モノを増やしたくない人に贈る、プレゼントの選び方と注意点

少ないモノで暮らす人にプレゼントをするには、できるだけ形の残らないプレゼントを考えると思います。

とくにモノを増やしたくない人にとっては、よく考えてギフトを贈りたいものです。

わたしはミニマルな暮らしを目指していくうちに、プレゼント選びにも慎重になりました。

そこで、モノを増やしたくない相手に喜んでもらえるプレゼントの選び方や注意点を書いていこうと思います。

本当に喜んでもらうプレゼントの選び方

可能であれば、相手が何が欲しいのか事前に聞くことが一番です。

喜んでくれるだろう、と思い上がって定番のプレゼントを贈っても失敗してしまうこともあります。

予算があれば、〇〇円以内なら何でもOKだよと伝えると、親しい仲なら選びやすいですね。

たとえば、甘いモノなら誰だって貰って嬉しいだろう、という思考です。

甘いお菓子が苦手な方だっていますし、昔は好きでも現在はダイエット中で糖分を控えているかもしれません。

ちょっとしたお菓子を送るときは、相手が甘いものが好きかどうか、をしっかり把握しておくことが大切です。

わたしも勝手な思い込みで失敗経験があり、益若つばささん似の可愛らしい後輩にクッキーをあげてしまいそうになったことがあります。

甘いものが嫌い、というのがあげる直前に分かったのでお煎餅を渡しましたが、好みをしっかり聞いておくことが大切だな、と再認識しました。

一緒に買いに行く

どんなプレゼントが一番喜ぶか考えても分からないことってあると思います。

そんなときは一緒にプレゼントを買いに行くことがおすすめです。

一緒に買いに行けば相手の欲しいものを確実に買うことができるし、あれこれ悩む必要がありません。

プレゼントをサプライズしたい気持ちも分かりますが、自分よがりでプレゼントしてしまって相手に気を遣わせてしまっては意味がありません。

サプライズはモノとしてでなくても手紙や演出でサプライズすることも可能ですね。

ギフト券を贈るときの注意点

簡単に送れるギフト券ですが、注意点もあります。

たとえば、田舎住まいの方にスタバのギフトチケットを送ってしまうと、近所にスタバが無くて使うのに困ってしまうかもしれません。

そのギフトが相手が喜んでくれるだろうという以前に、相手にとって使いやすいか、を重視しましょう。

本当に喜ばれるプレゼントは、その人のことに興味を持つことが大切です。

どんなものが欲しいと言っていたか、どんなことに興味があるのか、会話したときに観察してみるとよいですね。

 

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめ