【ミニマリストのトイレ掃除】シンプルなトイレ掃除の仕方

掃除の中でも苦手意識が強い傾向にあるトイレですが、我が家は毎日トイレ掃除をしています。

トイレを掃除することは金運アップにもつながると言われますし、清潔なトイレをいつでも使っていきたいからです。

わたしはミニマリスト生活になってからトイレにあれこれモノを置かなくなり、掃除もシンプルになりました。

掃除道具も少なくすることでシンプルな掃除ができ、毎日掃除を継続していくことができます。

シンプルで清潔なトイレにするために

トイレをできるだけシンプルにするためには、あれこれモノを置かないことが大切です。

モノが少なければ埃もかぶらないし、掃除もしやすくなって清潔さを保てます。

「トイレがきれいだと金運が上がる」とよく言われますが、そのためにもトイレ内にモノを持ち込まないようにしています。

トイレ掃除用具

トイレの掃除用具には以下を使います。

・流せるトイレブラシ(年に1度交換)
・ハイター
・ウタマロクリーナー
・手袋
・布切れ

トイレブラシは流せるタイプを使用し、ブラシは衛生面を考えて年に1~2回交換しています。


他にはクエン酸、トイレのルックなどの洗浄剤もあったら掃除が捗りますね。

洗剤の種類と汚れの落とし方

まず、洗剤の種類や汚れの落とし方をさらっと復習します。

トイレの汚れや臭いはアルカリ性の汚れです。

アルカリ性の汚れには、反対の性質である酸性洗剤を使うのが効果的です。

アルカリ性の汚れ
水あか・カルキ・石鹸かす・尿石・アンモニア臭など
➡酸性の洗剤【クエン酸・サンポール・ワイドハイター】

 

トイレの嫌な臭いの原因は尿に含まれるアンモニアなのでで、クエン酸トイレのルックなどの酸性洗剤を使います。
※トイレの種類によっては酸性洗剤NGあり

それでも汚れをさっと拭きとっておけば臭いは防止できますね。

我が家は芳香剤や消臭剤を置いていないので、拭き掃除は毎日1分ほどしています。

 

スポンサーリンク

シンプルなトイレ掃除の仕方

シンプルに掃除をするためにも、トイレ掃除は簡単な手順にしておきます。

毎日の掃除

まず毎日のお手入れは、拭き掃除です。

拭き掃除にはトイレットペーパーに中性洗剤を拭きかけて便器や床を拭いています。

掃除のタイミングは朝いちばんで、キッチンリセットや玄関掃除と一緒にささっとやってしまうとラクです。

週に2~4回

週に2~4回のペースで、トイレブラシ掃除、床や壁の拭き掃除もします。

ブラシは流せるトイレブラシを使って便器を掃除していきます。

トイレブラシは衛生的にも年に1度か2度買い替えることにしました。

ブラシでこするのが面倒、脱ブラシ派には、ドメストやトイレのルックなどのふち裏にも届くノズルタイプがおすすめです。ブラシ代わりにもなるし、かけて流すだけなので掃除時短になります。

年に1~3回※閲覧注意あり

汚れたタイミングでもありますが、換気扇とトイレのタンクも掃除します。

換気扇はフィルターを貼り替えるだけなので簡単です。

フィルターはキッチンで使っているものをそのまま使えるので買い足す必要もありません。

問題はトイレのタンクです。

意外に汚れが溜まっている場所なので放置しがちですが、年末年始の掃除ということで取りかかることにしました。

※※※※※※

ここから汚れ悪魔の世界なので、閲覧注意です。

 

掃除前のタンク汚れ

 

ふだん掃除していないので結構汚れていました。

タンクの汚れは主に黒ずみやカビなので、ハイターを使います。

淵の汚れはトイレットペーパーでカバーしてハイター漬けしておきます。これで大分汚れを落とすことができました。

トイレはいつでも清潔にしておこう

トイレ掃除は苦手な方が多いかもしれませんが、キレイに磨くことで心も磨くことができますね。

またトイレをキレイにすることは金運アップにもなりますし、トイレには神様がいるとも言われています。

実際にトイレのキレイな家やホテルは、他の部屋も清潔だし居心地がよいですよね。

最初は毎日できなくてもいいので、トイレを磨く習慣を続けることをおすすめします。

 

掃除の関連記事はこちら↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローする