資格を取る人必見!【教育訓練給付金だけじゃない、費用を抑える裏ワザ】

資格取得は、大きく費用がかかってしまいますよね。

資格を取る人がもらえるお金があります。
それが『教育訓練給付金』という制度です。

この制度は、自分で申請する必要があります。
なのであまり知られていなかったり、面倒で利用しない人もいます。

しかし、資格を取る際に、この給付金を受け取るのはもちろん別にお金がもらえて、結果、費用をめちゃ抑えることができる裏ワザがあります。

私も資格試験のときに利用しましたが数万円キャッシュバックがありました。

今回はその内容について、私も資格をこの方法で受験してみたので、紹介します。

教育訓練給付金とは

先ほども説明した通り、教育訓練給付金とは、国の制度でもらえるお金で、指定する教育訓練を受講し、申請すると支給されます。

詳しくは『教育訓練給付金 制度』と調べてみてください。

知らなければもらえないお金なので、取りこぼしのないように利用すると良いです。

でも資格なんて取る予定ないけどなー
と思っている方も多いと思います。
しかし、TOEICや簿記なども対象講座です。
意外と身近なものも対象になっているので、チェックしてみてください。

対象となる講座

給付制度の主な対象の講座は以下の講座です。

  • 簿記
  • 医療事務
  • 介護事務
  • TOEIC
  • ファイナンシャルプランナー
  • 登録販売者
  • 大型自動車免許

 

  • 中小企業診断士
  • キャリアコンサルト
  • Webデザイナー
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引士
  • 調理師
  • 介護福祉士栄養士
  • ケアマネージャー
  • 保育士
  • 電気工事士

その他にも様々な講座が対象となっています。

詳しくは「厚生労働省 指定教育訓練講座」で検索してみてください。

給付金をもらうまでの流れ

教育訓練給付金を受け取るまでの流れを説明します。

①指定講座を受講する

まずは自分の取りたい資格が対象かどうかを確認します。
(厚生労働省 指定教育訓練講座 で検索)

●資格学校や通信教育で資格を取る場合は、必要な書類や案内が送付されるので、それに沿って講座受講をはじめます。

●受講講座の教材以外で、自分で書店などで購入した教材も給付金の対象となる場合があります。その場合は、領収書が必要になります。そしてその分も受講講座の分と一緒に申請してもらいましょう。

●あとは資格取得に向けてこつこつ勉強です。

試験日まで数か月、または数週間だと思いますが、資格を取った自分を想像しながら楽しんで勉強していきましょう。

●給付金の申請手続きは、講座の終了証明書が必要なので試験を無事終えて、その後になります。
なので試験日当日以降、ハローワークに申請に行くことになります。

②申請

試験を終えた後に受講先から終了証明書などが送られてきます。

必要書類をもって住所地管轄のハローワークに申請に行きましょう。

 

必要書類
・教育訓練給付金支給申請書
・教育訓練修了証明書
・領収書
・マイナンバーなど本人確認書類
・雇用保険被保険者証
など
●ハローワークに申請時期は、受講修了日(だいたい試験日)の翌日から起算して1ヵ月以内なので、速やかに申請しましょう。

費用を抑えるコツ

「資格を取る」となると、教材費用がどうしてもかかってしまいます。
給付金を利用すれば一部もどってきますが、資格によっては数万円かかりますよね。
その費用をなるべく抑える方法があることに、私は気づいてしまいました。
それはずばり、、、使った教材をメルカリで売ることです。

使用済みだけど、それって売れるの?
ええ、それが売れるんです。
例えば、簿記の通信教育で有名な「クレアール」の問題集なのですが、ばっちり売れています。
以外と高値で売れていて驚きです。
これなら資格を受けた人はキャッシュバックがあり、これから受けようと思っている人は、教材を安く買える(新品でも売られています)ので、お互い嬉しいですよね。

メモ

招待コード「UCETFX」を入力すると500円分のポイントがもらえるのでお得です。
よかったら使ってみてください。

資格を取る予定の人

これから資格を取ろうとお考えの人は、
『教育訓練給付金対象の講座を受講する』
      +
『教材・問題集をメルカリで売る』
と一番費用を安く抑えることができると思います。
給付金対象であれば2割ほど支給されるし、使った教材を上手く売れば、資格取得にかかった費用を全部で数千円にすることだって可能です。
この方法を使っていくためには、メルカリでいかに高く売るかが重要です。
高く売るコツは、
・教材、問題集になるべく書き込みをせず、きれいに使う
・使用したものは捨てずに全て揃えておく
・出品するタイミングは、試験日直後、または試験申し込み期間
などを狙うと効果的です。
書き込みする場合でも、赤ペンで答えを記入しておくなど、自分の勉強のためだけではなく、次に使ってくれる人も使いやすく感じてもらえるようにすると良いです。

まとめ

今回の記事のまとめです。
教育訓練給付金とは
・雇用保険加入の被保険者が、国が指定する資格試験を受講するともらえる、お金(上限あり)
・申請しないともらえない
・申請期間内にハローワークに行く必要がある
資格取得に必要な教材や問題集の費用を抑える方法についてまとめます。
教材を安く済ませる方法
・教育訓練給付金対象の講座を受講する

・教材・問題集をメルカリで売るメルカリで高く売るには、教材をきれいに使って、売るタイミングを狙おう
以上、参考になると嬉しいです。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事