テザリングとは?mineoのパケット放題が無料で無制限【WIFI代節約】

外でパソコンやタブレットでネットを使いたい方におすすめなのが「テザリング」です。

この記事ではmineoのパケット放題Plusを使ったテザリングについて解説します。

・外でのWIFI代を節約したい
・安く快適にテザリングを使いたい

という方におすすめの内容になっています。

やじー

わたしも最初はWIFI難民でした。

でもテザリングを活用することで、どこにいてもパソコンでネットが使えるようになりました。
この記事はテザリングについて分かりやすくまとめます。

 

テザリングを使えばポケットWIFIを契約しなくて済むので、通信費の節約になります。

そしてmineoのパケット放題Plusというプランを使えば、さらに月額料金を抑えることができます

テザリングの方法やmineoのプラン内容について分かりやすくまとめたので、最後まで読んでみてください。

テザリングとは

テザリングとは、スマホのインターネット通信を使って、他のスマホやパソコン、ゲーム機などのWIFI対応機器をインターネットに接続できる機能です。

つまり、データ量を他の端末に分け与えることができます。

たとえば、外出先でパソコンを使うときにスマホからテザリングしたり、ショッピングモールでswitchを使うときにもスマホからテザリングして遊べます。

テザリングできる機種

SIMフリーのスマホは基本的にテザリングが使えます。スマホ会社の「動作確認済み」スマホもテザリングが使える機種です。

ちなみに楽天モバイルで販売されているスマホはすべてテザリング対応スマホです。
>テザリングのご利用方法について

テザリングおすすめはmineo

インターネットに繋がれていないスマホやパソコンを使うのにテザリングは便利です。

そんなテザリングですが、インターネットを他の端末と共有すればデータ量はカウントされます。

当たり前ですが、データ量無制限のプランではない限り、テザリングするたびにデータ量は減りますね。

そこでおすすめなのが、mineoのパッケット放題Plusというプランです。

 

mineo パッケット放題Plus

・mineoの基本プランに加えるトッピングプラン
・月額385円で1.5Mbpsのデータ通信が使い放題

✔データ通信量がノーカウントで使える
✔高速モードと切り替えが簡単

 

 

パッケット放題Plusはmineoの基本プランに追加して使うプランです。

最安に契約すると、1GBデータのみ880円+パッケット放題Plus385円=月額1,265円にの料金です。

このプランを利用すれば、月1,200円代でテザリングが使い放題になります。

ちなみに10GB以上のコースならmineoのパッケット放題Plusを無料で使えます。

 

mineo(マイネオ)

1.5Mbpsはどのくらいの速度?

1.5Mbpsは決して速くないデータ速度ですが、速度制限よりもスピードが速く、十分使えるレベルです。

1.5Mbpsで使ってみた体感ですが、SNSやブラウザはストレスなく読み込みできました。

LINE→○
メッセージ送受信には問題なし
画像の読み込みに3〜4秒かかる
Twitter→○
メッセージ送受信には問題なし
スクロール時に画像の読み込みに3秒〜かかる
Instagram→○
複数枚の画像だと読み込みに3秒〜かかる
動画(リールなど)は問題なし
You Tube→○

画質を落とせば(自動的に画質が下がる)問題なし
動画ダウンロードはやや重め

 

詳しくは【mineoパケット放題Plus】デュアルシムを田舎で使ってみた感想 を参考にしてみてください。

 

月1,200円代でデータ通信がノーカウント

パッケット放題Plusを使えば、最大1.5Mbpsでテザリングが使い放題です。

つまり、データ量が消費されることなくインターネットを使えます

データ速度は少し不満があるかもしれませんが、ノーカウントで使えるのはデータ量を気にしなくて済みますね。

さらに月額1,200円ほどで使えるのでポケットWIFIの契約料金よりは断然安いです。

パッケット放題Plusのテザリング

最大1.5Mbpsといってもテザリング中は快適に使えるのか、スピードテストしてみました。

まずはパソコンにテザリングした場合のスピードテストです。

パケット放題Plus時の通信速度(PC)

 

1.4Mbpsも出たので、ブラウザで検索はスムーズにできました。

動画視聴は読み込みが遅れることがありますが、それほど気にならない程度です。

次に、パソコンにテザリング時のスマホのスピードテストです。

テザリングすると、画面左上のWIFIマークの横に共有マークがつきます。

パケット放題の通信速度(モバイル)

 

混雑しがちなお昼の時間帯でしたが、スマホは1.5Mbpsが出ました。

ちなみにスマホ→スマホからのテザリングも1.5Mbpsで、ほとんど問題なくネット接続できます。

高速と切り替え簡単

miineoの契約は最低1GBの高速データ量がつきます。

パッケット放題Plusの速度で満足できないときは、この1GBを使って高速に切り替えることもできるので便利です。

たとえば、「動画の画質を上げたい」「アップロードやインストールをしたい」ときは高速モードに切り替えます。

この切り替え操作は簡単です。

mineoのアプリを開き、「mineoスイッチ 節約ON」を押してOFFにすればいいだけ。

今月使えるデータ量

今月は1,941MB使える(今月付与1,024MB+繰り越し917MB)

 

わたしはデータ1GBで契約しているので1GB分の高速データが使えます。

さらに先月使わなかった917MBも残っていたので、今月はほぼ2GBの高速データ通信ができました。

(スマホの1GB=1024MB)

高速データ中のテザリング

高速データに切り替えたときにテザリングをしてスピードテストしてみました。

まずはパソコンにテザリングした場合のスピードテストです。

mineoの高速モードの通信速度(PC)

 

パッケット放題Plus時のおよそ6倍のスピードが出ました。

やはり高速データは快適です。テザリングでも動画やブラウザ読み込みがサクサクでした。

次に、パソコンにテザリング時のスマホのスピードテストです。

mineoの高速モードの通信速度(モバイル)

 

スマホも高速データを使うと快適でした。

ちなみに光回線の場合は100Mbps~なのでさらに快適すぎです。

注意点:テザリングはバッテリー消費が早い

テザリングはデータを共有する機能のため、テザリング中はバッテリーの消費が早いです。

スマホからPC/タブレットにつなげると思いますが、スマホのバッテリー消費が一番早くなります。

通常の使用よりもバッテリーが早く無くなるため、テザリングの使用時間を決めておくとよいです。

また、事前に親機の充電を済ませておくとよいですね。

テザリングのやり方【接続手順】

テザリングはWIFIで接続する方法が一般的で簡単です。

今回はスマホからテザリングする手順を解説します。

テザリングの手順は

①インターネットを共有設定をする
②インターネットに接続したいスマホなどのWiFiをONにする

 

という手順です。

まずは①のインターネットの共有設定から始めます。

テザリングは設定からもできますが、簡単にショートカットでできる方法を紹介します。

iPhone、androidどちらも、スマホの画面上下をスワイプしてできますよ。

iPhoneのテザリング設定方法

iPhoneの画面をスワイプさせたときに出るコントロールセンターで簡単にテザリング設定ができます(iOS15.1以降)

スマホの画面下からスワイプしてWiFiマークを長押しします。

するとインターネット共有のマークが出てくるのでタップ。

これでテザリングする準備ができます。簡単にできました。

ちなみに設定からの手順は以下↓

設定からの場合

設定アプリ→モバイル通信→インターネット共有をON

 

androidのテザリング設定方法

スワイプさせたときに出る通知バーで簡単にテザリング設定ができます。(HUAWEIで解説)

スマホの画面上をスワイプして「アクセスポイント」のマークをタップ。

OPPOの場合は「パーソナルホットスポット」をタップします。

これでテザリングする準備ができます。アンドロイドも簡単ですね。

通知バーにない場合は、スワイプさせたとき右上にある編集ボタンから探してみてください。

ちなみに設定からの手順は以下↓

設定からの場合【HUAWEI nova5t】

設定アプリ→その他のワイヤレス接続(モバイルネットワーク、ネットワークとインターネットなどの表示)→パーソナルホットスポットをON

 

インターネットに接続したいスマホをWIFI設定する

①のインターネットの共有設定 ができた後は、

②インターネットに接続したいスマホなどのWiFiをONにする

設定を行います。

これも操作は簡単です。

スマホ/タブレット…WIFIをONにする

パソコン…右下のWIFIマークからインターネット共有に使うスマホを選ぶ

初回接続時にはパスワードの入力があるので、通常のWIFI接続と同じようにパスワードを入力しましょう。

 

裏ワザ:テザリング不要でパソコンをネット接続する方法

 

テレワークや外でのネット作業が多い人向けですが、LTE対応のパソコンを使うという方法があります。

LTE対応のパソコンは、データSIMを直接パソコンに入れてデータ通信ができます。

 

LTE対応パソコンのメリット

・格安データSIMを使えば通信量を節約できる
・モバイルルーター、テザリングが不要
・ルーターやスマホのバッテリーも気にしなくて済む
・回線対応エリアならどこでもデータ通信できる

 

メリットは多くありますが、対応の回線(対応バンド)を確認する必要があるので中級者向けです。

スマホにも使える格安データSIMのおすすめはこちら↓

 

まとめ:テザリングを使ってどこでもネットを使おう

今やスマホは2台持ち、タブレットやパソコンは一人一台など、ひとりで複数の端末を持っている人が増えました。

テザリングは別のWIFI端末でデータ通信したいというときに非常に便利です。

自分のスマホ以外でネットを使うことがあればテザリングを活用してみるといいですね。

 

他のmineoの記事はこちら↓

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローする