【ミニマリスト夫婦の持ち物】男女共通で使っているもの

こんにちは、やじーです。

少ないモノで暮らすミニマリストですが、一緒に暮らす人数が増えるほどモノは増えてしまうものです。

一緒に住む相手や家族の理解や協力がないと、安易にモノは減らせないですよね。

幸いわたしは旦那さんと価値観が合い、夫婦そろってミニマル生活をしています。

最初の一歩は男女で使えるシャンプーを探しましたね。

この記事では、男女別で使うものだけど、共通で使っているものを紹介します。

理美容関係

シャンプー、洗顔、ボディーソープ、化粧水は、同じものを使っています。
最初はお互いのこだわりがあって、別々のものを使っていました。

たとえば男性と女性のシャンプーって香りも成分も違いますよね。

でも、ひとり一本置いただけでモノが多くなってしまうし、詰め替えなどのストックの量もその分増えてしまいます。

なので男女で使えるシャンプーを選んで、結果メンズシャンプーを使っています。


メンズシャンプーってキシキシして嫌だなと思っていました。

しかし今使っているものはほぼキシキシ感がなく、今では全く気にしていません。

ちなみにわたしはトリートメントが必要だったので、洗い流さないタイプを使っています。

極端なこだわりがなければ、お風呂用具も見直していきたいですね。

歯ブラシも電動タイプなので、替えブラシだけ別で同じものを使っています。

靴下

靴下は黒のくるぶし靴下を10足ほどそろえてあり、それを共同で使っています。

ティーンエイジャーの頃は、可愛い靴下を集めるとテンションが上がっていました。

わたしはくるぶし丈より長いアンクルソックスが好きで、最近まで何足も持っていました。

しかしある日のこと靴下の予備がなくて、旦那くんの靴下を借りたときに「これでも全然いいじゃん」と気づいてしまったのです。

サイズは27~28cmですが、伸縮性があるので24.5のわたしでも代用できます。

洗濯も仕分けが無くなって快適だし、靴下を選ぶ時間も削減できます。

服や靴はさすがにサイズが違うので、同じもの、というわけにはいきませんが、靴下を共通で使うことには成功しました。

リュック

我が家はリュックはひとつにしました。

カバンは別にありますが、リュックは無印のリュックに絞りました。

カラーはユニセックスで使えるネイビーを使っています。

【無印良品 公式】肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック

もともと荷物を持ち歩いて出かけないですし、同じタイミングで使うことがないという意見も合い、ひとつにしました。

無印のリュックはその名のとおり、超撥水で超軽いので、一家にひとつは欲しいですね。

突然の雨の日も大活躍してくれましたし、軽すぎてリュックを背負っていることを忘れるくらいです。

肩幅が狭く、年中肩こりのわたしですが、リュックは一生これでいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【無印良品 公式】肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック
価格:2990円(税込、送料別) (2021/5/7時点)

 

夫婦共通にするために

モノを減らしたり、同じものを使うには、相手の理解や協力がいると思います。

その上で、とくにこだわりがなければ、どんどん共通で使っていってもいいと思います。

また、「夫婦共通で使う」よう意識すると、モノに対する執着や固定観念も捨てられる機会になります。

お互いに貸し借りしたり、共同で使えないか考えてみると、自宅のモノもすっきりしてくるかもしれませんね。

 

***

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事