オールバーズの汚れは落ちない?ジェイソンマークを使って検証。

Allbirds(オールバーズ)は、洗濯機で丸洗いできるスニーカーです。

わたしはほぼ毎日履いているので何度も洗ってきましたが、繰り返し履いていると痛んでくるし、汚れも落ちにくくなってきました。

そこで、シューズケア用品として大人気のジェイソンマークを使って洗ってみることに!

オールバーズの汚れは落ちるのか検証していきたいと思います。

LA発のジェイソンマーク

JASON MARKK(ジェイソンマーク)は、アメリカ・ロサンゼルス発のシューケアブランドです。

世界中のスニーカー愛好家から支持され、日本にも2022年1月に初の旗艦店が原宿にオープンしました。

スニーカー好きたちの間で評判が良く、高品質なシューケア用品を提供しているとのことで、スニーカーを持っているなら一度はそのプレミアムを使ってみたくなりますよね。

この投稿をInstagramで見る

 

Jason Markk(@jasonmarkk)がシェアした投稿

天然素材を使ったエコな靴シャンプー

ジェイソーンマークの代表的な製品である「プレミアムシュークリーナー」は、98.3%の成分が天然素材で作られているエコなシューズクリーナーです。

研磨剤や強い化学薬品が含まれていないので、スニーカーにダメージを与えずに汚れを落としてくれます。

靴にも環境にも優しいジェイソンマークは、環境配慮した今の時代にもマッチしていますね。

今回洗うオールバーズの靴も、天然素材を原料としているスニーカーです。

 

スニーカーを洗うために必要なもの

スニーカーを洗うために必要なものを準備します。

・プレミアムクリーナー(洗剤)
・シュークリーナーブラシ(専用ブラシ)
・水受けの容器
・タオル、布

 

洗剤と専用ブラシがセットになった「エッセンシャルキット」を使います。

サイズは小さめ(118ml)ですが約100足洗えるそうで、結構長持ちしますね。

汚れ具合にもよりますが、1本あれば家族分の靴も十分洗えてしまう量です。

(楽天だと送料がかかるのでAmazonで買うのがオススメ)

洗った後に拭き取るタオルや布も用意します。

また、スニーカーをキレイに保ちたいなら仕上げ用の防水スプレーを用意しておくと便利です。

わたしは今回準備しませんでしたが、これを使うだけで汚れもつきにくくなり、撥水・防水効果もあります。

スポンサーリンク

ジェイソンマークでの洗濯方法

ジェイソンマークのプレミアムシュークリーナーは、素材を問わずほぼ全てのスニーカーに使用できます。

レザー、スウェード、ヌバック、キャンバス、ビニール、ナイロン、コットン、メッシュ、ゴムなど様々な素材にご使用できます。

 

今回洗うオールバーズの靴はウールです。

やわらかい素材なのでブラッシング時が気になりますが、パッケージ裏に記載の使用方法に沿ってお手入れしていきたいと思います。

 

ジェイソンマークの使い方

✔ボウルに張った水にブラシを浸し、適量のソリューションをブラシに付ける
✔ブラシを再度水に浸したあと、余分な水気を切る
✔泡立てながら汚れている箇所をブラッシング
✔布かタオルできれいに拭き取る
✔必要に応じてこの工程を繰り返し、終了後に自然乾燥させる

 

スウェードやヌバックを洗うときは、必ず専用ブラシを使って使用方法どおりに洗い、ブラッシング前にできるだけブラシの水気を切ること、と注意がありました。

ボウルに張る水もバケツに満タン…ではなく、ブラシの先が浸る程度での少量で十分です。

そのほかは、変色や色落ちする素材もあるので目立たない部分から試してください、とのことでした。

目立つ汚れは落としておく

洗う前に汚れやホコリをブラシで落とします。

目立つ汚れを取っておくと洗ったときに汚れを広げずに済むので、できるだけ取っておきましょう。

洗濯前の状態はこんな感じ。

ソールとつま先の汚れが目立ちます。

ジェイソンマークは洗った後拭き取るだけでいいので、紐を外さずにそのまま洗っていこうと思います。

洗剤をつけてブラッシング

ブラシに洗剤を数滴垂らして、さっと水に付けます。ブラシを水につける→洗剤でもOKです。

汚れた部分をブラッシングしていきます。泡立ちが少なくなったら洗剤を足して調整していきましょう。

洗浄液からいい香りもするので、洗う作業も楽しくなります。

ウール素材の部分も優しくブラッシングしてみましたが、やはりダメージがありそうなのでキッチン用のスポンジを使いました。↓

ジェイソンマークにはスウェード用の馬毛ブラシもあるので、やわらかい素材のスニーカーは用意しておいたほうがいいかもしれません。

洗い終わったら泡をタオルでふき取り、乾燥させておきます。

全体的に洗って中まで濡れたので、新聞紙をくるめて乾かしてみました。

検証結果

ジェイソンマークを使ってオールバースを洗ってみましたが、ほぼほぼキレイになりました。

before:左、after:右

 

before:上、after:下

 

ソール部分は真っ白になり、つま先汚れ、靴裏の汚れもほとんど落ちました。

経年劣化もあってウール部分は若干くすみが残りますが、全体的にキレイになったと思います。

洗濯した後の感想

ジェイソンマークは靴の汚れを落とすには優秀なアイテムです。

実際に使ってみると、軽くブラシでこするだけで汚れが落ちるし、タオルで拭くだけなので簡単にお手入れできました。

ただ、オールバーズのような柔らかい素材の靴は、レザー系に比べるとブラッシングしにくいかなと思います。

あとはインソールや靴紐など、全体的に洗うならお洗濯していくといいと思います。

 

きれいに洗って何度も使おう

洗い上げた靴を履くと見た目も良くなるし、靴が軽くなった気がして歩きたくなります。

定期的にお手入れしておけば靴も長持ちするので、何年も繰り返し使っていきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事を読んだあなたにおすすめ