ノートパソコンを安く買うには?【パソコンの相場や安く買う方法】

家族がパソコンがほしいというので、久々にパソコン相場をのぞいてみました。

ノートパソコンは使う人の用途にもよりますが、新品でも3万円~買うことができます。

安いものでも最低限の動作環境はありますが、わたしが探した中だと、5万以下で探すのはかなり難しいと感じたことをまとめます。

ノートパソコンの相場

新品のノートパソコンの相場はどのくらいなんでしょうか。

わたしは家電量販店に勤めてましたが、おおよそ5~15万です。
一番安くても4、5万円ですが、とてもおすすめできるようなスペックではない、というのが本音。

数十年前は新品で20万円はしていたので、庶民でも手に届く価格となりましたね。

5万以内で買える?

ただ安くなったといっても、安いパソコンはそれなりの性能です。

よく「5万以内」で買いたいという人がいますが、かなり難しいというのが肌感覚です。

パソコンの用途や条件によっても違いますが、自分の持っているスマホの2倍以上の価格をかけた方がいいと思います。

パソコンはスマホではできないことを実現してくれるアイテムなので、ある程度お金をかけた方が結果的に損をしません。

中古品や自社で作っているようなブランドは5万前後で購入できますが、現在の全体のパソコン相場は10万前後で考えたほうがよいでしょう。

ノートパソコンを安く買うには

新品のノートパソコンを安く買うには、

・スペックを落とす
・サイズは小さいものにする
・メーカーを選ぶ
・付属ソフトを外す
・店舗やネットを徹底比較する

などが考えられます。

スペックを落とす

当たり前ですが、スペックを落とせば価格も安くなります。

一番わかりやすいのが、CPUと呼ばれる処理性能や、メモリ容量を小さくすることです。
参考:ノートパソコンの基礎知識

パソコンの仕様や商品説明を見ればわかるのですが、icore3やceleronなどと記載されていれば、動作がやや遅くなります。

動作が遅いといっても、もちろん使用上に問題はなく、起動時間が少し時間がかかる程度です。

月に数回しかパソコンを使わない方や、会社用のパソコンで使用するのであれば、このくらいのスペックで十分ということですね。

この処理能力であるCPUの値を下げればパソコンの価格は安くなります。

が、初めてノートパソコンを買う人や、週に1回以上パソコンを使うのであれば、CPUは高いものをおすすめします。

動作が遅くて作業効率が落ちると、せっかくの新しいパソコンを買ったのに残念な気持ちになってしまいますよね。

目安は「Core i5・Ryzen 5以上」を選ぶと十分なスペックになります。

core i は、CPUメーカーのインテル社が作ったメジャーなCPU。

対してRyzenシリーズは、AMD社のCPUブランド。
自社工場を持たずに製造しているため、core i シリーズよりも低価格です。

ちなみに両者の価格差は約2万で、性能はほぼ同等です。
わたしはコスパ重視なので、Ryzenシリーズの7を選びました。起動が早いのでおすすめです。

サイズやメーカーを選ぶ

サイズやメーカーを選べば、価格や安くなります。

サイズに関しては、テンキーと呼ばれる電卓の部分が必要かどうかを考えるとよいでしょう。

テンキーなしであれば、お値段も安くなります。

テンキーありだと、15.6インチ以上のサイズになるので、価格も若干上がります。

また、メーカー選びについては、国内産のNECやPanasonicなどが高めです。

安さを考えるなら、HPやLenovo、ASUSなどの海外ブランドの方が価格は低めです。

また自社独自で作っているパソコンは、コストを大幅に削減できるので、大手メーカーよりもさらに安く販売されています。
≫ノートパソコン売れ筋ランキング

店舗やネットを徹底比較する

買おうと決めた型番が決まれば、最後に販売価格を比較しますね。

店舗とネット、両方で比べると、その価格差がわかります。

比較についてはこちらの記事を参考にしてください。

自分に合ったノートパソコンを探す

ノートパソコンは長く使っていくものなので、ある程度のスペックがほしいところです。

それでも高価なものなので、なるべく安く、そしてコスパ良く買っていきたいです。

わたしはコスパを探すのが好きで、普段から家電やスマホを選んで買っています。

10万以下のノートパソコンはたくさんありますが、選び方や探し方はこちらを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事