【お金が貯まらない人向け】セミリタイアから学ぶ、シンプルな貯蓄方法

お金が貯まらない人の特徴に

・先取り貯金をしていない
・予算内のやりくりをしていない
・浪費ぐせがある

などが考えられます。

私は生活費5万円で小さく暮らし、年間で50万貯金してきました。
しかし私よりも年間貯蓄額の多い方はたくさんいます。

今回は『FIRE 最強の早期リタイア術』という書籍を参考に、シンプルな貯蓄方法を紹介します。

【お金が貯まらない人向け】セミリタイアから学ぶ、シンプルな貯蓄方法

シンプルな貯蓄方法

シンプルな貯蓄方法は、「貯蓄額」ではなく「貯蓄率」をみることです。

貯蓄額というと、
・毎月10万円貯金
といった、毎月一定額を貯金することを目標に設定します。

しかし「貯蓄率」
・毎月の収入の10%を貯蓄
といった、毎月の収入の割合で考えて貯金します。

貯蓄率のメリット

貯蓄額のメリットは、月の収入に変動しても安定して貯金できることです。

たとえば、貯蓄率を収入の20%だとします。

貯蓄率20%の場合
6月:定時退社   18万・・・貯金3.6万
7月:ボーナスあり 40万・・・貯金8万
8月:残業あり   20万・・・貯金4万

となります。

貯金額は毎回変動してしまいます。
しかし、少ない金額でも確実に貯金に回せています。

これだと
今月は給料が少ないから4万も貯金できない」という心配もありません。

収入の割合で貯金を捻出しているので、まとまった額でとらえる必要はないんです。
これが貯金額の魅力です。

FIREした人の貯蓄率は80%


FIRE=「経済的自由を手にした早期リタイア」
つまり、セミリタイアを実現した人を指します。

セミリタイアで有名な三菱サラリーマンさんは、貯蓄率がなんと約80%、
芸人の厚切りジェイソンは貯蓄率90%だと聞きました。

ここまでぶっ飛んでいると現実的にマネするには難しいですね。
しかし、考え方はマネすることができます。

わたしも収入を増やして、支出をより見直していきたいと感じました。

現時点で貯金が無くても、貯蓄率を上げていけば誰でも貯金できます。

生活水準は人によって違う

貯蓄率を気にすれば、年収が少なかろうと関係ありません。

生活水準は人それぞれです。
環境・年齢・地域などによって異なります。
ですので他人の貯金額と比べる必要はありません。

「年間100万円貯金しました」
「1か月で〇十万も貯金」

というのを見て、人によっては焦ったり、貯金を諦めてしまう人がいるかもしれません。
わたしも年収は低いほうです。

しかし、一切人と比べる必要はありません。
自分とまるっきる同じ生活をしている人なんていないからです。

またお金の使い方や価値観も違います。

貯蓄額を意識することは、誰にでも共通してできるシンプルな貯金方法なのです。

【今日からできる】セミリタイアから学ぶ、シンプルな貯蓄方法

貯蓄口座を開設

貯蓄用の口座を開設すると貯めやすくなります。
給料振り込み口座(きゅうふり)と別の銀行がおすすめです。

おすすめは、楽天銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行などです。

おすすめ銀行
楽天銀行
普通預金金利0.1%

住信SBIネット銀行

ランクに応じて振込手数料無料

イオン銀行
・普通預金金利最大0.1%

貯蓄率を決める

自分の収入の範囲で、貯蓄率を決めると良いです。

最初は10%くらいでいいと思います。
月収20万だったら、2万ですね。

理想は20~30%。慣れてきたらでいいと思います。

貯蓄率を決めることは毎月一定額でなくても良いのでおすすめです。

最速貯金方法

最速で貯金額を増やすには、収入を限りなく増やし、支出を限りなく減らすことです。

FIREを実現してきた人の共通点は、超高収入で超ドケチ。

さすがに今すぐ高収入を実現するのは難しいですよね。
いきなりドケチ生活を始めるのもきついと思います。

できることからはじめる

なので自分のできそうなことから始めてみると良いです。

副業を始めてみる
年収UPを期待できる会社に転職する
起業する

わたしも副業をやってみたり、転職活動したりしてみました。
自分に合った方法はやってみないと分かりません。
できないことより、できることにフォーカスした方が効率的です。

最適解は、収入を限りなく増やし、支出を限りなく減らすこと。

こうすれば、貯蓄率を増やさなくても、一気に貯金額を増やすことができます。

セミリタイアから学ぶ、シンプルな貯蓄方法は誰でも実践可能

シンプルな貯金方法は「貯蓄額」ではなく「貯蓄率」をみること。

本記事のまとめ
☑他人の貯金額と比べない
☑支出を減らす
=支出の最適化をして、収入を増やす
☑貯蓄用の口座を開設する
☑貯蓄率を決める

金額にとらわれないので誰でも実践できますね。

参考図書:
FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド
本気でFIREをめざす人のための資産形成入門
FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事