暇な時間を有効に使う【テレビ見るより、モノの断捨離】

こんにちは、やじーです。

こんなご時世なので、家での滞在時間が増え、テレビの視聴時間が伸びている、というニュースをネットで目にしました。

家ですることがなければ、なんとなくテレビをつけてしまいますよね。

そこで今回は、家でテレビを見て過ごすよりも、暇な時間をどう有効に過ごすのかを考えてみました。

有効な時間の使い方

前回は暇な時間を有効に使う【読めば元気が出る本5選】
ということで読書をおすすめしました。

今回は断捨離をおすすめします。

断捨離は、断捨離は、ものを手放すことです。

家の整理整頓も交えて不用品などを捨てると、部屋も頭もスッキリして気持ちの良い一日を過ごせます。

テレビより断捨離

わたしは暇な時間があれば、すかさず断捨離をしています。

気分がもくもくした時にすると心もすっきりするんですよね。

あとは、好きな時に、好きな音楽を聴きながら、好きな服装で楽しめるからです。

わたしにとってはテレビを見て過ごすよりも十分有意義です。

テレビは面白い番組がある一方、必ずネガティブなニュースが目に入ります。

見ただけで自分もなぜかネガティブな気持ちになってしまうので、私はテレビを手放しました

無作為に情報を得ることがないし、ニュースはネットで知りたいものだけを選択してみることができるからです。

今日は何を捨てる?

家の中がモノで溢れているという方は、まずは1日一捨てから。

なにかひとつでもいいので、モノを捨ててみましょう。

私もかなり断捨離してきた方ですが、まだまだ捨てるべきものはあると思います。

今月から断捨離を強化しようと思い、ホワイトボードに一日ひとつ断捨離したものを書き込むことを始めました。

たとえば最近の断捨離は、小物入れ巾着、観賞用の流木、今日は本のしおりを断捨離しました。

このように小さなものでも十分です。

ひとつでも手放すことができればミッションクリアです。

断捨離の効果

断捨離の効果は、なんといっても爽快感を味わえることです。

視野に入るものが減ると、それだけで心がすっきりします。

私は断捨離や片づけが好きなので、苦なく楽しくすることができます。

しかし、片づけとかめんどうに感じる方も多いと思います。

しかしひとつモノを減らしただけで物理的な圧力も減ります。

また、何かを捨てるとスペースが空き、そこに新しいものが入りやすくなるそうです。

新しいものを手に入れるためにはスペースが必要です。

そのためにスペースを作る=断捨離する、という考え方です。

手ごわい実家の片付け方法

片付けで一番厄介なのが実家の片付けです。

実家の片付けは場所を決めて断捨離していくと良いです。

家の中をすみずみまで片づけようとすると、かえってやる気を失ってしまい、逆効果です。

なので、今日は机まわり、明日はキッチン棚、あさっては客室、などと一部屋ずつ区切っていくと良いと思います。
また片付けスケジュールをカレンダーや手帳に書いておくと、ルーティン化できるのでおすすめです。

1人暮らしであれば、部屋の中のものを断捨離していけばそれで済みます。
しかし実家となると、範囲がさらに広くなり、長年放置されてきた不用品がたくさん出てくるんじゃないでしょうか。

私の実家もまだまだモノが多く、不用品だらけです。
全体的な掃除や片づけは月に一度はしているようですが、モノを処分していく、には至っていないようです。

「まだ使える」「いつか使うかもしれない」では、一行にモノは減りません。

確かにもったいなく感じますが、ものを多く抱え込んでいるリスクを考えれば早く手放すべきです。

私は実家に帰ると必ず何か断捨離をします。
そしてゴミ袋いっぱいにします。

その中でも売れそうなものはメルカリで販売したり、リサイクルに出したりしています。

年末年始だけではなく、日頃からこういった癖をつければ、いつでもお部屋はぴかぴかです。

暇な時間が増えると病むので即行動

行動経済学かなにかで、人が悩むのは暇だから、と知りました。

たしかにそうかも。

悩むときって何をしたら良いか分からないって時が多いです。

暇な時間を少しでも無くすために、断捨離は今すぐ取り組めると思います。

それでもやる気がないよって人は筋トレやウォーキングなど運動することをおすすめします。

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』という本にもありましたが、人間は本来、身体を動かす生き物です。
私も歯磨きするように運動しています。

また筋トレするとポジティブになれるので、経済不況でどよよんな日常が明るくなりますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事