこともあります。

わたしは読書が好きなのである程度はお金をかけていますが、なるべく本代を抑えたいときは「お金をかける本」と「無料で読める本」と使い分けるとよいです。

お金をかける本、無料で読める本

たとえば「この本を読みたいけど、買うほどじゃないな」という本は図書館で借りてみてもいいと思います。

逆に、好きな著者の本や何度も読み返したい本なら、お金をかけても損はしないです。

買ったとしても1冊数千円。それで著者の知識やノウハウが手に入れば安いほう。

図書館で借りるか、本を買うか迷うときは以下の記事も参考にしてみてください。

 

本を無料で読む方法

本を無料で読む方法を5つ紹介します。

✔本を無料で読む方法
・図書館を利用する
・カフェや温泉施設で読む

・メルカリ読書する
・サブスクを利用する

 

一部お金がかかるものもありますが、できるだけ無料で利用できる方法をまとめてみました。

図書館を利用する

本を無料で読むには図書館の利用が王道です。

図書館を利用すれば、何冊もタダで読むことができますね。

わたしは田舎住みなので近所に図書館はないですが、通勤途中に寄ったり休日に行ったりしています。

読みたい本を簡単に探せるネット予約

図書館で必ず利用したいのがネットの予約サービス蔵書検索です。

これを使えば読みたい本を簡単に探せるし、自宅で本の予約もできます。

たとえば自分の行きつけの図書館に読みたい料理本がなかったとしても、市町村内の図書館から取り寄せてもらうことができます。

市町村ごとに図書館のネット予約サービスがあると思うのでぜひ使ってみてください。

カフェや温泉施設で読む

ここ最近はブックカフェが増えてきて、買う前の本をカフェに持ち込んで本を読むことができます。

会計前の本を持ち込んでいいのか?とびっくりしますが、コーヒーを注文した方のみ店内の書籍を試し読みしたり席に持ち込んだりできます。

たとえば蔦屋書店では、スタバ、タリーズ、カフェラウンジが併設されている店舗があります。

近くにブックカフェがあれば利用してみてもいいですね。

温泉施設、ホテルなども

銭湯などの温泉施設、ホテルや旅館などの中にも書籍を取り揃えている施設があります。

温泉施設内にて

 

わたしは温泉後に読むことが多く、ストレッチをしたり、ハンモックに揺れながら読んだりしています。

施設内に本棚コーナーがあれば本や漫画を買わずに読むことができますね。

メルカリ読書する

メルカリ読書法という便利な方法があります。

これは、買った本をすぐメルカリに出品して売れる前に読み切る、という方法です。

メルカリ読書の良いところは、買った本を売上金にできて実質数百円で本が読めることです。

わたしはこのメルカリ読書のおかげで、本棚がいらなくなったし、買った本を溜めこまなくなりました。

メルカリは全巻で出品している人も多いので、漫画の大人買い、一気読みにもメルカリ読書が便利です。

サブスクを利用する

本の読み放題サブスクを利用すれば、本を買わずにいつでも何冊でも本を読むことができます。

スマホやタブレットでいつでもどこでも本を読めるので、スキマ時間が有効に活用できますね。

定額の読み放題サービスは、1冊あたりの本の購入コストを抑えられるので、たくさん本を読み倒したい方におすすめです。

お試し期間中であればお金をかけずに無料で本を読むこともできますね。

スポンサーリンク

まとめ

本を無料で読む方法を4つ紹介しました。

✔こんな方におすすめ
「知識をふやしたい」
図書館を利用する
「本や漫画をゆっくり読みたい」
カフェや温泉施設で読む
「大人買いしたい、だらだら読むのをやめたい」
メルカリ読書する
「たくさん読みたい、どこでも読みたい」
サブスクを利用する

 

施設やサービスを利用すればお金をかけずに本を読むことができます。

 

最後にわたしが読んでよかった本を紹介します。

興味のある記事があれば参考にしてみてくださいね。