節約食材おすすめ3選【月2万円でやりくりできます】

こんにちは、やじーです。

自炊をしているけど、なかなか食費が節約できていない、なんてことはありませんか?

確かに、食費を節約していくには自炊をしていく必要がありますが、セール品や、値引きされたものが安いからといって色んなものを買っていては本末転倒です。

しかし、食材の買い物って、自炊する人にとっては楽しみでもあると思います。

私も買い物好きな方で、スーパーや八百屋に来るたびに、「今日の夕飯は何にしよっかな♪」と考えながら買いものするのを楽しんでいます。季節物の野菜や果物が特売だったり、食べたかった魚が安くなってたりすると、いつのまにかカゴに入れてしまいます。

そして、『食べたいもの、好きなもの、安いもの』これらを買い続けていれば、いつまでも節約できないな、ということに気づきました。

ではどうすればいいんだろう・・・
食べたいものは好きな時に食べたいし、安かったら買っておきたい、、、

欲にきりない私がたどり着いた結論が、『買う食材を厳選する』です。

もちろん、あらかじめ食費用のお金は別で金額を決めていますが、それ以前に、買うと決めたもの以外を買わなくなったら、一人分で月2万円をきりました

私は断捨離も並行して一年ほど続けて気が付いたのですが、買う食材を厳選して、それ以外には目もくれないように買い物に出かければ、食費が大幅に節約できました。

節約食材

無駄な買い物をしない、調理時短するためにも食材を厳選することが大切です。
節約食材や調味料などを見つけるためには、自分のお気に入りを見つけることが大切です。
変わったものは買わず、定番のみを選んでいきます。

この定番商品(自分の購入品目)を見直すだけで、料理の種類を考えることも少なくなるし、食品は廃棄することも無くなります。

それでは私が食費を節約できた食材を紹介します。

節約食材①:キャベツ

キャベツは節約食材ナンバーワンです。
量・価格からしても超コスパ良く、料理のバリエーションも豊富です。
また季節問わず手に入り、ビタミンCや食物繊維も豊富なので、キャベツだけでも野菜の栄養を十分補給可能だと思います。

ポイントは1玉買うこと。
ハーフサイズの方が割高になってしまうので、一人暮らしでも1玉買うことをおすすめします。
キャベツは傷みにくく、長期保存が可能です。

千切りにしてサラダにできるし、ザク切りでお肉と一緒にして野菜炒めになります。

そして個人的にですが、キャベツめちゃ好きです。冷蔵庫にはいつも補充されていて、毎日主食がキャベツでも全く問題ないです。
おすすめの調理方法は『コールスロー』です。キャベツを大量消費できて、あっという間に食べてしまうので、私の中ではこれが『無限キャベツ』で定番料理となっています。
作り方は、キャベツを千切りにして、塩こしょうとマヨネーズを入れて混ぜるだけ。
塩こしょうを入れることで、野菜の水分が出るので、キャベツの量が縮み、これで4分の1をボール半分くらいになります。

節約食材②:豆腐

お次は『豆腐』です。
豆腐は節約家の中でも人気な食材ですね。
1丁20円~100円程度なので、お財布に優しい。
大豆加工食品なのでタンパク質が多く含まれ、栄養価も高く、ヘルシーで腹持ちが良い。
これも毎日食べたい食材のうちのひとつです。

豆腐はそのままでも美味しくいただけますし、焼いて揚げ出し豆腐にしたり、豆腐ステーキにできたりします。
またひき肉と混ぜてハンバーグを作れば、お肉の量を半分で抑えられるて、ヘルシーな豆腐ハンバーグが作れます。

節約食材③:むね肉

お肉の中でも注目するべきなのが『鶏のむね肉』。

他のお肉と比べ、一番低コストにも関わらず、低カロリーです。
また、健康や美容のためにもかかせない、たんぱく質が豊富に含まれています。
「低コスト、低カロリー、高たんぱく質」
しかも、美味しい。

また、疲労回復効果がある栄養素も含まれているそうで、身体だけでなく、精神的な疲労や認知症の予防にも効果があると言われています。

むね肉は唐揚げや酢豚など、他の肉料理の代用としても調理できるので、私は重宝しています。
下味をつけて冷凍保存しておけば、調理するときに楽です。

合わせ節約ワザ

合わせて、私の食費節約ルールを紹介します。

まとめ買い、使い切る

私は買い物する頻度を減らして、一回の買い物でまとめ買いをしています。
「今日は特売で卵が安いから」「〇〇が足りないから」などと、その度に買い物に出かけると、絶対に無駄遣いをしてしまいます

また、冷蔵庫にある食材を使って料理する際に、使いきってから買い物することを意識すると良いです。

なので、
・できるだけ冷蔵庫にある食材だけで料理を考える癖をつける
・使いきってから買い物する
ということをおすすめします。

そうすることで自分の時間を確保することができるし、食材の廃棄を減らすこともできます。
また、今ある食材でどうやって美味しく料理しようかな、と考えて、今まで作ったことのない料理ができたりして、案外楽しいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事