【2020年5月版】通信費を節約したい人必見!FUJI Wifiがおすすめ【クーポンあり】

モバイルWi-Fiルーターの【FUJIWifi】(フジワイファイ)が5月限定でキャンペーンを実施しています。

4月まで【新生活応援キャンペーン】として実施していたキャンペーンですが、人気殺到で一時申し込みを停止していました。

内容に少し変更が加わりましたが、5月限定としてキャンペーンを再開したようです。
※5月31日で終了しました。

前回申し込みを逃してしまった人や、

Wifiを探している人
安く契約できるWifiはないかな
と考えている方におすすめです。

FUJIWifiって?

【FUJIWifi】』は、モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。
ネットで簡単に申し込みができます。

FUJI Wifi(フジワイファイ)は、わざわざお店に行かなくてもWebから簡単にお申込みできるモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです

大手キャリアよりも低価格でデータ通信を提供しています。
しかもプランが20GB~なので、データ通信量を気にすることなく、たっぷりと使うことができるのが特徴です。

FUJI Wifiの特徴

FUJI Wifiの特徴についてまとめてみました。
FUJI Wifi 特徴
◎超高速通信
◎超低価格
◎契約縛りなし解約金なし
△データ通信のみ
△店舗なし
※レンタル品
◎超高速通信

【FUJIWifi】ソフトバンク純正回線でデータ通信ができます。

ソフトバンク純正回線とは、ソフトバンクキャリアの電波塔をそのまま使っている回線のことです。

なのでお昼どきや夕方もソフトバンクと同じくらいのスピード。
動画も余裕でさくさく見ることができます。

◎超低価格



一番安いプランで月額980円+税~。
他社よりも安く契約できます。

公式サイトでも『モバイルWi-Fiとしては破格の料金設定を実現しました』と紹介しています。

◎契約縛りなし違約金なし

2年縛りなどの縛りがないので、いつでも解約できます。
試しに使ってみたい、という人でも単月で契約できます。

さらに、解約金も発生しません。
(翌月解約したい場合は毎月15日までに申し込みが必要)

これは他社にない強みポイントですね。

△データ通信のみ

FUJI Wifiはデータ通信のプランのみを扱っています。
Wi-Fiの提供となるので、(FUJI Wifiのみの契約だと)電話が使えません。

電話を利用するには、別に電話の回線のSIM、またはプランが必要になります。

なのでのFUJI WifiのSIMプランを契約する場合はSIMが2つ入るスマホがおすすめです。

逆にいうとSIMがふたつ入るスマホ(DSDSスマホ)でないと、このFUJI Wifiの利用価値が薄れるので、使えるスマホが限られてしまう、という点ではネックかもしれません。

△店舗なし

FUJI Wifiが格安な理由として、店舗がないため、初期設定が頼れないことがデメリットにあります。

ただ、店舗がなくてもSIMをスマホに入れて簡単な設定をすれば、すぐに使い始めることができます。

※レンタル品

レンタル品なので、SIM本体やケースを返却する必要もあります。

紛失は欠品などの場合は損害金が発生するので、大事に保管しておく必要があります。

キャンペーン内容

5月のキャンペーンの内容をまとめました。
※5月31日で終了しました。
●キャンペーン名:
【SIMプランキャンペーン2020MAY】
●対象期間:
5月6日~5月31日
●キャンペーン内容:
SIMプラン契約で、
月額500円割引(20GBプランのみ)
初期事務手数料無料
対象期間は6日からです。
GW中に使いたいところですか、それでも安く契約できるチャンスだと思います。
キャンペーン価格はこのようになっています。
クーポンコードを入力して申し込みすると割引価格になります。
クーポンコード
【20GBクーポンコード】
2020MAY₋500
【50GB/100GB/200GBクーポンコード】
2020MAY₋JIMU
一番安いプランが20GBで月額1480円+税なので、他社よりも安く契約できます。
しかも事務手数料が無料って嬉しいですね。通常3000円かかるのがタダです。
私はSIMプラン・50GBを契約しています。
スマホの普段使いとパソコンのテザリングで、先月は28GBくらい。
余裕で余るので、個人の場合は20GBでも十分だと思います。

SIMプランをおすすめする5つの理由

レンタルWiFiは「ルータプラン」・「SIMプラン」があります。


《参考:WiFiルーター》


《参考:SIM》

■ルーター・・・「端末タイプ」
契約するとWiFiルーターが送られてきます。■SIM・・・「ICチップ」
契約するとSIMカードが送られてきます。

そして後者のSIMプランを断然おすすめします。

理由は以下です。

①ルーター同様たっぷり使える


レンタルWiFiはキャリアのデータ通信と比べて、ルーターもSIMもたっぷり使えます。

だいたい20GB~と容量が多いので、データ通信量を気にすることなく、たっぷり使えます

スマホで動画を見なければ、月3~7GBで済むそうです。動画を見た場合でも普段使いで20GBもあれば十分です。

②安い

SIMプランはルーターと違い、端末を用意する必要がありません。
そのため安く契約できるところが多いです。

通信料は毎月かかってしまうので、なるべく安く抑えたいところです。
通信費を抑えたい、固定費を下げたいと考えている人は、SIMの方をおすすめします。

③④充電なし、持ち運びなし

SIMはスマホに挿入して使うので、ルーターや置き型WiFiのように充電の必要がありません

また、小さいチップなので(というかスマホに入れてしまうので)場所を取られることがなく、持ち運びが楽です。

断捨離好きな私にとって、SIMだけを契約できるのはありがたい。
端末本体やら回線やらコンセントが必要ないのでストレスフリーです。
ミニマリストにはぴったりですね。

⑤いつでもどこでも使える


スマホがあれば、いつでもどこでも使えます。
WiFi環境を気にしなくて済むのもメリットです。

また、パソコンや他の端末にもテザリングをすることができます。

メモ

テザリングとは、スマホのネットワークを共有して他のデバイスをインターネットにつなぐ機能のことです。

つまり、ギガを他の端末と分け合える機能ですね。
このテザリングは簡単にワンタップで切り替えできます。

SIMを入れて使えるパソコンもあります。(LTE対応PC)
そもそもテザリング機能があれば、SIM対応のパソコンでなくても良いわけです。

また、光回線でWiFiを契約した場合、外出した時はスマホの通信に頼るしかないです。
SIMプランのWiFiを選んだ場合は、データ量を気にすることなくどこでも使えます。

SIMプランがおすすめな人

SIMプランがおすすめな人は、「SIMが2枚入るスマホ」を持っている人です。

SIMプランの契約はデータ通信の提供です。
「○〇GBを○○円で使えます」ということになります。

つまり、そのSIMをスマホに差し込んだだけだと、データ通信しか使えないので電話が使えません。

電話を利用するには、別に電話の回線のSIM(大手キャリアや格安スマホ会社)、またはプランが必要になります。
これはSIMプランのデメリットとも言えます。

なのでSIMプランを契約する場合はSIMが2つ入るスマホがおすすめです。

また、普段スマホを2台持ちしている人にもおすすめです。

逆にいうと、SIMがふたつ入るスマホでないと、電話が必要という人は少し不便です。

この“SIM2枚スマホ”は、デュアルSIMスマホ(DSDSスマホ)と呼ばれています。

一番人気で、安くて性能もよく、コスパがいいスマホはHUAWEI P30 Liteです。

 

私の使っているスマホはOPPORenoA(スペック:中の上くらい)で4万で購入できます。

こちらは、おさいふケータイ付きのDSスマホでこの価格なので文句なしのコスパです。

ミニマリストにもぴったりなWiFi

モノを持たないミニマリストにもぴったりなのがSIMタイプのWiFiです。
スマホのキャリアよりも安く契約できます。
通信費を抑えたい、という方にはおすすめですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事