断捨離すれば無駄遣いが減る【ものを減らして分かった4つのこと】

今月は「毎日何かひとつ捨てる」というのを継続した結果、部屋が少しすっきりしました。

毎朝「今日は何を断捨離しよう」と考えるのは、楽しい反面、「やばい、今日は捨てるものがないぞ」って日もありました。

しかしなんとか1ヵ月継続することができ、40個くらい断捨離できたんじゃないかと思います。

1.自分にとって不要なものが分かってきた


「毎日1捨て」を続けると、自分にとってこれは必要か否かがよくわかるようになってきます。

また、断捨離を毎日していると、
「あれ、これっていらなくない?」
と思うものがたくさん出てきます。

一年くらい使っていないものであれば、それは断捨離の対象です。

メルカリに売るか、リサイクルに持っていくか、処分しましょう。

私が今月捨てたものはというと

・ポイントカード5枚ほど
・観賞用の流木
・本3冊(メルカリで売れました)
・菜箸
・かわいい巾着袋
・賞味期限切れの七味

などです。

小物が多いですが、一個でも無くなると気分もスッキリします。

2.ものを新しく買うことに抵抗を感じるようになった


断捨離してものを減らすことを続けていると、新しいものが増えたときに抵抗感があります。

どんなに便利だったり、オシャレだったり、欲しいものでも、
「ものが増えるのは嫌だな」
と思うと諦めがつきます。

私は毎日コーヒーを飲むので、コーヒーメーカーが欲しいなーと思っていました。

ボタンひとつで毎日美味しいコーヒーが飲めることに憧れを抱いていましたが、
「でも、ものが増えるじゃん」
と思ってすっぱり諦めました。

私はコーヒーに特にこだわりはないし、市販のインスタントでも十分だと思っています。
ちなみに今はドリップにはまっていますが。
(楽天で一杯7円くらいで買えます)

せっかく断捨離をしてものがなくなったのに、また新しいものを買ってくると、いつまで経っても整理整頓されません。

せめてひとつ何か買ったら、ひとつ代わりに何か捨てるように心がけています。

3.自分の価値観がわかるようになる


断捨離した分、前よりも新しく何かを買う時に慎重になりました。

すると、自分にとって、何にお金をかけるべきかがわかるようになります。
私の場合、食べ物にこだわりはないので食べられれば安くてもいいです。

逆に、毎日使うスマホやパソコンには多少お金をかけています。

何にお金をかけるか、のメリハリがつくと買い物基準も定まってきます。
すると自分のものに対する価値観がわかってきます。

4.断捨離で無駄遣いしない体質になれる

人によって「無駄遣い」の基準は違うと思いますが、少なくても浪費かどうかの判断はつくと思います。

ものを減らすと、ものの無い生活になれます。

私は最近車を手放しました。

最初は不便に感じることもあるかもです。
しかし不便だからといって困ることもありません。

限られたもので生活する術が身に付きます。

そうすると生活スタイルがぐんと変化して新しい発見が生まれます。

私も無駄を見直して新しいスペースを見つけることができました。

断捨離を始めて少ないもので豊かに暮らすことを実感してほしいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事