【ミニマリストの引っ越し】手放したもの、準備して良かったもの

先日、ミニマリストを目指してから3回目の引っ越しをしました。

これまで独身時代の引っ越しも多くのものを手放してきました。
今回は夫婦2人分となります。

引っ越しは誰にとっても断捨離の絶好の機会。
一人暮らしの方や、転勤家族にとっては、“モノは少なめ”に越したことはないですね。

この3回目の引っ越しで手放したものや、引っ越し前に準備して良かったものを紹介します。

ミニマリストの引っ越しで手放したもの

わたしは普段から断捨離を心がけています。
しかし引っ越しとなると、いつも気にならないものにも目がいきますね。

引っ越し3回目にして、手放したものは大きく3つになりました。

引っ越しを機に手放したもの3つ

ワンシーズン着なかった服
毎度お馴染みですが、服を断捨離しました。
ワンシーズン着なかった服はまとめてブックオフへ。
服もクローゼットに眠っていたままでは活躍の場がなく可哀そうです。
わたしは断捨離するときは「ありがとう」と感謝して手放しています。
リサイクルショップやメルカリで販売したときは、
欲しいと思っている方の元に届けばと思います。


書類


書類やノートなどが溜まっていたので、断捨離しました。

入社当時からとっておいた給料明細もこの際に処分しました。
身軽になるためには不要だと思ったからです。

残しておきたいものはスマホでスキャンしたり、電子メモに移します。

紙類はかさばりやすいので、電子にシフトすると管理がラクです。
普段から書類をため込まないように意識したいと思いました。

収納ラック

大きい収納ラックを断捨離しました。

収納アイテムは便利ですが、増えると逆にスペースを圧迫してしまいます。

前回の引っ越し後に買い足したスツールもあるので、収納ラックを手放すことに。


ちなみにスツールは荷物をパンパンに入れて、大活躍しました。
折りたたんでコンパクトになるので、本当に買って良かったです。

引っ越しで不要だと感じたもの


今回の引っ越しで不要だと思ったのが、「買いだめ日用品」です。

日用品はまとめて購入すると安かったり、特売の日に買いだめしがち。
わたしも楽天市場のセール時に箱買いしてしまいました。

その時の洗剤や食品が今回の引っ越しで、ダンボール数箱分になってしまったのです。

ものは増えた分だけ管理費がかかる

物が増えるとそのモノの管理手間がかかるし、スペース分だけ家賃がかかります。

安く買えるのは家計にも嬉しいことです。
しかしこれを機に買いだめすることを控えようと思いました。

日用品はいつでも購入できる環境があるし、まとめ買いでなくてもディスカウントストアやウエルシアデーなどで安く買えることを知りました。

なので、「必要なものを必要なだけ必要なときに」というミニマルスタイルを意識していきます。

ミニマリストの引っ越し準備

ライフラインの準備は1週間前に

電気、ガス、水道などの連絡は一週間前に済ませておきましょう。

電気や水道はすぐに開通される場合がほとんどです。
しかし地域によっては連絡してから数日かかることがあります。

我が家は楽天のでんき まちでんき【楽天エナジー】を利用しているので、解約手続きを一度する必要がありました。

また、引っ越しで住民票を移す場合は、転居手続きを市役所で済ませましょう。

引っ越し前に購入すべきもの


前回の引っ越しで準備したものも参考に、買い足したものを紹介します。

換気扇フィルター

換気扇のフィルターは用意しておくと便利。

引っ越し先によって大きさが異なるので大きめなものを購入しておくとよいです。

テープ類

養生テープはコンセントをまとめたり、蓋が開かないように固定するときに便利です。

また隙間テープもおすすめです。

引っ越し時のキレイな状態を保つために、水場や襖のスキマに貼ります。
ほこりや汚れ防止になって、掃除が楽です。

防カビくん

お風呂のカビ防止になります。

引っ越し先のお風呂をキレイに保つために便利です。

 

その他、
☑掃除用具
☑ゴミ袋
☑新聞紙やチラシ
☑タオル

も用意しておくと引っ越し作業がスムーズです。

モノを減らせば引っ越しも快適

引っ越しは、ものを断捨離する絶好のタイミングです。

自分のものを全て荷造りにしてみると、こんなにものを持っていたのかと驚きます。

引っ越しで断捨離したもの
・ワンシーズン着なかった服
・書類
・収納ラック

わたしも結構減らした方ですが、まだまだ断捨離できるものがありました。

引っ越し前はもちろん、普段からものを増やさず、少ないもので暮らすことを意識してみると良いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事