【メルカリ販売】不用品の対処法【高く売るコツ】

断捨離や片づけでいらなくなったものをどうしよう

自分はいらない、使わないと思っている不用品でも、それを必要としている人はどこかにいます。

不用品は譲ったり、処分する以外にも、売ることができます

「不用品を売る」ことは、断捨離して部屋がスッキリするだけではなく、上手に売れば、思った以上に高く売ることができます。

不要なものが
「そのままになっている」
「捨てている」
そんな人におすすめな不用品販売方法を紹介していきます。

高く売るにはネットで販売

断捨離にはまった人
使わなくなったカバンがあるから捨てちゃおう!

ちょっと待ってください!

捨てるなんてもったいないです、不用品は売りましょう。

でも手間だし・・・
リサイクルショップにでも持っていこうかな

そうですね、まずリサイクルショップに持っていくことが浮かぶと思います。

でもリサイクルショップはめっちゃ安く買い取られます

では、どうすれば、どこに持っていけばいいのか。

不用品を高く売るコツは、ネットで販売することです。

ネットのフリマサイトで売ればリサイクルショップよりも高く売れます。

初心者向け*フリマサイト

フリマサイトを利用すれば、リサイクルショップよりも高く売れます。

フリマサイト(フリマアプリを利用します)は、物を処分したい、掘り出し物を安く買いたい人が利用できる、ネット上のフリーマーケットサイトのことです。

個人間で売買できるフリマサイトは誰でも、スマホだけで、手軽に売ることができるので初心者にもおすすめです。

買い取り例

〈雑誌・書籍・漫画〉
リサイクルショップ:5~10円
フリマサイト:300円~1000円〈衣類〉
リサイクルショップ:10円~300円
フリマサイト:500円~2000円

〈家電製品〉
リサイクルショップ:数千円
フリマサイト:1000円~数万円

フリマサイトで一番メジャーなのがメルカリです。
フリマサイト大手ですのでユーザーが断トツで多く、他のサイトよりも不用品が売れやすいのが特徴です。

また楽天が提供するラクマ、オークション形式のヤフオクなどもあります。

高く売るには*アマゾン

メルカリやラクマ、ヤフオクなどのフリマサイトよりさらに高く不用品を売る方法

それはアマゾンで販売することです。

アマゾンで買い物した経験はあると思いますが、実はアマゾンは、個人で販売することができます。

そしてフリマと比較して違う点は、高く売れやすいことと、手間がかからないことです。

 

不要品を高く売るには“アマゾン”

●フリマサイトより相場が高め
●商品の写真撮影、画像を用意する必要がない
●購入者とやりとりが基本的に不要

また、アマゾンでは新品だけでなく、中古品も販売できるので、フリマサイトのように使えます。

ここで手順をざっと説明します。

まず、Amazonマーケットプレイスに登録する必要があります。
このアカウントを使えば個人でも商品を販売することができます。

次に、アマゾンの出品アカウントの登録方法についてまとめます。

〈必要なもの〉
・インターネット環境
・電話番号、メールアドレス
・銀行口座
・クレジットカード

(あった方が良いもの)
・パソコン
・プリンター

〈登録方法〉
・大口出品か小口出品を選ぶ
まずは小口出品(月額無料)で十分です
・アカウントを登録する
・個人情報を入力する

「アマゾン マーケットプレイス 出品」と検索すれば、だいたい出てきますので、わからなかったら調べてみると良いです。

相場をチェック

フリマサイトやアマゾンでの登録が完了したら、その商品の相場(類似商品がいくらで売れているのか)を確認してみてください。

自分の決めた価格で販売するわけですので、相場がわからないとなかなか高く売れません。

既に出品されている同じ品番の商品や、似ている商品を参考に、価格設定をしていきましょう。

不用品販売は副業の第一歩

自分で商品を販売したり、価格設定をしたり、利益を計算したりと、不要品販売は、「モノを売る」のファーストステップです。
小さなモノからで良いので、商品を自分で販売するという経験を体験しましょう。

それに、せっかく断捨離を始めて不用品が出てきても、それをそのままにしていては片付いたことになりません。
片づけのついでに収入の足しにできるよう、不用品販売を始めてみることをおすすめします。


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事