マイナンバーカード作ってみた【スマホで写真OKの申請方法を解説】

「マイナポイント」をゲットするために必要なマイナンバーカード。
(マイナポイントは2021.4で終了)

こういう“手続き”系は、めんどうだし、時間がかかるし、骨が折れる作業です。

しかし手続き自体はスマホでもでき、写真も簡単に用意できます。

今回はスマホで申請する場合を解説しますね。

マイナンバーカード申請方法

わたしはスマホで申請をしてみました。
申請自体は5分もあればできるので試してみてください。

必要なもの

以下を用意します。

必要なもの

・マイナンバー通知カードの下の部分
(交付申請書)
・メールアドレス
・スマホで取った顔写真

申請には通知書カード下にある、交付申請書、QRコード、申請IDなどが必要です。


切り取ってしまって無い場合や、QRコードがどうしても読み取れない場合は市町村で申請しましょう。
(郵送でもできます)

>マイナンバー総合サイト

ちなみに
わたしは通知カードの本体しか持っていませんでした。
(というのも住所変更の際に役場でなぜか切り取られて渡されました)
しかし原本のコピーを持っていたのです。
これでスマホから申請することができました。

スマホでの申請手順


スマホでマイナンバーカードを発行する手順です。

スマホ申請の流れ
1.(写真をとっておく)
2.申請書のQRコードを読み込み、(またはスマホ申請ページで申請ID入力し)
メルアドを登録
3.届いたメルアドのURLから必要事項記入、写真を送る
4.申請完了
1.~4.まで、およそ5分で申請完了できます。
詳しい手順はマイナンバー総合サイトを参考にしてください。
1.スマホで写真をとる

マイナンバーカードの申請には写真が必要です。
申請に使う写真はスマホでもOK。
顔写真のチェックポイントを確認して撮影しましょう。


《参考:マイナポイント顔写真

スマホ撮影時の写真加工について。
著しく加工したものでなければ申請が通るようです。

わたしの使っているスマホ(OPPO Reno A )は、インカメにすると加工なしでプリクラみたいになります。
インカメラは2500万画素なので、加工アプリ不要できれいに撮れました。

ちょっとでも美白されていてキレイに盛れた方がいいですよね。

2.申請書のQRコードを読み込む

通知カード下の申請書のQRコードを読み込んで申請サイトにアクセスします。
IDなどを入力し、
メールアドレスを登録します。

またはスマートフォンによる申請方法から申請サイトにアクセスします。
わたしはこれでIDなどを入力、メルアドを登録しました。

>スマートフォンによる申請方法

3.届いたメルアドのURLから必要事項記入、写真を送る

「個人番号カード交付申請書受付センター」からメールが届きます。
メール内のURLから必要事項を入力します。

このときに顔写真を送付する必要があります。
わたしはメールが届いた後に写真撮影をしました。
※URLの有効期限(24時間以内)があるので、時間がないときは写真を先にとっておくと良いです。

4.申請完了

申請が完了するとすぐに「申請受付完了のお知らせ」というメールが届きます。
不備があった場合には1週間程度でメールにて再度ご案内があるようです。

マイナンバーカード発行手続き

申請から約1ヵ月後に通知が届きました。


これを交付場所(市町村役場)に持参して、発行ができます。
(他に、通知カード・運転免許証などの本人確認が必要です)

わたしの市町村では「発行時に要予約」と記載があったので、電話で交付予約をしました。
市町村によって混雑が見込まれるので、事前に確認しておくと良いです。

受け取りは本人が原則です。
余裕(1週間以上前の予約)を持って来庁すると良いです。

※受け取り時は、6文字以上の英数字混合と4ケタの暗証番号を作成します。
事前に考えておくのも良いでしょう。

メモ

わたしの市町村では発行に一人20分かかると言われました。
金曜日やお盆などは予約でいっぱいだそうです。
また、受け取り予約期限は9月1日までとなっていましたが、過ぎても良いとのことでした。

マイナンバーカード発行は1ヵ月かかります

マイナンバーカードを申請してから発行までは約1ヵ月かかりました。
マイナポイントが始まるとさらに時間がかかることが予想されます。

申請自体は簡単にできるので、まだの方は早めに申請することをおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローする