【古いノートを捨てるか、とっておくか】ミニマリストのノート整理術

勉強用に使ったノート、メモ帳として書き溜めたノート。

ノートは当時の学びや気づきが得られるので、自分にとって大切で思い入れのあるものばかりです。

そんなノートたちをついに断捨離しました。まだ古いノートはありますが現在は3冊のみです。

この記事では

・古いノートを捨てるか、とっておくか?
・ミニマリストのノートの手放し方
・ノートの整理術

を紹介します。

わたしは昔から紙に書き込むことが好きなので、溜まったノートは数十冊以上ありました。

しかしミニマリスト生活をきっかけに思い切ってノートも手放したので、そのことについて書いていこうと思います。

 

古いノートを捨てるか、とっておくか?

わたしは古いノートは20冊以上捨てました。

日記、学習ノート、読書したときのメモ本など、今まで書き残していたノートを少しずつ手放していきました。

現在は予備の新しいノートを含めて3冊で、読書メモ用、日記用に使っています。

ノートは過去の自分の綴り

書き込まれたノートは当時の自分を振り返る材料になりますよね。

でも、過去を振り返ることや見直すことは大切だけれど自分が生きているのは“今”。

今に焦点を当てるなら、過去はいりません。成長し続けているなら、感じたことも違っています。

これはミニマリストな性格である北川景子さんの“わたしに過去はいらない。”の一言から影響を受けました。

そう思ったら、思い出品も含めてノートも捨てる決断ができます。

【ミニマリスト】ノートの手放し方

次に書き込んだノートの手放し方を紹介します。

ミニマリストやじー
ノートひとつひとつを取り出してすっきりさせましょう。

一度読んで精査する

まずは古いノートを一度読んでみて、今の自分が不足していることや、発見がなければそのまま手放します。

気づきがあれば、そこだけを抜き取って今のノートにメモしたり、習慣に取り入れたりしましょう。

ノートを読む時間もないときは、古いものから順に手放していくとよいかもしれません。

大切な部分はクラウド保存

大事にしたい気持ちや学びは、いつまでも忘れないようにしたいですよね。

どうしてもとっておきたいというページは、データとしてパソコンやスマホに保存しましょう。

一番手軽なのは、スマホで写真を撮ることです。そうすることで物理的なモノが無くなります。

わたしの場合は、読書の学びか多いので、要約したページをSNSでシェアしています。

そうすることで他の人と学びを共有できるし、発信してアウトプットになるからです。

捨てるときには感謝する

わたしはどんなものでも、捨てるときには「ありがとう」と感謝をするようにしています。

ノートだったら、書き留めてくれてありがとう、いつも傍で役立ってくれてありがとう、と声をかけます。

そうするともったいないという気持ちよりも、感謝の気持ちでいっぱいになります。

棚にしまってあるままでずっと開かずにとっておくほうが「もったいない」と思うようになりました。

日記に限定されますが、日記は売ることもできるそうです。

誰かに見せるつもりじゃなかったけれど、過去のことだから他の人に見られてもいい、見てほしいという人は利用してみるのもアリですね。

逆に他の人の綴った日記を見てみるのも面白い発見がありそうです。

>日記の買い取り:手帳類図書室

新しいノートを買うときはひとつ手放してから

このようにノートを手放していけば、新しいノートを買ってもいい、というルールにしています。

逆にいうと、新しいノートを買うときは、ひとつノートを手放すという「1 in 1 out」のことです。

これを続けていればモノは増えることは無くなりますし、ひとつひとつのモノをより大切に扱うことができます。

 

ミニマリストのノートの整理術

ノートが手放し終わったら、今のノートを大切に使っていくことが大切です。

そのためにわたしが意識しているノートの整理術をまとめます。

使い切る

ノートの使い始めはキレイに使いたいので、余白が多かったり、1ページ空けて使ったりしていないでしょうか。

わたしも買ったばかりの新しいノートは、最初の1ページ残しておいたり、行の感覚を空けて書いたりしていました。

でもそれを読むのは自分だけであって、見た目をキレイにする必要はありません。

また、〇〇用というように使い分けしすぎると、最後までノートを使うのが困難です。

わたしは日記用と読書メモ用の2種類に分けていますが、使い切るためにノートを増やさないようにしています。

専用ノートを増やすよりも使い切るノートを目指すことがノートを整理するコツですね。

丁寧に書く

見た目をキレイにする必要はないと思いますが、文字を丁寧に書くことは意識しています。

ノートをカラフルにまとめるのは終わりにし、ボールペン一本で一行目から書く。

そうすることでシンプルだけど凛としたノートになって

さらにていねいな文字で書けば姿勢も正しくなって、読み返すのも気分が上がりますね。

わたしはきれいな文字の書きかた あなたも書き文字美人にを見て、きれいな文字を書く練習をしました。

まとめ:ノートを整理して気持ちもすっきりにしよう

紙に書くということはスマホで文字を入力するよりも自分の気持ちを映してくれると思います。

書き綴ったノートは思い出があるかもしれませんが、持ち物を減らすためにはノートも手放していくことが大切です。

過去のノートを整理して気持ちもすっきり、シンプルな生活にしていきましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローする