読書ができない人向け!速読術なし【これだけですぐ読破できます】

「本を買ったけど、本棚に積んである」
「読書が続かない、最後まで読めない」

そんな読書が苦手な方はたくさんいるのではないでしょうか。

私はもともと読書が好きなので、早くて一冊1時間で読んでしまいます。

というのも、昔から速読できたわけではありません。
ちなみに速読の本も読みましたが、いまいち効果がなかったです。

今回は、年間200冊以上本を読む私が試してみた中で、本を読破するコツを紹介します。

読書ができない理由は?

1.読む目的が不明確


ひとつは、本を読む目的が決まっていないからです。

本を読むとき、何のために本を選んでいるかを考えることが大切です。

・自己成長のため
・人気で話題だから
・誰かがおすすめしていた本だから

などように、その本を読む目的がないと、なかなか本を読み上げることができません。

なぜその本を読むのか、その本を読んでどうなりたいのか、を考える癖をつけることが大切です。

私は気になった本は手に取る前に、「この本から何を学びたいか」を意識しています。

また、本を読むときにも「自分だったらどうするか」を意識して読むと良いです。
本の内容をより吸収して自分のものにできます。

2.全部読もうとしている

読書ができないときは、全部読もうとしているときです。

「一文字一句全てに目を通さないといけない
と考えているからです。

ぜんぶ読んじゃダメなの?

たしかに、本の内容を全て吸収しないと気が済まない人もいると思います。
さらに、新品本となると、その支払った以上の価値を取り返したくて、全部読もうとしがちです。

しかしこれはよくない読書方法です。

私は数十冊の速読法や読書方法の本も読んできました。


しかし、どれも「内容全てを読み上げなさい」などとは書いていなかったです。

ではどうすれば良いのか。

答えは簡単で、目次をさっと読み、気になる見出しだけを読む。
これだけでOKです。

それじゃあ本の内容が理解できないよ
という方もいると思います。
しかし、同じ本を読んでも、人それぞれ着眼点が違います。
たとえば、読書感想文を書くとみんなが同じ感想なるでしょうか。
人それぞれ、感じたことや気づけた箇所が違うように、学びや発見もまた人それぞれです。
なので、その本に書かれている大切なキーワードを見逃したからと言って、全て読み込む必要はありません。
人の出会いと同じように、本の内容もまた出会いです。

3.期限を決めていない


読む期限を決めていないと、なかなか読破できません。

実は、本には“賞味期限”があります
食べごろ(読みごろ)と考えると分かりやすいです。

本の一番の食べごろは『その本を買ったとき/手にしたとき』です。

本を手にした瞬間が最も読む気力がある=“読みごろ”です。

なので、買ったその日にできるかぎり読むことが勝負です。
時間が経つと、あんなに読みたかった本でも次第に関心が薄れてきてしまいます。

大事なので、もう一度言いますが、本には賞味期限がある、ということを意識しましょう。

賞味期限の切れた=買ったけど読んでいない本は、その本から手に入れたい情報が現在ないということです。
後で読もうと思って置いておくのは私はあまりおすすめしません。

4.活字が苦手


活字に苦手意識があると、本が読み進められません。

私の知人に「本を開いた瞬間、あくびがでて眠たくなる」という人がいます。
本を読みたいと思って買ったのにも関わらず、読むことに対してどこか消極的に感じます。

他にも活字を見ただけで参っちゃうだとか、文字が頭に入らないという人もいるようです。

速読なし、本を読み切るコツ

本を買ってもなかなか読めないという人向けに、本を読みきるコツを考えました。

1.借りる


本は買うだけでなく、図書館などで『借りる』こともできます。

私が本を読み始めるようになったときは、よく図書館で本を借りていました。

図書館は便利

図書館で借りるメリットは『本を買わずに済む』ことと、『期限内に返却しなければならない』ということです。
そうすれば、本を読むことに意識が向きやすくなります。

地域によって差はあると思いますが、図書館ではビジネス本や自己啓発、資格本なども豊富に取り揃えてあります。

私の地元の図書館は、新書で読みたい本があれば、リクエストもできました。
なので、わざわざ読みたい本を買う必要がありません。

2.メルカリ読書


メルカリ読書法という便利な方法があります。

これは、買った本をすぐメルカリに出品して売れる前に読み切る、という方法です。

本が売れたら発送しなければいけないので、締め切り効果を使って集中して読むことができます。
しかも買った費用を売上金にできるので、実質100~300円ほどで本が読めます。

買ったけど読む機会がない本は積極的に出品して、メルカリ読書をしていきましょう。

読書ができない人向け!速読しなくてもしっかり読めます

この記事のまとめです。

読書ができない理由
読む目的が不明確
全部読もうとしている
期限を決めていない
活字が苦手

 

速読なし、本を読み切るコツ
借りる
メルカリ読書

早く読み切ることよりも、本の本質を理解しながら読むことで本から学びを得れます。

「本を借りて読む」ことと「メルカリ読書」はおすすめなので、ぜひやってみてください。

【2020年度版】投資信託初心者向け!無料でも読めるおすすめ本3選

暇な時間を有効に使う【読めば元気が出る本5選】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事