プラスチック収納をやめてみる【収納しない収納が快適】

収納グッズを使って整理整頓していくと見た目がすっきりします。

でも何でも収納しようとしていると、いつのまにか100均の収納グッズが溢れ返ってしまっている、なんて経験がありました。

わたしはそんな負のループにうんざりして、プラスチックの収納を買わなくなりました。

それってそのまま置けばいんじゃない?直接入れたらいんじゃない?と気づくと案外収納ケースは要らなくなります。

プラスチック収納をやめてみた

100均や無印に行けば、便利な収納アイテムがたくさんあります。

おしゃれな収納例を見るとマネしたくなって、つい買っちゃいますよね。

たとえば、わたしはカラーボックス用の引き出しを3個買って、しかもその中にも仕切りボックスを入れていました。

たしかに見た目はすっきりしますが、引き出す手間もあるし、ごちゃついたモノを隠しているような気がします。

それでやっぱり収納引き出しを捨ててみて、直接モノを置いてみました。

収納グッズを無くすメリット

収納グッズを無くしてみると、モノの量が一目瞭然です。

「見せる収納」のように、上手く配置すればインテリアっぽくにもなります。

モノをしまい込まなくなるし、いつでもモノが手に取りやすいです。

そのまま収納

あえて隠さずにそのまま収納していきます。

キッチン下もそのまま収納。

日用品も押し入れに直接収納。

ときどき収納ボックスも使いますが、基本は直接入れています。

整理整頓コツは収納しない

いくら便利グッズを買ったとしても、それにキリはありません。

プラスチック収納を減らして分かったことは、目的は整理整頓することであって、収納グッズや引き出しを増やすことではない、ということでした。

自分にとって不要なものも分かってくるのでおすすめです。

この記事を読んだあなたにおすすめ