スマホのバッテリーを長持ちさせる方法【今日からできる5つの設定】

家で十分にスマホを充電し忘れたり、外出中にスマホをたくさん使用してバッテリーが足りなくなったときが一度はあると思います。

最近では外出先の充電スポットが充実してきたのと、スマホ自体の省エネ精度が高まったので、バッテリー持ちに悩むことは少なくなったかもしてません。

それでも1日何時間もスマホを使うのであれば、バッテリーは長持ちさせたいですよね。

そこで今回の記事はスマホのバッテリーを長持ちさせる方法を5つ紹介します。

やじー
どれもすぐにできる設定方法なので試してみてください

 

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法【5つ】

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法を5つまとめてみました。

 

1.省エネモードにする
2.画面の明るさを調整する
3.使っていない機能の無効化
4.アプリの不要な通知をきる
5.ダークモードにする
おまけ:5G電波を切る

すべて今日から設定できるものなので、ひとつずつチェックしてみてください。

1.低電力モードにする

スマホのバッテリーを少しでも節約したい人はすでにやっているかもしれないけれど、「低電力/省エネモード」をONにする方法があります。

省エネモードにすると、スリープする時間が早くなったり、自動同期が無効になったりします。

設定のバッテリーをみると、電池消費量の詳細もチェックできるので、何に一番バッテリーを食っているかを見てみるとよいです。

 

設定方法

【iPhone/android】
設定→バッテリー

 

2.画面の明るさを調整する

画面の明るさ調節もすでにやっていると思うけれど、「自動調節」よりも「手動調節」にしたほうが長持ちしやすいです。

画面の明るさを調節するときはスマホをスワイプした画面から変更できます。

 

設定方法

【iPhone】
設定→画面表示と明るさ

【android】
設定→ディスプレイと画面の明るさ

 

3.使っていない機能の無効化

画面の明るさ調整でスワイプしたときに一緒にチェックするのが、「使っていない機能をOFFにする」ことです。

Wifi、Bluetooth、位置情報などはONにした状態だとバッテリー消費するので、使わないときはOFFにしておくとよいです。

こちらもスマホをスワイプした画面から変更できます。

 

位置情報の設定方法

【iPhone】
設定→プライバシー位置情報サービス

【android】
設定→位置情報

 

4.アプリの不要な通知を切る

前提として、不要なアプリもアンインストールしておくと無駄なバッテリー消費を防げます。

そして使っているアプリの通知も最低限にしておくとよいです。

SNSや連絡先などの必要な通知はONにしていると思いますが、ニュースアプリのお知らせ、d払いのキャンペーン、お得情報などの不要に感じる通知はすべてOFFにします。

設定方法

【iPhone/android】
設定→通知

 

5.ダークモードにする

画面をダークモードにすると眼に優しくなるだけでなく、バッテリー消費を抑えられます。

 

設定方法

【iPhone】
設定→画面表示と明るさ

【android】
設定→画面の明るさ(テーマ)

 

ちなみにネット検索にGoogleを使っている人もダークモードに変更するとよいです。

Googlechromeを開きます。

右上のをタップし、設定を開きます。

設定の下のほうに「テーマ」があるのでタップし、システムのデフォルトまたは暗を選択するとダークモードになります。

スマホを毎日長時間使っている方は試してみてください。

おまけ:5G電波を切る

ネットワークのタイプが選べるスマホ機種の場合は5G電波を切るとよいです。

5G電波がほぼ整っていない現在は、スマホで5G電波をつかんだとしてもスマホで体感できることがありません。

アップロードが少し早くなったと感じることがあるかもしれませんが、4Gとの差はほとんど感じることはないと思います。

 

設定方法

【一部のandroid】
設定→SIM(モバイルデータ)→SIM設定→優先ネットワークのタイプ

 

まとめ:画像で解説

スマホのバッテリーは年々劣化してきます。

1日の使用量が長ければ長いほど、バッテリーの消耗も早くなるものです。

スマホのバッテリーの劣化や性能を考えると、スマホは1~2年単位で買い替えるのが吉ですが、なかなかすぐには買い替えが難しいと思います。

毎日使うスマホを大切にするためにもバッテリー劣化を予防しておくとよいですね。

 

 

関連記事↓

スマホの急速充電についての記事。
モバイルバッテリーなどの充電アイテムを減らしたい方におすすめです。

 

ポケットWifiを手放したい、通信費を少しでも安く抑えたい方向けのおすすめの記事です。

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめ