【メルカリ販売】不用品を高く売る方法【初心者でも簡単】

断捨離や片づけでいらなくなったものをどうしよう?

自分はいらない、使わないと思っている不用品でも、それを必要としている人はどこかにいます。

不用品は譲ったり、処分する以外にも、売ることができます

「不用品を売る」ことは、断捨離して部屋がスッキリするだけではなく、上手に売れば高く売れてお金になりますね。

この記事ではフリマサイトを使って、不用品を高く売る方法を紹介していきます。

高く売るにはネットで販売

断捨離にはまった人
使わなくなったカバンがあるから捨てちゃおう!

捨てるなんてもったいないです、不用品は売りましょう。

でも手間だし・・・
リサイクルショップにでも持っていこうかな

 

不用品の行き場として、まずリサイクルショップが浮かぶと思います。

リサイクルショップは何でも引き取ってくれますが、高く売るには向いていません。

中古品を持ち込んだ経験があれば分かると思いますが、リサイクルショップはめっちゃ安く買い取られます

ではどうすれば、どこに持っていけば、高く売れるのか。

それは、個人でネットを使って販売することです。

メルカリなどのフリマサイトで売ればリサイクルショップよりも高く売れます。

【初心者向け】フリマサイト

フリマサイトを利用すれば、リサイクルショップよりも高く売ることができます。

フリマサイトは、物を処分したい、掘り出し物を安く買いたい人が利用できる、ネット上のフリーマーケットサイトのことです。

 

個人間で売買できるフリマサイトは誰でも、スマホだけで、手軽に売ることができるので初心者にもおすすめです。

買い取り例

〈雑誌・書籍・漫画〉
リサイクルショップ:5~10円
フリマサイト:300円~1000円
〈衣類〉
リサイクルショップ:10円~300円
フリマサイト:500円~2000円〈家電製品〉
リサイクルショップ:数千円
フリマサイト:1000円~数万円

 

フリマサイトで一番メジャーなのがメルカリです。

2021年時点でユーザー数2000万人以上で、断トツで利用者数が多いです。

そのため他のサイトよりも不用品が売れやすいので、はじめての不用品販売におすすめです。

次いで人気のフリマサイトは、楽天が提供するラクマ、オークション形式のヤフオクなどもあります。

メルカリで高く売るには

メルカリで高く売るにはいくつかコツがあります。

詳しい内容はメルカリ教室 メルカリで高く売る5つのコツを参考にしてみるとよいですが、ポイントをまとめます。

メルカリで高く売るコツ

・相場を見て価格設定する
・写真撮影にこだわる
・商品タイトル、説明分を工夫する
・販売時期や出品時間を狙う
・丁寧にやりとりする

 

この5つが基本で、評価数の多いユーザーは全てコツを掴んでいる印象です。

わたしはメルカリを3年以上使っていて、さらに高く売るコツをお伝えするならば、

・送料を考える

ことです。

送料をマスターすると高く売れる

メルカリはサイズや配達業者によって送料が異なります。

たとえば、3cm以内の厚さで一番安く発送できるのが、らくらくメルカリ便のネコポス175円です。

らくらくメルカリ便は、出品者も購入者も匿名で発送できるメルカリの発送方法です。

 

サイズが小さければ小さいほど送料は安くなるので、その分高く利益が残ります。

…つまり、商品を小さく発送することができれば送料を抑えることができます。

カンタンなのが衣類で、できるだけコンパクトに畳んで発送するとよいです。

丁寧に折りたたんで空気を抜くと、セーターでも厚さ3cm以内に収まるので試してみましょう。

注意するのが、圧縮しすぎると服にシワが残ったりして購入者さんに不快な思いをさせてしまいます。

商品説明に「コンパクトに発送するため畳じわはご了承ください」などと一言加えておくとトラブル回避になりますね。

また、ヤマトさんや郵便局さんの厚さ確認もあるので、箱がパンパンにならないようにするのも大切です。

メモ

出品したい商品の発送方法に迷ったときはメルカリ配送ガイドをチェックしておきましょう。一覧で分かりやすくまとめてあるので便利です。

 

 

アマゾンで売る【中・上級者向け】

メルカリやラクマ、ヤフオクなどのフリマサイトよりさらに高く不用品を売るには、アマゾンで販売することです。

アマゾンで買い物した経験はあると思いますが、実はアマゾンは個人で販売することができます。

そしてフリマと比較して違う点は、高く売れやすいことと、手間がかからないことです。

 

不要品を高く売るには“アマゾン”

・フリマサイトより相場が高め
・商品の写真撮影、画像を用意しなくていい
・購入者とやりとりが基本的に不要

 

アマゾンでは中古品も販売できるので、フリマサイトのように使えます。

Amazonで販売する手順

ここで手順をざっと説明します。

まず、Amazonマーケットプレイスに登録する必要があります。

AmazonマーケットプラライスはAmazonで商品を販売することのできるプラットフォームです。

 

このアカウントを作成・登録すれば、個人でも商品を販売することができます。

*********

〈必要なもの〉
・インターネット環境
・電話番号、メールアドレス
・銀行口座
・クレジットカード

(あった方が良いもの)
・パソコン
・プリンター

********

登録は、月額料金無料の「小口出品プラン」を選ぶとよいです。

大口は月額5,390円(税込)かかってしまうので、慣れてから切り替えるのがおすすめです。

詳しい登録方法はここでは書かないので、「アマゾン マーケットプレイス 出品」となどと調べてみてください。

相場をチェック

アマゾンでの登録が完了したら、フリマサイトと同じように、その商品の相場をチェックする必要があります。

既に出品されている同じ品番の商品や、似ている商品を参考に価格設定をしていきましょう。

わたしは中古本、ファッションアイテムを販売してみましたが、メルカリよりも高く売れました。

Amazonでの販売は少しでも利益を残したい人におすすめです。

スポンサーリンク

不用品販売は副業の第一歩

自分で商品を販売したり、価格設定をしたり、利益を計算したりと、不要品販売は、「モノを売る」のファーストステップです。

小さなモノからで良いので、商品を自分で販売するという経験を体験しましょう。

それに、せっかく断捨離を始めて不用品が出てきても、それをそのままにしていては片付いたことになりません。

片づけのついでに収入の足しにできるよう、不用品販売を始めてみることをおすすめします。

この記事を読んだあなたにおすすめ