アンリミット OPPORenoAの転入手続き【アクセスポイント設定必要なし】

楽天モバイルが新しく提供を始めた「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」は、データ使い放題が1年無料、国内通話かけ放題、などの魅力的なプランとなっています。
※2021年4月~1GB無料

しかし

・問い合わせしてもなかなかつながらない
・手続き設定が進まない

など、苦戦している人はいるのではないでしょうか。

私も手続き設定した後、30分ほど電波がつながらない状態が続きました。
開通できないのが心配ですよね。

今回は私も現在利用中で、アンリミットの対応機種である『OPPO RENO A』(オッポレノエー)MNP転入手続き設定について解説していきます。

MNP転入手続きとは

「このMNP転入手続き」とは、

同じ電話番号を継続して利用する方で、

楽天アンリミットのプランに乗り換える

際に必要な手続きです。

私は以前まで、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」のプランをdocomo回線で契約していました。
※2020年4月7日に「スーパーホーダイ」プランの新規受付は終了しました。

スーパーホーダイプラン(docomo、au回線)

アンリミットプラン(楽天回線)※エリア外はau回線

へ移行申し込み、という状況です。

新規電話番号/他社キャリアから乗り換え(MNP)の場合は、本人確認など手続きが必要なので、注意してください。

この場合は公式ページの『新規のお申込み』から手続きします。

\楽天アンリミット公式はこちら/

SIMの準備

楽天アンリミットで申し込んだSIMが届いたら、さっそく端末にSIMを挿入していきます。

OPPORenoAはSIMが2枚入る「デュアルSIM」端末です。

なのでSIMを入れるスペースが2か所あります。

①電源をOFFにする
②音量ボタン上の・の部分を、SIMピン(つまようじでも開きました)を使い、SIMを入れるケースを取り出す
③現在使っているSIMを取り出し、楽天アンリミットのSIMを入れる

SIM1とSIM2と、入れるスペースがありますが、SIM1でOKです。

(どちらに入れても動作します)

私はデータ通信用にFUJIWifiのシムをSIM2に入れているので、楽天のSIMはSIM1に入れました。

MNP転入手続き

SIMと一緒の送付されたSTART GUIDEのSTEP.1の手順を進めていきます。

my楽天モバイルにアクセスします。
事前にアプリをダウンロードしておくと便利です。

※SIMを受け取り後、すぐにメンバーズステーションへはログインできないようです。
 (受け取った翌日からOK)

 

②ホームの右上の「三」をタップ

③「my 楽天モバイル」から「申し込み履歴」をタップ

④申し込み番号が“準備中”となっているので、
電話番号を確認し、「転入を開始する」をタップ

これで転入手続きは完了です。

なお、転入受付時間により、完了時間が異なります。

・手続きが 9:00~21:00の場合・・・・・当日中に転入完了(約10分~30分で完了)
・手続きが21:01~翌日8:59の場合・・・翌日9:00以降に完了

OPPORenoAはAPN設定なしで開通

OPPORenoAは特にAPN設定をしなくとも楽天アンリミットを開通することができました。

APN設定が自動で行われる機種みたいなので、先ほどの転入手続きを完了すれば、簡単に設定ができます。

しかし私の場合は30分経っても、電波が繋がりませんでした。

これは、おかしい・・・と思って、電源をOFFにし、入れ直しました

するとしばらくして、画面上に4G のマークがつき、無事につながりました。

なので、

転入手続きをしたけど、まだつながっていない
という人は、電源を一度OFFまたは再起動することを試してみてください。

気になる通信速度は?

楽天アンリミットの通信速度ですが、問題なく通信できました

詳しくはこちらを参考にしてください。

低速モードでも十分使えますが、動画視聴などは高速モードの方がより快適につながりました。

前のスーパーホーダイのdocomo回線より繋がりやすいような気がします。。

公式サイト楽天モバイル

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事